ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

このエントリーをはてなブックマークに追加


数年前のある夏の日、1通の手紙が届きました。


30度を超えた、めちゃくちゃ暑い日だったけど、

クーラーがキライだった私は窓を全開にして

パソコンに向かって仕事をしていました。


郵便やさんがポストに郵便物を入れた音がしたので、

汗を拭きながらトントンと階段を降りて、

冷凍庫から取り出したアイスをくわえながら、

郵便物を取りに行きました。


ポストに入っていたその手紙を見て、

心臓が止まりそうになりました。



口にくわえたアイスがすべて溶けるくらい、

時間が止まってその場に立ちすくんでしまいました。


それは9年前に他界した、

”父”からの手紙だったんです。。。



懐かしい父親の字。


でも・・


でも・・


なんで????



なぜ、その手紙が届いたのかは、

手紙の文章を読んで理解しました。


--------------------------------------------------------------------


「けんいちへ


元気かな?もう結婚してるのか?

家族はみんな仲良くできてるか?


お父さんは今、つくば万博に来ています。

(1985年に茨城県つくば市で行われた万国博覧会)


この手紙は21世紀になったら届くということなので、

今思っていることを書きたいと思います。


21世紀の世の中がどんな風に変わってるのかとても楽しみです。


でもきっとお父さんは、相変わらずお母さんのことが大好きで、

けんいちやはるな(妹)のことを愛していることでしょう。


こんないい加減な父の元に生まれたのに、

しっかりと育ってくれて本当にありがとう。


2人の父でいられること本当に誇りに思います。

これからも家族仲良く支えあっていきましょう。


けんいちが自分の好きなことを

仕事にできていると、とても嬉しいです。


手紙が届いてびっくりしたみんなの顔を見るのが楽しみです。


たくさんの愛を込めて


父より」


--------------------------------------------------------------------


父との思い出と、もらったもの


父は昔からちょっと変わった人でした。


大切にしているおもちゃがあると、

そんなもの友だちにあげちゃえ
え?あげたら無くなっちゃうじゃん!
人は死ぬときには何も持っていけない。

だから亡くなった後に世の中に残るのは集めたものじゃなくて与えたものなんだぞー
てか、まだ死なないし。

幼かった私には、父がまったく何を言っているか理解できませんでした。


★おかげで〈モノ〉に対する執着があまりありません。



父はお酒が大好きで、いつも飲んでベロベロで帰ってきます。

そしてたちが悪いことに飲みに行くと隣で飲んでいたどこの誰かも分からない人と仲良くなって、うちに連れて帰ってきて泊めようとします。


そのせいで父はよく母親とケンカしていました。

昔は私もそれが嫌で仕方なかったです。


★おかげで、初めての人と話すのが得意になりました。

人を家に招いて、もてなすのが当たり前になりました。

初めましての人とでも、一瞬で仲良くなれます。



塩ってどうやって作られてるの?
よし!調べるからちょっと待ってろ!

そんな質問を投げかけると、すぐに実際の現場をみせようとします。

次の日曜日、塩つくってるとこ見に行くぞ!
え?マジで?

そして、いつもそういう場所や現場に連れて行ってくれました。



テレビってどうなってるの?

と聞くとすぐに分解して説明してくれました。


★おかげで、疑問があったらすぐに解決したり調べたりするクセがつきました。

 今でも情報や雑学にとても詳しいところがあります。



小学生のころ、友人たちと山でカブトムシをとっていたら、

23時を過ぎてしまい近所で大騒ぎになっていた(警察沙汰)


友人は家の間で待っていた両親から

何時だと思ってるんだ!!!心配かけて、ふざけるな!!

と怒鳴られて怒られまくって凹んでいましたが、


うちの父は

ちゃんと、他の友だちにも
分けてあげられるくらいとれたのか?

楽しかったか?

