第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

▲他12件のストーリー
第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】
このエントリーをはてなブックマークに追加
920

1本の木と奇妙な夜

前回の記事はこちらへ⇒第13話ルカとの出会い

書籍「あーす・じぷしー」先行予約開始しました^^

______________________

マチュピチュ村へ。


ルカ
マチュピチュって、行ったあと不思議なことが起こるんだって。
旅人の中で言われてるんだよ。知ってる?


まほ
えっ…?なんって?


電車は渓谷の間をガタガタと揺れながら走る。

マチュピチュへ行く専用の電車だった。


急に言われたルカの言葉がよく聞き取れなかった。


ルカ
そんなこと言うの一部の旅人だけだと思うけど。


そう言って、ルカは窓の方に向き直す。

乗り物が好きなルカは、ずっと窓の外ばかり見ていた。


山と山の間を走るその車窓は

切りっぱなしの岩肌や緑の木々など壮大な景色を写している。


ーマチュピチュのあと不思議なことが起こる…?


それはなっちゃんのことばとも重なる気がした。

そう言えばマチュピチュが転機になるって言っていたな…。

ルカとの出会いからすっかり忘れていた。


すぐ乗り物酔いをする私は、少し気分が悪い。

電車の揺れと眠気に任せて、椅子にもたれて半分眠っていた。



どれくらいたっただろう。

トントンと肩を叩かれ目が覚める。


ルカはもう横にいなかった。

立ち上がって自分の荷物を取る後ろ姿が見えた。


外の景色はすっかり静止している。

山間の緑の多い景色から、駅に変わっていた。


マチュピチュ村に着いたようだった。


ルカ
まほちゃん、着いたよ。


それだけ言って、彼はもう電車から降りるところだった。

私も荷物を拾い上げ、慌てて彼の後ろ姿を追いかける。


そして急いで電車の扉を降りた。

マチュピチュ村


電車を降りると、そこはいかにも観光地という風景が待っていた。

豪華なホテル、賑やかなおみやげ屋さん。


そしてマチュピチュ目当ての、様々な国籍の観光客の姿。

雨季だというのに、なかなかの人だ。


しかしよく見ると、村の周りにはゴーゴーと川が流れていた。

ゴツゴツした岩肌の巨大な山もすぐ目の前だ。



自然と観光地のコントラストが面白い村だった。

目的のマチュピチュまでは、この村からまたバスに乗って山の上まで登るのだ。


私たちは、朝一番のバスで行くことにしていた。

朝は比較的観光客も少ない。


今日はこの村に一泊して、朝早くバスに乗る。


ルカ
とりあえずホテルを探そうか。


ルカはそう言うと坂を歩き出した。

私たちのホテル探しは、現地で歩いて探すスタイルだ。


傾斜が急な坂道を、バックパックを背負ったままよたよたと登っていく。


道の両側には、派手なレストランが並んでいた。

マチュピチュ村は値段も急に高めだ。客引きも観光客慣れしている。


観光地になると急に村全体がカラフルになるのだ。

人の勢いのあるエネルギーが村を彩っていた。



まだまだ坂を登っていくと、ホテルに入る人も落ち着いてくる。

みんな坂がキツくて、下の方のホテルに入っていくようだった。


まほ
あ、ここいいんじゃない?


私はなんとなくピンときた場所で止まった。


ホテル選びの勘は私のほうが得意だ。

まぁ、ルカは寝れさえずればどこでもいいのだろうけど。


その宿は、坂の上のレストランの奥に隠れるようにあった。

外装と違って、中は小綺麗な可愛い作りだ。


「アデランテー!アデランテー!(入って入って!)」


気さくなペルー人のスタッフに案内されるまま中に入っていく。

ホテルは一応見せてもらってから決めるのだ。


階段の途中のおどりばには、ソファーと机が用意されていてかわいい布がかかっていた。

ここでゆっくりできそうだ。


そしてその奥にあるのが私たちの部屋だった。


黄緑色のベッドカバーがかかった2つのベットが置いてある。

トイレやシャワーもついていた。


なかなか立派な宿だ。

宿にあまり期待してなかった私は嬉しくなった。


まほ
ここすごくいいよ!ここにしよう!


そうして今日の寝床もようやく決まった。

そして、なんとなく入ったこの宿で、この夜少し不思議な出来事が待っていたのだ。



不思議な出来事



目が覚めると、向こう側のベットにルカはいなかった。

私は移動で疲れて寝てしまっていたようだ。


そういえばルカはビールを買いに行くと言って出掛けたはずだ。

寝ぼけながら記憶をたどる。


夕方になると少し空気が寒かった。上着を羽織り、部屋を出た。


部屋を出ると、楽しそうな話し声が聞こえてくる。

あの共用のソファーのあるところからだ。


聞こえてくるルカの声は英語だった。

外国人の旅人と盛り上がっているようだ。


まほ
hola!


