オンライン上で手軽にスーツやシャツをオーダーメイドできるLAFABRICSをつくった話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくは2014年2月にLAFABRICSというオンラインベースのファッションブランドを立ち上げました。

LAFABRICSは、第一線で活躍するビジネスパーソンのためのオーダーファッションブランドです。自宅にいながら手軽にスーツをオーダーするという、これまでにない新しいユーザー体験を提供しています。

URL:https://lafabrics.jp/



ただ単に洋服を売るのではなく、人々のライフスタイルに繋がるようなプロダクトを創りたいなぁ。

そして、どうせやるんなら、世界中の人に使ってもらえるようなものをやりたいなぁ。


これは、立ち上げから一貫して言い続けて来たことです。今日はぼくがなぜこのLAFABRICSを立ち上げるに至ったかのお話を少しさせていただきたいとおもいます。


自分が心底信じたものを、多くの人に届けたい!


学生の時から根っからのファッション好きでした。

どのくらい好きかと言うと、これは今だから言えることですが、20歳の頃にどうしても本場のファッションショーを見たいと思い、一人でパリに当てもなく行って裏口から潜入し、ファッションショーを盗み見していたくらいです。(通常だと有名ファッション誌の編集長やバイヤー向けの招待状が無いと入れないのですが。汗)

そのファッション好きは社会人になった後ももちろん続いているのですが、しかし、身長が185cmと高かったり腕が長いという体型なので、既製品ではサイズが合わないことがほとんどでした。とくにサイズが無かったのは仕事で毎日着るスーツやシャツでした。

サイズに関して正直、半ば諦めていたのですが、あるとき同じような体型の知り合いが、 すごくカッコいいシャツを着ていたんです。話を聞いてみると、オーダーメイドで作ったものでした。 それまでオーダーメイドという言葉だけは知っていましたが、どうしても敷居が高いイメージがありました。しかし、調べてみると意外と手が届きやすい価格だと知り実際にオーダーしてみると大満足。「自分でデザインを選べてサイズもピッタリフィットした洋服が手に入るオーダーメイドは、なんて素晴らしいんだ!」と思い、その世界にのめり込んでしまいました。そして完全にオーダーメイドの魅力にハマってしまい、いつの間にか自分のクローゼットはオーダーメイド製品だらけになってしまいました。笑


自分でデザインを選べてサイズもピッタリ。質が良くて長持ちするし、既成品の服とはコストパフォーマンスもまるで違う。こんなにも満足度が高いのに、オーダーメイドはなぜ一般には浸透していないんだろう?


オーダーメイドには多くの魅力が詰まっているにも関わらず、日本ではあまり一般的ではありません。

元々IT業界で仕事をしていたため、伝搬力や中間コストを省略し顧客に直接製品やサービスを届けることができるインターネットの持つ力を魅力的に思っていたため、オンライン上で誰でもかんたんにオーダーメイドのスーツやシャツを作ることが出来るサービスがあればとても便利で今よりももっと多くの人にオーダーメイドを楽しんでもらえるのではないか。次第にそのように考えるようになりました。

そして、ふと周りを見渡すと、たくさんの友人たちが実は自分と同じようにサイズが合わないという悩みを抱えているということに気づいたんです。それも当たり前、体型は千差万別、既成品では限界がどうしても生じてしまいます。

しかし、オーダーメイドするとその悩みもありません。そこでぼくは決断しました。


ヨシ!
オーダーメイドファッションを、インターネットの力を使い新しいカタチで世の中に広めよう!