だったらいい。

今度は、怒られないようにもっと工夫しろよ。
あ、う、うん。ごめんなさい

と叱りながらも笑顔で迎えてくれました。


★おかげで好きなことをやってもいいんだ、と思えるようになりました。



研究員をしていましたが、仕事をさっさと切り上げて、

明るいうちから毎日キャッチボールをしてくれました。

できるだけ、サボれるように努力しろ
は?サボったら怒られるじゃん。
サボれる奴には可能性だらけだからな
意味分からないし

サラリーマンよりずっと多い収入をもらっていたようで


お金があると人を喜ばせられるからいいぞー

お前も自分の好きなことで稼げよー
好きなことを仕事にしたら、好きなことが好きじゃなくなるって誰かが言ってたよ
そんなことないぞ。現に父さんは好きなことしかしてないw

と言っては、よく母親に内緒でお小遣いをくれました。




★おかげで、仕事は効率よく短時間でやることが大切で、働く時間や量ではなくて価値の大きさで収入がきまる。

 それがすばらしいことだと信じられました。


※母親からは逆にいつも「公務員か大企業」をススメられ、安定こそが絶対正義だと教わり、いつも混乱していました。




そんなおかしなことだらけの親父でしたが、

チェルノブイリの原発事故があった時に

調査員として現地に飛んで被曝しガンになりました。


私が高校生の時に、余命は半年と告知されたんですが、

それから6年も生きて普通にバリバリ仕事をしていました。


たびたび手術を繰り返し、入退院を繰り返していましたが、

反抗期だった私は特にお見舞いにも行きませんでした。



そんな父が、私が20歳の誕生日を迎えたある日、

当時入院していた国立がんセンターを抜けだして、

私が一人暮らしをしていたマンションに突然やって来ました。

旨い酒があるから一緒に飲もう
あ、ああ

酔っ払ってしまってどんな話をしたかは

ぼんやりとしか覚えていませんが、

今までにしたことがなかったような話をたくさんしました。


父の夢の話や父の家族に対する思い、

世の中を変えるような研究をする楽しさ、

私の夢の話なんかもしたと思います。


後から聞いてわかったんですが、父は

息子が20歳になった時に、一緒に酒を飲むまでは死ねない

といつも母親に言っていたそうです。


あとからその話を聞いて涙が止まらなかったのを覚えています。



父が、思いだけで生き長らえてくれたこと、

死んでからも私たちが困らないように、

しっかりと財産を残してくれたこと。


本当にすごい父だったと、感謝してもしきれません。


頭おかしかったけど。


-----------------------------------------------------------------


こんな思い出がたくさん蘇りました。



これはビジネスになるかも!?



ハガキはつくば科学万博85で郵政省が

【21世紀に届く手紙】という企画で父が

偶然私に向けて出していたものです。


うちには2005年、つまり万博から20年後に届きました。



父は、(あたりまえですが)自分が死ぬとは思わず手紙を出していました。



ハガキが届いた当時、私は起業したてで、

会社がうまくいかずにもがいていた頃でした。


だからこの手紙を何度も読んでは泣き、絶対に成功して母親も妹も安心させたいと決意しました。



この父親からの手紙は、

きっと偶然でもなんでもない・・


時間が経つにつれ、

こんな感動をもっとたくさんの人に感じて欲しい!

という思いがどんどん膨らみました。


亡くなった人から、手紙が届く。


なんてすごい感動なんだろう・・



映画や小説ではありそうな話でも、

現実に手紙が届いたときの感動のレベルは桁違いです。



これは、ビジネスになる!