ソファーでくつろぐみんなに声をかけた。


お!まほちゃん、起きたんだ!


ルカはもうビールの入ったコップを持っている。なかなかの上機嫌だ。


そこには、肩までの髪の可愛らしいアジア系の女の子と

ガタイのいい肌の白い男の子も一緒だった。


ルカ
フィリピン出身のアイリーンと
オーストラリア出身のマイクだよ。


ルカが説明してくれる。

そして今度は2人に、私と少し旅をしていることも説明してくれた。


ルカ
このふたりも一人旅同士でバスで会ったんだって。


あ、そうなんだ。私たちと一緒だね!
mucho gust!(初めまして)


英語もスペイン語もほとんどできない私は、ペルーの挨拶をすることに決めていた。

アイリーンもマイクも、いい笑顔で握手とハグで応えてくれた。


二人共とても感じが良い旅人だ。

すぐ仲良くなれそうだった。


自己紹介も終わると、ルカとアイリーンとマイクは3人で話し始めた。

3人の会話は英語だ。早いテンポの英語が飛び交う。


話によると、アイリーンはボランティアで来ているみたいだった。

まだ長くこの辺りに泊まるようだ。


単語をつなぎあわせようやく理解する。


マークは残念ながらオーストラリア訛りの英語で何を言ってるか全く分からない。


ルカもたまに通訳してくれるけれど

だんだん3人での会話が盛り上がりそれどころではなくなっていた。


私も集中力が切れてきた。

そうなるともう英語が入ってこない。

会話よりこの雰囲気を楽しむしかなかった。


ーよし一旦休憩だ。


ビールが切れたのを理由に、お酒を買い足しに行くことにした。


こんなとき、どれだけ英語が喋れたら…。と思う。

語学堪能なルカが羨ましかった。


3人の楽しそうな雰囲気をみると、まだまだ夜は長そうだ。



まほ
ラム買ってくるよ!ビール切れたらラム飲もう



私は大好きなラムを買うことにした。


ルカ
おー!いいね。少しもらっていい?


まほ
うんもちろん!


アイリーンとマイクにも目配せをする。


みんななかなか飲める口のようだ。

私は宿を出て、近くのティエンダにラムを買いに行った。

※ティエンダ=小さなお店




15分程してホテルに帰ってくると、もうあのソファーには誰もいなかった。


うるさいから部屋に入ったのかもしれない。

もうなかなかのいい時間だった。


ラムを持って奥の自分部屋の方へと歩く。


思った通り、部屋の中からはみんなの声が聞こえてきた。



ドアを開ける。



部屋の照明は大分薄暗く、部屋全体がぼけたオレンジ色に包まれていた。

旅の夜、という感じだ。


ルカは床に突っ伏していた。

大きな地図を広げて何か説明している。



その地図には彼が今まで辿った軌跡が書かれていた。

マイクもしゃがんで地図を覗き込んでいる。


ルカ
お、ごめんごめん!外だと声響くからさ。 


ルカが少し首をこちらに傾けながら言う。


こんな地図持ってたんだね!


私も、みんなのコップにラムをつぎながら地図をのぞきこんだ。


アイリーン
彼は本当に旅人ね!


アイリーンが地図を説明するルカの写真を撮っていた。


みんなもう大分いい気分のようだ。

彼女にもラム入りのコップを渡す。


ルカが嬉しそうに今までの旅の話をしてくれる。

地図を指差しながら、国ごとのstoryを話していた。


私たち三人は、彼の世界観に夢中だった。


ルカの口から語られる旅は、少し色があせたポラロイド写真のような、

古本屋で見つけたノンフィクションの冒険小説のような

人のこころの中に残る、何かがあった。


みんな”旅”といっても様々だ。その人の色や匂いがある。


偶然なんとなくここに集まったアイリーンやマイク、

そして私も、それぞれの旅の景色があるんだ。


なんだか不思議な気分だった。




ルカの話も終わり、彼もラムを口にしながら地図をたたみ始めた。

横で覗き込んでいたマイクも立ち上がる。


マイク
まほは何をしている人なの?


