4、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(結婚、ブログ、ハンドメイド、不妊)

▲他2件のストーリー
4、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(結婚、ブログ、ハンドメイド、不妊)
▼他8件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
136

3、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談の続きです



専業主婦生活スタート*期間限定フリータイムの始まり

SVとしての仕事は、丸3年ちょっとで退職することになり、2003年9月、結婚しました。

私30歳、夫41歳でした。


専業主婦になった私は、夫との時間を大切に、楽しく毎日を過ごすことに専念し始めました。

周りのあらゆる人たちが

「自由な時間を満喫できるのも、子供が出来るまでだから、今のうちに楽しんだ方がいいよ~」

と、半分脅しのようなセリフを、口々に言ってきました。

実際に3人の子育て中の姉は、ものすごく忙しそうでした。


式を挙げた時点で、夫はすでに40代。「一刻も早く子供を!」というのは、自分たちも周りの人たちもごく当たり前のように思っていました。


新婚旅行から帰ってきて、まだ一カ月も経たないうちに実家の母が電話をかけてきて「まだ兆候は無いの?」と言ってきました。

そして、どちらの実家からも、会うたび、電話で話すたびに「まだ?」と聞かれ、最初の3か月くらいで、すでにウンザリし始めました。


でも、自分たちも「子供が欲しい」というのは疑いも無く思っていたことなので、「早く授かったらいいな~♪」と夢見ながら、子供が出来るまでの期間限定と言われている「自由な主婦生活」を満喫し始めました。

働いている時には疎遠になっていたお友達も年代的に妊婦さんだったり、子育て中で家にいたりしたので、時間があって身軽な私が都合を合わせて積極的に会いに行きました。



未知の世界*ネットで日記を公開する?

そんな中、出産直後で育児休暇中だった友達に久々に会いに行きました。

その子は、楽天市場の社員さんでした。

今思うと信じられませんが、当時(2003年頃)の私は、まだネットショッピングもしたことが無かったんです!


そんな時代なので、まだ独身の頃に、友達が楽天市場という会社に転職したんだ、という話しを聞いた時にも「へぇ〜 なんか聞いたことはあるけど・・・。」って感じで、あまり興味がありませんでした。


その友達に久々に会ってみると、

「うちの会社でね、最近始めたサービスでね、ネットで日記が書けるんだよ。」

と、教えてくれたんです。


当時の私の第一印象は、

「はぁ?ネットで日記?意味わかんないんですけど。」

って感じです(笑)


「日記って、そもそも人に見せるもんじゃないでしょ。それをネット上で公開して、どうすんのさ!?」って感じ。


もう全否定です!


あ、もちろん、そのままその子に言ったわけじゃないですよ(汗)

いちおう、そういう心の声を隠して、「へぇ〜 そうなんだぁ・・・。」程度に答えたんじゃないかと思います、たぶん。(そうであって欲しい)


その友達は、「育児日記を書いてる」と言ってアドレスを教えてくれました。


後日こっそり覗いてみると、なるほど・・・

今日は何をした、とか、どこに行ったとか、何気ない子育ての様子が、レポートされてます。

赤の他人にとってはどうでもいい話(オイ!)だとしても、離れたところに住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんにとっては、こういう風なレポートは、有難いことかも・・・。


そこの楽天広場には、他の見ず知らずの人達が書いている日記もたくさん!

適当に目を通していくと、みんな自由に好きなこと書いてます。


ふむふむ・・・

ちょっと面白かったこととか、

便利だとかお得だとか思う情報とか、

読んで面白かった本のこととか、

あるいは誰にも言えない愚痴みたいなこととか、

わざわざ特定の誰かに電話や手紙で報告するほどのことでも無いけれど


誰かしらに聞いてほしい


みたいなことを書いてるのかな?


電話だと相手の時間を奪ってしまうけど、ネットに公開しておけば、相手の都合がよい時に、のぞいてくれるかもしれないし。

絶対伝えたいほどのことでもないし。

まあ、見てくれたらラッキー

みたいなスタンスで書けば面白いのかも?!


と、楽天広場(ブログ)で日記を書き始めることに。


ブログに書くのは、最近あった面白いネタ、映画や本の感想、旅行記など。

せっかく書くならみんなに笑って欲しい!と思い、日常のちょっと笑えたことなどをせっせとアップし、日々ネタ探し、という感じでノリノリで書いていました。

そうすると、そういう笑いのツボが合う人や、同じようなものに興味を持っている人と繋がって行きました。自分が面白いと思ったことを書けば、それについてコメントしてくれて、そのコメントがまた面白い!