これがLAFABRICS誕生のキッカケでした。


メイドインジャパンを世界へと発信する場へ。

LAFABRICSではこれまで多くの方々にスーツやシャツをオーダーして頂きました。その中には「仕事着はオーダーメイドでしか買わない」という強いこだわりを持つ方や、「オーダーメイドするのは人生初めてです」というまったく初体験の方まで様々です。

思い返してみると、このサービスを始めるすこし前に、数週間にわたって実際に中国やタイへ行き、スーツやシャツをつくるための工場を探しまわり、自分自身でたくさんオーダーをしてみました。

しかし、結果的に中国製やタイ製では、お客さまに届ける品質として十分でないと感じました。


やっぱり誰にでも自信をもって勧めることができるMADE IN JAPAN(日本製)の高品質なクオリティでサービスを提供したいなぁ。

そう確信し、今度は日本全国の工場を訪ね歩きました。

6ヶ月の歳月を経て、ついに日本でも最高峰の縫製技術を持つ工場と出会うことができ、サービスの思いを伝えどうにか生産を受け入れてもらえるように工場の所長さんを説得しました。(今度、この工場で働く人々を紹介する特集ページをオープンする予定です。お楽しみにお待ちください)

長い交渉の末なんとかOKサインをいただきつくった初めの1着。できあがりのシャツを初めて持ったときの感動は忘れられません。国内外の多くの工場を訪問した甲斐がありました。ぼくが感じたこの感動を多くの方に味わって頂きたいと思っています。


提携工場を探すために日本の工場を訪問する中で、色々な問題意識も芽生えました。90年代から、アパレルメーカーは安い人件費を求め、製造のプロセスは中国や東南アジアに移っていきました。国内のアパレル品国産比率は1990年の50.1%から2009年には4.5%に減少しました。まさに日本のモノづくりが失われようとしています。


LAFABRICSでは、製作開始から、お客さまのお手元に届くまでのプロセスを一気通貫して行うことで中間業者を省き、お客様に低価格で高品質なモノを提供する一方で、工場には適切な利益をもたらすことができるという革新的な製造プロセスを採用しています。これにより、同じ品質を保ちながら、極めてお手頃な価格で最高級のオーダーメイドスーツ&シャツの製作を実現しています。誰もが知る東京の高級百貨店のスーツを製作している日本最高峰の縫製工場と提携し、ベテランの職人のきめ細やかな技術によって高品質な製品をお届けします。


高品質『MADE IN JAPAN』の製品をオンラインオーダーで世界中のビジネスマンの手元に届ける


そんな未来を実現するために、日々、LAFABRICSのサービス向上に努めていきたいと思います。


▼サービスについて

LAFABRICSは、第一線で活躍するビジネスパーソンのためのオーダーファッションブランドです。自宅にいながらだれでも手軽にスーツをオーダーするという、これまでにない新しいユーザー体験を提供しています。

URL:https://lafabrics.jp/

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

皆さま、お読み頂きありがとうございます!こちらにご質問ください

「編集部おすすめのストーリー」に取り上げていただきました。ありがとうございます!

今までオーダーメイドで作ったことが一度もありませんでしたが、このストーリーを読んでとても興味が湧きました(*^^*)

自分だけのオリジナルを作ってみたいと思いました*

森 雄一郎

株式会社ライフスタイルデザイン 代表取締役。だれでも手軽にオンライン上でスーツやシャツをオーダーメイドできるサービスLAFABRICS(ラファブリックス) https://lafabrics.jp/ をつくっています。 人生は冒険だとおもっています。常に新しいことにチャレンジしたいです。 twitt

森 雄一郎さんが次に書こうと思っていること

|

森 雄一郎

株式会社ライフスタイルデザイン 代表取締役。だれでも手軽にオンライン上でスーツやシャツをオーダーメイドできるサービスLAFABRICS(ラファブリックス) https://lafabrics.jp/ をつくっています。 人生は冒険だとおもっています。常に新しいことにチャレンジしたいです。 twitt

森 雄一郎

株式会社ライフスタイルデザイン 代表取締役。だれでも手軽にオンライン上でスーツやシャツをオーダーメイドできるサービスLAFABRICS(ラファブリックス) https://lafabrics.jp/ をつくっています。 人生は冒険だとおもっています。常に新しいことにチャレンジしたいです。 twitt

森 雄一郎さんの他のストーリー

  • オンライン上で手軽にスーツやシャツをオーダーメイドできるLAFABRICSをつくった話。

  • 森 雄一郎さんの読んでよかったストーリー

  • 士業の顧問サービスを月額2,980円でうけれるサービス「Bizer(バイザー)」を作った話