すると、ふと顔をあげたマイクと目があった。


まほ
え、え〜〜と、、、


マイクのいきなりの質問に少しに戸惑う。これはよく旅で聞かれる質問だった。

でも英語だとうまく出てこない。


ルカ
絵とか描いてんじゃん。
ほら、ソウルカラーとか。


困っている私に、ルカが助け舟を出してくれる。


まほ
あ、うん!絵を描いてるんだ!


英語でなんて説明しようか迷っていたけれど、絵なら見せれば話が早い。


自分の携帯をとりだし、自分の絵を見せた。

日本で描いたソウルカラーもちょっとした絵も、全部写真に収めていた。


マイクが興味津々に覗きこむ。


マイク
ワーオ!これは何???とってもキレイだ!



彼はソウルカラーを指差していた。

なんとか英語で説明してみる。


うまく伝わったのか、よく分からなけれど、

驚いたような顔をしてまた何度も写真を見ていた。

とても気に入ってくれたようだ。


そして次の写真、次の写真へとスライドしていく。

自分の描いた絵が流れていった。


すると、彼はある絵で手を止めた。



マイク
・・・・。
マイク
・・・まほ、これは?


まほ
え??なに??


携帯はもう彼が握りしめていた。

私は横から覗き込む。


それは私の描いた”木の絵”だった。



そういえば、旅に出ると決めてから

私はやたらと”木の絵”ばかり描いていたことを思い出した。



まほ
これは木だよ。なんでかわからないけど、
旅に出る1ヶ月前くらいからずっと描いてるんだ。


当時のバイト先の壁にも、この木の絵を描いた。

引っ越しをする友達にもこの絵を送っていた。


イギリス人の友達への誕生日プレゼントも、

この木の絵で専用のノートを作って渡したくらいだった。





「まほはなんでこの木ばかり描くの?」


友達に何度もそう聞かれても、私にも分からなかった。

とにかく何か描こうとペンを持つと、ついついその一本の木を描いてしまう。


そしてその木の絵のどこかに正三角形の模様と、

RAVAN(ワタリガラス)を描くようにしていた。


これは「宇宙と自然と生き物が正三角形のベストバランスであるますように」

と私が学生の時考えた記号だった。


それは本で読んだ、「(RAVAN)ワタリガラスの神話」で教えてもらったことだった。


マイク
なんでこれを知っているんだ?


え・・??


マイクが静かに言った。


何だかマイクの様子がおかしかった。

とても驚いたような、なんとも言えない表情をしてこちらを見ていた。



マイク
もしかしてまほも「聖なる真実」に出逢ったのか??
これは、僕が「聖なる真実」で見たビジョンだ。


まほ
え?え??


聖なる真実…??