住んでいる地域はバラバラなのに、共通の話題で盛り上がり、会ったことも無いのに、私の日常を詳細に知っている人たち。

それまでの人生で出会ってきた学校や職場での人間関係とは、まったく違うルート。

ネットで相手の生活スタイルや趣味などを知って、相当仲良くなってから実際にオフ会をして出会うという新しい友達の形。


友達のブログを見れば、趣味の似ている友達が買って良かったものや、後悔したものの話、

どこのお店にどんなものが売っているという情報がリアルタイムで手に入るので、それを参考に買い物したり。


テレビや雑誌の情報より、ずっと早くてリアルでお得な情報が、ネットにはあふれていました。

主婦の口コミでネットショッピングしまくるという、まんまと楽天さんの戦略に乗せられた訳なんですが(笑)主婦になりたてだった私にとっては、この楽天広場との出会いが、私の主婦生活のスタイルを大きく決定づけたと言っても過言ではありません。


いつ子供が出来て自分の時間が無くなるか分からない!という気持ちが大きかったので、とにかく友達と会ったり、テニススクールに通ったり、ドラマ24にハマったり、「牡丹と薔薇」っていう昼ドラなんかも欠かさず見たり、本を読みまくったり、旅行したり、


興味のあることはとりあえずやって、ブログにせっせと書いてました。


結婚前に「金持ち父さん、貧乏父さん」というベストセラーを読んで影響を受けていたので、

専業主婦として家にいながら、投資で以前の年収くらい稼げたりしたら格好いいよな♪

という妄想から、株式投資とFXも始めました。独身時代の貯金はすべてそちらに使いました。


でも、日中パソコンとにらめっこして、黙ってクリックしていることに虚しさを感じ、そして、やはり素人が簡単にもうかる訳ではないことも分かり、リーマンショックと共に熱は冷めました。

(後は夫が引き継いでいて、その名残で塩漬けになっていた中国株が最近爆上げしているので、ムダでは無かったということにしましょう)



結婚2年目*不妊専門クリニックへ

そんなこんなで新婚1年が過ぎ、2年目に入るとすぐ、実家の母から「不妊治療」を始めるように勧められました。


もし何か病気があるなら早く治療しなきゃいけないし、もう子供が出来ない体だと分かったら、家に居ても仕方が無いのだから仕事を探さないといけないでしょ?と。

いつまでも遊んでいるのはダメでしょう?と・・・。


それはいかにも正論で、私には反発する理由も無かったので、「ああ、それもそうだね・・・。」と、

本当はすごく不満に思いながらも、不妊専門クリニックを調べて、銀座まで通うことになりました。


最初は、一通りの機能に問題が無いか?ということを調べる一般不妊検査から。

全部を一度に調べられる訳ではなく、生理周期によって出来る検査項目が色々と違うので、3か月ほど真面目に通って、ようやく全部のチェックが終わるとのこと。


毎回、ビルのエレベーターを降りて待合室に入ると、いつも数人の女性が座っています。そのクリニックは、不妊専門ということで、待合室に居る女性達は、みんな不妊に悩んでいる人たち。

お互いに目が合わないように、相手の存在に気付かない振りをするような、とても冷えた空気が漂っていました。


帰りには、「気晴らしに銀座の街をぶらぶらしてみよう♪」なんて、自分を励ますために銀ブラしてみるものの、目立つ場所に並んでいる商品は、どれも高品質で高額なものばかり。

専業主婦となり、稼ぎが無い自分が買うべき物では無いよね・・・。

と、何を見ても買う気にはなれず、ますますショボくれて帰る羽目に。


そうやって、何度も銀座に通い、一通りの検査をしてみた結果、私も夫も特に問題は見つかりませんでした。

そのため、お医者さんが、排卵のタイミングを見てくれて、指導されたタイミングで夫婦生活をするという「タイミング療法」というのを、何となくトライしているうちに、夫の異動が決まり、練馬区から埼玉に引越すことになりました。


その引越しのバタバタでクリニックには通わなくなりました。



新しい土地で火が着いたハンドメイドと健康志向

2005年3月、新婚時代を過ごした練馬区から、埼玉に引越しました。実家へは車で15分で行ける距離になりました。当時、実家では祖母の介護をしていたので、何か必要があればすぐに行ける距離になり、両親も喜んでくれました。


引越すと、やはり土地のエネルギーとか、自分の中のエネルギーが変わるようです。

引越しの荷物が落ち着くと、何故か一気にハンドメイドの熱が高まりました。

麻ひも編みにハマり、かぎ針編みの面白さに目覚めました。

編んだものをブログにアップすると、みんなが誉めてくれるので、モチベーションはどんどん高まります。


そして、夏には石けん作りに挑戦!

