第12話 マチュピチュの予言【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

▲他10件のストーリー
第12話 マチュピチュの予言【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】
▼他1件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
628

始まりの一日。






   何の為に生まれて 何をして生きるのか

   答えられないなんて そんなのは嫌だ!

                      



ノートの表紙に書き込んだ、やっと見つけた旅の「目的」。

インティとライミもこちらを見ていた。



ー地球上のすべての人にはその人を待っている宝物があるんだ。



アルケミストの大好きな一節とどこか似ている気がする。




そして目が覚めると、旅がガラリと変わってしまった。




一人でマチュピチュに行かないで




まほ
今日マチュピチュのチケットを買いに行って来ます!



珍しく朝早く目が覚めた。

お昼になる前にはもう外に出る用意もできていた。



宿のオーナーに元気よく宣言する。



マチュピチュはチケットを買わないと入れない。

しかも、ここクスコからはマチュピチュ行きの電車のチケットも必要だ。



スペイン語が出来ない私は、

ずっとその手続きをするのが怖くて行けずじまいだった。



だけどそんなの言っている場合じゃない。

旅は自分で動かないと始まらないんだ。



インターネットで、チケットが買える場所と必要なスペイン語だけをメモして、

いつものノートをカバンに入れた。




オーナー
本当に一人で大丈夫??これ、クスコの地図だよ。必要なところは◯しておいたから。

あと、パスポート持った?お金も結構かかるよ!気をつけてね。



心配そうに、宿のオーナーは地図を渡してくれる。

マチュピチュのチケットと、電車のチケットの買える場所に◯がしてあった。




うん!ありがとう!大丈夫!行ってきます!




そしてクスコのセントロに向けて宿を出ようとした。

※セントロ=街の中心地



と、そのときだった。



カバンに入れていた携帯が震えた。

宿のWI−FIが急に入ったみたいだ。



携帯の通話のアプリが光っている。



着信は日本にいる双子のなっちゃんからだった。



まほ
もう、せっかく行こうと思ったのに。



一瞬無視して行こうか迷ったけれど、

なんとなく、電話をとることにした。



日本からの電話を取れるなんて滅多にない。



いつもこちらからかけるか、

履歴を残してかけ直してくれるのを待つのが普通だった。



玄関の長椅子に腰掛ける。



まほ
もしもし、なっちゃん?



なほ
あ!まぁちゃん!よかった〜。どう?もう悩んでない?



まほ
うん!もう大丈夫!色々ありがとう。



そういえば、なっちゃんとはスタバで泣き言の電話をして以来だった。



まほ
どうしたの?何かあった?



なほ
あのね、いい忘れてたんだけどどうしても気になって。少し前に不思議な夢を見たんだよ。



まほ
え‥?夢?




そのとき、鮮明にクスコへ行くバスの中で見た夢を思い出した。

そういえば、私も不思議な夢を見ていたんだ。



そう考えると同時に、もう口から出ていた。




まほ
もしかして…許してください、許してください…?



なほ
え!!!!そう!!その詩だよ!クルクルのブラウン色した男の子!


なほ
え??何で知ってるの??それ何かの詩なの??




なっちゃんはビックリしていた。私も頭がついていかない。




まほ
ちょ、ちょっと待って。詩をメモしたから!




そして慌てて携帯のメモを開いて、その時の夢で教えてもらった詩を読んだ。




なほ
そう!そうだよ、その詩だよ!丘なんだよね。
広い丘でその詩を教えてもらうの。



なっちゃんは、私が言う前にどんどん私の見た夢を言ってしまう。

細部まで一緒だった。




まほ
じゃあ、同じ夢を見たってこと??




よく聞くと、その夢を見た日にちも時間も一緒だったのだ。




まるで小さいころみたいだ。

小さい頃はよく同じ夢を見たり、じゃんけんをずっとアイコに出来たり

そんなの当たり前だった。




ペルーと日本の電話越しに不思議な懐かしい空気が流れた。




なほ
不思議だね〜。こんなこと最近はなかったのにね。




まほ
本当だね。まだ信じられないな。すごく印象的な夢だったよね。

でもなんかね、その夢を見た後、クスコから旅が変わる気がしたんだよ。



クスコ行きのバスから見た砂漠に落ちる夕日や星を思い出した。

まるで絵本の中みたいだった。



そして夢の中で教えてもらった不思議な詩。

小さいころに戻ったみたいだ。




なほ
まぁちゃん今日は何するの?




なっちゃんが質問する。



まほ
あのね!ついにマチュピチュのチケットを買いに行くんだよ!!