意味がよく分からなかった。

だけれど、彼のその口調や様子がとても大切な話のように感じた。


ルカは床に座って黙ってこちらを見ている。



マイク
僕は「聖なる真実」のために2週間修行をしたんだ。そしてその最後の夜、大きな大きな一本の木を見た。まさにこの木だよ。遠くに川も流れていた。

そして木の横に3つ、三角に並んだ星が輝いていたんだ。


マイク
僕は今までずっと、その意味を探していた。

 一体何を意味しているか分からなかったんだ。


英語の分からない私は、

なぜかその時は彼の言葉がよく理解できた。



マイク
これはどんな意味なんだ?教えてくれ。



彼は静かに、そして真剣に聞いた。



まほ
う、うん。


これはね、宇宙と自然や大地、そして生き物たちがベストなバランスをとらないといけないってことだよ。



正三角形は無限でしょ?正三角形の中にいくらでも正三角形ができる。
でも、一辺でも長さが違うと、バランスは崩れるんだ。


私の言葉は、まったく文法にはなっていなかったと思う。


それはただ単語と単語をつなげた説明だった。

そして手やジェスチャーでなんとか伝えようとした。


だけど、彼は私の話を理解しているのが分かった。

それは言葉ではないコミュニケーションだった。


彼が理解したのも、私が理解したのも、お互い分かっていた。

彼の目がまっすぐこちらをむいている。


マイク
・・・・はぁ。そうか。そう言う意味だったのか。

はぁ…。よく分かったよ。


彼はゆっくりため息を着くようにそう言うと、コップに入ったラムを飲み干した。


マイク
ありがとう。ありがとう。

僕はもう寝るよ。


そう言うと、彼は自分の荷物をまとめはじめた。


アイリーン
あ、私ももう寝るわ。


アイリーンの目はトロンとしていてだいぶ眠そうだった。

少しよたついている。ラムが相当効いたようだ。



マイク
アスタ・ルエゴ(また明日。)
Gracias(ありがとう)。


最後はペルーのスペイン語の挨拶だった。

みんなにハグをすると、彼は部屋から出て行った。



バタン。扉の閉まる音と静けさが同時にやってくる。



オレンジの照明は、みんなが出て行くと案外普通に感じた。

ルカももう床の地図をたたみ終わっていた。


まほ
…不思議だったね。


急に普通の現実に戻ったような感覚だった。


ルカ
・・だね。まぁ寝よう。明日早いし。俺も酔ったよ。


そう言うと、ルカは何事もなかったようにさっさと自分のベットに入ってしまった。

何だかやけにそっけない態度だ。


ーマイクは何だったんだろう。不思議な夜だった。



英語も分からない私は、今となっては全部なにかの勘違いにも思えてくる。



まぁ、なにか彼の中で偶然があったのだろう。



私の絵を見て驚いていたマイクの真剣な表情が浮かんだ。



さっきの出来事を現実的な頭でテキトウに整理して、

私もベッドへと潜り込んだ。


 ー聖なる真実



マイクが口にした言葉には、印象的な響きだった。



部屋の電気が消える。ルカが消してくれたようだ。

彼の寝息が聞こえ始め、私も気が付くと眠っていた。



私にも高地でのラムが効いたようだった。



今日の夜のことはそのままマチュピチュの深い夜へ

吸い込まれていくようだった。


ーそして明日はついに、マチュピチュだった。





____________



ここまで読んでくださってありがとうございます。

ネットで書くのはここで終りとなります。


このストーリーは2年前私となほに起こった実話を書いています。

2年たち、私たちのストーリーはさらに深くへと進んでいます^^



この話を描こうと思ったのは、これは私たちだけの物語ではなく、

すべての人が「自分に戻る」その過程ではないか、と思ったからです。



グアテマラから始り、メキシコ、セドナ、ペルーを旅しながら

1年かけて書きあげました。



ラストは少し衝撃的で、書くのをためらいましたが

是非読んでみてください。



私たちのこの物語が

自分に戻る扉となりますように。



あーす・じぷしー maho naho


☆本のURLなどはプロフィールに載せています。


【本】

あーす・じぷしー(EARTH GYPSY)/ TOブックス

私たちの人生には二通りの生き方がある。人生に奇跡など全くないと思う生き方と、まるですべてが、奇跡だと思う生き方。―アルベルト・アインシュタイン


ーこれはあなたの人生がもう一度軌跡で溢れる本。


☆韓国でも出版されます!(2016年7月〜)



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

早く続きがよみたいです^ω^

美代子さん!嬉しいお言葉、、、有難い(*^V^*)これからも分かりやすいように写真つけますね!いつも読んでくださって嬉しいです^^

なぁちゃんはここに書かんよ?(´・ω・`)おうちで話しよ。

まほちゃん 『聖なる真実』 ぴったりの表現! これからの展開が楽しみです !

まきさん!ほんと!?そっかぁありがとぉ〜^^!まきさんに言われると自信になる^^!今日本の中身チラっとみたけど、すっごい素敵に仕上がってた!♡

なほちゃん 続き読みたいねぇ〜

まきさん、なぁちゃんのに反応せんのっ(´・ω・`)!!シ-

不思議な話ですね。

今生きている私は、ありとあらゆる命の恩恵を受けて、今此処に生かされて居る。本当に奇跡の中に、居る‼️

今生きている私は、ありとあらゆる命の恩恵を受けて、今此処に生かされて居る。本当に奇跡の中に、居る‼️

Shono Maho

1987月4月24日生まれ。あーす・じぷしー/ソウルカラーアーティスト/作家 storyで書いていた話が本になりました! 「EARTH GYPSY(TOブックス)」(上のボタンでサイトに飛べます)。韓国版も出版されます。他「受け入れの法則(徳間書店)」

|

Shono Maho

1987月4月24日生まれ。あーす・じぷしー/ソウルカラーアーティスト/作家 storyで書いていた話が本になりました! 「EARTH GYPSY(TOブックス)」(上のボタンでサイトに飛べます)。韓国版も出版されます。他「受け入れの法則(徳間書店)」

Shono Maho

1987月4月24日生まれ。あーす・じぷしー/ソウルカラーアーティスト/作家 storyで書いていた話が本になりました! 「EARTH GYPSY(TOブックス)」(上のボタンでサイトに飛べます)。韓国版も出版されます。他「受け入れの法則(徳間書店)」

Shonoさんの他のストーリー

  • 第2話 不思議な力【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

  • Shonoさんの読んでよかったストーリー

  • 時を超えるラブレター②