それまで、石けんなんて自分で作れると思っていなかったので、実際に作れること。そして使い心地が最高なことを知ると、もう、ものすごい勢いでハマりました。

新しい石鹸レシピを試してみたくて、次から次へと作るので、当然自分では使い切れず、友達や家族にプレゼントして、ノリノリで楽しんでいました。


そんな中、義兄(夫の実姉の旦那さま)が、まだ50代の若さで闘病の末、他界してしまいました。

義兄は大きな会社でバリバリ働いて、接待やらお付き合いやらに忙しく、ほとんど外食。

仕事優先で家族でゆっくりする時間は無かったそうですが、家族仲はとても良く、仕事でもプライベートでも多くの方に慕われて、着々と出世し、黒塗りの車で運転手付きの生活でした。

が、現役の社長として活躍している最中に、胃がんが見つかり、一度手術したものの、生活習慣を変えなかったため、再発して亡くなってしまいました。

葬儀は大きなお寺で行われ、お通夜では長蛇の列が出来、2000人以上の方が参列しました。

ビジネスマンとして思いっきり働いて、華やかに活躍して、たくさん稼いで、妻や子供たちからも格好いいパパとして尊敬されて、盛大に見送られて。

とてもエネルギッシュに生き切った半面、この世にはまだ未成年の娘3人と、50代の奥さんが残されました。

どんな人生を選ぶかは人それぞれ。

健康だとか、生活スタイルだとか、人生の目的みたいなことを、とても考えさせられる出来事でした。


その影響もあり、また夫のメタボ化も気になり、この頃から健康関連の本を熱心に読み始めました。

ちょうどその頃ベストセラーになった「病気にならない生き方」という本のタイトルがツボで、「そうそう!病気にならないような生き方ををしたい!そんな生き方を知りたい!」と思うようになりました。


同時に、「検査では何も問題無いのに、何で子供が出来ないんだろう?」という思いから、自然と東洋医学系の本もチェックし始めました。

石けんの香り付けに使うアロマの知識も自然と増えていきました。

そうすると、自分なりに「この本面白い。説得力ある。」と気に入る本は、みんな共通して「冷えは万病のもと」と訴えていて、「未病を防ぐ」という考え方を知りました。


また、「ヨガなんて、セレブにあこがれている人がお洒落ぶってやるストレッチみたいなものでしょ?」と、完全に斜めに見ていた私でしたが、初めてヨガレッスンに参加してみると、ものすごく癒され、「うわぁ、ヨガってこんなにいいものだったんだぁ~。これは流行るはずだわ!」と、納得!


それまで、自分の呼吸がとても浅かったこと、自分の体を放置していたことに気付き、

呼吸の大切さ、心と体のバランスの大切さ、体の声を聴くことの大切さ、

という、それまでの自分には無かった視点を得ました。


ブログやお友達との会話でも、健康関連の話題が多くなり、少し前までは「有り得ない!」と否定していた布ナプキンを使い始めたのもこの頃です。ハンドメイド熱の勢いで、布ナプキンも手作りしました。

それまでは、

市販のナプキンを使うのは当たり前。生理痛があるのも当たり前。痛ければ鎮痛剤を飲むのも当たり前。

という感じで、「生理痛が無い人はいいな~。私は毎月こんなに痛くて可哀そう。でも仕方ないか。」というスタンスだったのです。

鎮痛剤さえ飲めば痛みが治まるのをいいことに、深く考えずに受け入れていました。

一般不妊検査で、病気などの不具合は特に無い、ということも分かっていたので、「まー、生理痛は誰でもあることだしねぇ。」と放置していました。


それが、布ナプキンに変えたことと、健康に関することを少し意識し始めただけで

毎月薬を飲まなくてもやり過ごせる程度の痛みに激減したのです!驚きました。

布ナプキンにしただけで、こんなに生理痛が改善されるなんて・・・。

しかも布だと温かくて気持ちいい♪

不快じゃ無い!