当時の私は、サプライズの会社を起動に乗せようともがいていました。


「動き出した時に偶然起こる”前兆”を見逃しちゃいけないよ」


私が弟子入りをした美人女子大生メンター

いつも言っていたことでした。


そして、ハガキの到着から数年後・・


私はサプライズの会社の中の事業の一つとして

【遺言サプライズ】というサービスを立ち上げました。


余命が分かっている人が、

「自分が死んだ後に家族や友人にサプライズを届ける」

そんな一風変わったサービスです。


例えば、若くして旦那をなくした奥さんのもとに

毎年誕生日には旦那からの手紙やお花が届く。


例えば、亡くなった人から友人たちに旅行のプレゼントが届く。

その旅行に行ってみたら・・

故人からのメッセージDVDやプレゼントがある。


そんなサービスを、全国のホスピスさんと組んで

展開させていただいています。


サービスを始めるときにはたくさんの方からの非難がありました。


でも、今では故人の家族の方や友人の方たちから応援と

たくさんの感激の声をいただけるようになりました。



お客さんとサプライズの打ち合わせする時には

「残りの人生でやりたいことは何か?」に向き合って、

悔いのない余命を過ごすようにしてもらいます。


自分が死んだ後も人にサプライズを与えることや、

思いが残せる状態にワクワクするらしく、

このサービスに申し込んだ人が、

ほぼ一律「余命が圧倒的に伸びる」んです。。


ワクワクしまくっている状態って、

病気が似合わないんですよね。

だから余命が伸びると、勝手に思っています。


このビジネスができあがったのは、

あの変人の父からのたった1通の手紙がきっかけです。


もし、あなたが自分でビジネスを作りたいとか、起業したいとか、フリーランスになりたい思いがあるなら、


【一生懸命もがいている時に起きる偶然を見逃さない】


ようにしてみてください。



きっと、その前兆の中に

大きな価値やヒントがあるはずです。



サプライズのビジネスを立ち上げてからの、

★苦労の時代のお話はこちら

★年収3億円の女子大生メンターのお話はこちらです

※美人女子大生の話はストーリーズのストーリにあります

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

涙が出ました。私も父をガンで亡くしていることもあり、その手紙が羨ましくおもいました。遺言サプライズ素敵だと思います。

凄いお父さんですね。人は何気なく日々を過ごしていますが、感覚を研ぎ澄ましてみれば、たくさんのヒントやチャンスが、そこら辺にあふれているのかもしれません。

とってもすてきなお父様ですね♡

心にグッときました。

お父さんありがとう。大好きだよ。

小泉 憲一

好きなことを好きな時に好きな人と楽しむ自由人。 ココロサプライズ㈱代表取り締まられ役。 2006年積水ハウス株式会社退職 2007年3月ココロサプライズ株式会社設立 日本一のサプライズコンサルタントとして、 新しいサプライズのサービスを提供している。 2013年株式会社いないいないばぁを設立。 まだ

小泉 憲一さんが次に書こうと思っていること

|

一風変わったビジネスのタグがついたストーリー

聞こえないブロガーが50円ブログを起業しました。

第162章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<5章>

ボクとアニキの起業物語 ~町工場から医療機器の会社を立ち上げた話~

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<2章>

第159章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

非モテ・根暗で鬱寸前だった男がアイドルプロデューサーになった話

世界一愛される射場で、宇宙を射とめたロケットの話

第156章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

わたしがたった1年でSTORYSさんで第一位を取れるようなライティングができるようになった たった一つの理由

第155章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

入社して3週間で社長ディスったらクビになりましたvol.4

入社して3週間で社長をディスったらクビになりましたvol.3

入社して3週間で社長をディスったらクビになりましたvol.1

小泉 憲一

好きなことを好きな時に好きな人と楽しむ自由人。 ココロサプライズ㈱代表取り締まられ役。 2006年積水ハウス株式会社退職 2007年3月ココロサプライズ株式会社設立 日本一のサプライズコンサルタントとして、 新しいサプライズのサービスを提供している。 2013年株式会社いないいないばぁを設立。 まだ

小泉 憲一

好きなことを好きな時に好きな人と楽しむ自由人。 ココロサプライズ㈱代表取り締まられ役。 2006年積水ハウス株式会社退職 2007年3月ココロサプライズ株式会社設立 日本一のサプライズコンサルタントとして、 新しいサプライズのサービスを提供している。 2013年株式会社いないいないばぁを設立。 まだ

小泉 憲一さんの他のストーリー

  • ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

  • 小泉 憲一さんの読んでよかったストーリー

  • 世界一周に出ようと思ったキッカケ