私は得意気に答えた。

この前までなっちゃんに泣きべそしか言ってなかった。

だから、悩みから抜けて少し旅らしくなったのを自慢したかったのだ。




すると、なっちゃんからは予想外の言葉が返ってきた。

それが私の旅をガラリと変えてしまうことになる。




なほ
待って!マチュピチュに一人で行かないで!



まほ
え‥!?!?



一瞬意味が分からなかった。



   ーマチュピチュには一人で行かないで?




なほ
マチュピチュに一人で行かないで。絶対タイミングが来るから、それに乗って。


なほ
マチュピチュからが、まぁちゃんの転機になるよ!



ドクン!



胸の奥が鳴った。

頭は混乱しているのに、身体は鳥肌が立っていた。



そういえば友達がふざけて言っていたな。

鳥肌は嘘つかない。

こんな時に思い出した。




まほ
え!?え??でも‥。




なほ
何かそんな気がするの。とにかく、一人で行かないでね!絶対すぐタイミングが来るから。




−−ブツッ−−




なっちゃんはそう言い残して、

混乱する私を置いてあっさり電話を切ってしまった。



残された私は、電話を持って思考停止している。




一人で行かないで?タイミングが来るから?




なっちゃんの言葉を繰り返す。




頭では”そんな馬鹿な”と思っているけれど、

不思議な夢の流れも助けて、

どこかで”そうかもしれない”と納得している自分もいた。




それは頭と心がチグハグな混乱した妙な感覚だった。




カバンには、マチュピチュのチケットを買う準備がバッチリされてある。

あのノートも入っている。




ー旅は動かないと始まらないんだ。




混乱したまま、宿のドアを開けた。

とにかく、動いてみよう。



そしてなっちゃんの不思議な予言から、新しい旅の一日が扉を開けた。




________

すみません><これで最終話のつもりでしたが、

長いと読みにくいという声をいただいたので短くして出そうと思います。

もう少しお付き合いください^^

この話が書けることに心から感謝です。読んでくださった方、本当にありがとう。

私のこの旅がそうだったように、この話が人生の前兆になりますように。


※読んで良かったを押してくれるととても嬉しいです^^!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

長い方がいい〜。ってかまほちゃんが書きたいように書いてくれるのが一番いい〜☆

Yokoさん 山本さん コメントありがとうございます^^!!はい!自分の心のまま伝えていこうと思います!本当にありがとう!

続き楽しみにしています。いつも話にワクワクして。。。心揺さぶられて。ストーリーの長さ気になってなかったです。

まほlove‼︎
次で全部書いてほしー^^

毎回、楽しみに読んでいます(*^^*)
まほちゃんの伝えたいところを、余すことなく世の中に出して欲しいです‼︎‼︎受けとる幸せを感じてますっ。

古川さん 郁美 ありがとうございます^^受け取ってくれる人がいてくれて本当に励みになります!

YURI YURI!次でまとまるかはちょっと厳しいけれど、とにかく書くよー!^^!!帰国したら遊ぼう!

長いクレームの原因は、STORYS.jpアプリからだと、改ページされないんですが、
ブラウザ(スマホ?)からだと細かく改ページされるんですよね。
そのせいだと思います。

なので1話のPVも10倍〜20倍になるんです。

きっと運営側のマネタイズの都合でしょう。

ワクワクしながら読んでいます

ありがとう!

Shono Maho

1987月4月24日生まれ。あーす・じぷしー/ソウルカラーアーティスト/作家 storyで書いていた話が本になりました! 「EARTH GYPSY(TOブックス)」(上のボタンでサイトに飛べます)。韓国版も出版されます。他「受け入れの法則(徳間書店)」

|

Shono Maho

1987月4月24日生まれ。あーす・じぷしー/ソウルカラーアーティスト/作家 storyで書いていた話が本になりました! 「EARTH GYPSY(TOブックス)」(上のボタンでサイトに飛べます)。韓国版も出版されます。他「受け入れの法則(徳間書店)」

Shono Maho

1987月4月24日生まれ。あーす・じぷしー/ソウルカラーアーティスト/作家 storyで書いていた話が本になりました! 「EARTH GYPSY(TOブックス)」(上のボタンでサイトに飛べます)。韓国版も出版されます。他「受け入れの法則(徳間書店)」

Shonoさんの他のストーリー

  • 第6話 ワクワクで生きる。【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

  • Shonoさんの読んでよかったストーリー

  • 第9話 コップの水はどれくらい入っている?【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】