この心地よさを何も知らずに、「市販のナプキン以外はあり得ない!」と思い込んでいたんだ。

ヨガだって、何も知らないのに何故か斜めに見ていたし・・・。

作れると思ってなかった石けんも、出来るようになった・・・。

それまでの自分の枠が、どんどん壊されて広がって行く感じでした。



不妊ストレス

埼玉に引越して、石けん作りにハマり、実家の母にも自慢げに石けんをプレゼントしていた私。

すると、「石けん作りより子作りの方が優先なんじゃないの? 近くに評判の病院があるから行ってみなさい。」と言われました。


せっかく楽しんでいるのに、上手いこと言ったような感じで、水を差して・・・もうっ!

と、内心カチンと来つつも、今度は埼玉の病院で、また一通りの検査を受けるために通院を始めました。


また、埼玉には鍼灸師である実の姉も住んでいるので、姉に泣きついて、鍼治療も週に1、2回のペースでしてもらうことになりました。


そして行ってみた埼玉の病院での一般不妊検査でも、銀座のクリニック同様、何も問題は見つかりませんでした。そうなると医者も対策しようが無いので、

「では人工授精をしますか?やるなら少しでも若いうちに。」 という話に。この時33歳。

「ええ!?人口授精!?そういうことしないともう無理なんですか!?」

とビックリしてとりあえず帰り、夫に相談しました。

夫は、「やってもやらなくても良い。やりたいようにすればいい。」というスタンス。

あくまでも、私の好きなようにやれば良い、というスタンスなのです。子供のことも仕事のことも何でも。


私としては、今まで「検査のためにクリニックに通う」というだけでも、すごくネガティブな気持ちが溜まっていました。


「みんな自然に妊娠しているのに、何で自分だけがこんな目に遭わなきゃいけないの?」

「子は授かりもののはずなのに、なんで病院に行かなきゃいけないの?」 と。


それまでの私は、高校の部活でも、受験勉強でも、社会人になってからの仕事でも、

基本的に「自分が本気になって頑張れば何とかなる。」

という発想の元にやってきていました。


何とかならない場合は、自分の努力が足りない。

もしくは、何か原因がある。その原因を追究してやり方を変えればうまくいく。

いずれにしても、「自分の努力とやり方次第」という考えで生きてきて、それなりに何とかなってきたと思っていました。

もちろん、興味の無いことは全然努力しませんが、目的がはっきりしている場合は、その達成のために一直線!という風でした。


そんな私にとって、

原因も無いのに妊娠しない・・・。

自分で努力して克服する手段が何も明示されず、いきなり人口授精という方法に頼らなければならない。

ということは、とても受け入れ難く、納得がいきませんでした。


相変わらず両家の母は、会う度に「まだ?」という感じ。

ただ近くに孫が欲しい!孫を可愛がりたい!という純粋に楽しみな気持ちと、

夫が末っ子長男なので、私が産まなければ○○家が終わってしまう、というプレッシャーもありました。(別に継がなきゃいけない家業も無いけれど)


「結局この人たちは、3人産んで元気に育てたという実績のある人たち。言ってみれば勝ち組。負け組の私の気持ちなんて、絶対に分からないだろう。」


と、私は勝手にいじけて心を閉ざし、何を言われても気にしていない振りでやり過ごしていました。

どちらの母も、プレッシャーをかけているつもりは無かったと思いますが、当時の私は、親孝行出来ていない自分を責められているような罪悪感と、自分は何も悪く無いのに、なんで? という被害者的な気持ちでした。


そんなネガティブな気持ちになっていることも正直に言えず、ただ気にしていない振りをしていました。


そして、人工的な手段に出てまで子供が欲しいのか?と自分に問いかけると、違うような気もして、

治療に通うことの方がストレスになって体に悪そう、と思ったので、迷いながらも、一旦クリニックに通うのは止めることにしました。


通院を止めようと決めたと同時に、帯状疱疹になりました。ストレスが原因とも言われている病気だそうなので、「ああ、今までの通院、やっぱり嫌だったんだなぁ。 とりあえず一旦止めて良かったな。」と納得することにしました。


「出来なくて可哀そう。」と哀れに思われるのが嫌で、友達にもほとんど相談はせず、子供のことはブログにも書きませんでした。


たまに子供の話になった場合、気にしていない振りをすると

「子育ては若いに越したこと無いから、のん気にしてないで頑張った方がいいよ~。」

というようなことを言われ、

逆に、ちょっと気にしている風にすると、

「気にし過ぎるから駄目なんだよ~。忘れた頃に出来るって良く言うじゃない~。」と言われるのがお決まり。

いずれにしても、上から物を言われているような気がして面白くありませんでした。


週に1、2回のペースで、実姉に鍼とお灸の治療をしてもらっていたので、その時だけは、甘えて色々と話すことが出来るのが救いで、いつも長居してたくさん話を聞いてもらいながら・・・。


そんな中、凄いと評判の漢方薬局を紹介してもらい、漢方薬を飲み始めました。西洋医学の通院を止めても、何かしら努力はしているんだ、という自分への言い訳と親へのアピールのためでした。

「子供を授かるための努力」という意味では、不妊専門クリニックに通っているのと同じなので、

「何でみんなは努力しなくても授かるのに、自分はこんな目に・・・。」というネガティブな気持ちは相変わらず溜まっていく一方でした。



罪悪感を原動力に盛り上がっていく主婦生活

そうやって子供に関してはネガティブ路線を歩んでいても、それ以外の主婦生活は充実していました。

引き続き、石けん作り、編み物、縫い物のハンドメイドをし、パン作りやお料理にも前向きにトライし、家に夫の部下の皆さんを招いて宴会したりして楽しんでいました。


両方の実家に足を運ぶ時間のゆとりもたくさんあるので、子供以外の親孝行は出来るだけ頑張ろう!と、何かと交流していました。

そう、子供が出来ないという罪悪感から逃れるために、それ以外の部分では「良い娘、良い嫁」になろうと頑張っていました。


あらゆるハンドメイドなどが盛り上がるのも、元々そういう手づくりが好き、という性質に加えて、

子供がいないのに専業主婦をしている、というのを誰かに責められるのが怖くて、時間を無駄にせず、いろんなことをやっている私。夫と自分の健康のためにお料理なども頑張る私。充実した暮らしをしている私。を追い求めて、罪悪感から逃れようとしていたのだと思います。


そんなネガティブ思考を原動力にしつつも、自分で手をかけて生活を作っていくことの面白さは私にとって魅力的でした。

石けん作りやお料理など、以前は出来ると思っていなかったことも、一歩踏み出してやってみれば意外と出来るようになるという発見。

以前の自分よりあらゆる知識と経験が増えて、進化しているという実感。

お金では買えない夫や家族との充実した時間。


そんな主婦生活をブログでせっせと書き綴っていくことで、明るくて楽しい側面にフォーカスすることが出来、友達が書いてくれる嬉しいコメントや友達のブログを見て、ポジティブなパワーをもらっていました。


そんな中、ブログで出会ってリアルでも仲良くなっていたお友達が、「靴下をたくさん重ねて履く」という謎の健康法を始めました。




5、に続きます。

少しでも「読んでよかった」「続きが聞きたい」と感じられたらボタンをクリックしてただけると嬉しいです♪

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

秋間 直子

心と体と魂が喜ぶことを自由に探究中の主婦です。 ●編み物好きが高じて かぎ針編みワークショップ講師  ●アロハ~な絵とカードの可能性に魅せられて ハワイアンアロハタロット占い師&講師 ブログ「こものて」http://komonote.exblog.jp/

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

実話!魔法のランプが3つの願いを叶えてくれたすごい話。

31歳 妊娠4ヶ月 肺ガン発見から妊娠継続治療法を選択し命をかけ出産をしたシングルマザー〜出産編〜

ボクが京大を7回受けたワケ

京大英語で8割、京大数学で7割をとった方法

余命2ヶ月!末期ガン宣告された父を持った娘の日記-3-

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

大切な人を失った女の10年+αの話

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

『常識とは18才までに積み上げられた先入観の堆積物にすぎない』

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第7回〜完結編〜)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

3.11のあの日 東京で

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

秋間 直子

心と体と魂が喜ぶことを自由に探究中の主婦です。 ●編み物好きが高じて かぎ針編みワークショップ講師  ●アロハ~な絵とカードの可能性に魅せられて ハワイアンアロハタロット占い師&講師 ブログ「こものて」http://komonote.exblog.jp/

秋間 直子

心と体と魂が喜ぶことを自由に探究中の主婦です。 ●編み物好きが高じて かぎ針編みワークショップ講師  ●アロハ~な絵とカードの可能性に魅せられて ハワイアンアロハタロット占い師&講師 ブログ「こものて」http://komonote.exblog.jp/

秋間 直子さんの他のストーリー

  • 10、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(ロミロミレッスン、伊勢神宮)

  • 秋間 直子さんの読んでよかったストーリー

  • 強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話