娘は第一次硝子体過形成遺残 ~表層義眼~

このエントリーをはてなブックマークに追加
161
人間は眼球が動くことで顔が成長する。
そして眼球は見えないと成長しない。
娘の右目は成長しないため、このまま放っておくと顔が歪むので生後半年をめどに表層義眼を入れることを勧められた。
しかし、娘は左右差があまりなく実際には1才4ヶ月で入れることになった。
義眼は眼球が無ければ補助金が出るが、眼球が残っていると美容目的とされ全額実費となる。
表層義眼は顔の成長に必要な物なのに、扱いとしては歯の矯正や入れ歯と同じらしい。
納得はいかないが、娘の為に迷わず表層義眼を入れることにした。
入れるまでは目薬をさすだけで大騒ぎなのに、義眼なんて入れられるのか不安だったが、いざとなると強いもので、なんとか着脱できるようになった。
それまでは右目の小ささもさほど気にしてはいなかったが、義眼があるのと無いのでは全く違かった。娘の両目のバランスが取れた顔を見て、私も旦那も興奮した。
娘の目の障害が分かって「なんでうちの子なんだろう?」「何がいけなかったんだろう?」そんな事を毎日考えていた。
今でもふっと考えてしまう。
しかし娘は片目とは思えないくらい活発に動くし、細かい物もよく見えている。
親身になってくれる義眼外来の先生、義眼師さんにも出会え、娘の義眼ライフは順調だ。
しかし、この先必ず娘は目の事で悩み、泣いたり、私を責める時が来るだろう。
そんな娘とどう向き合えばいいのか今はまだよく分からないし、不安だらけだ。
だけど、娘の気持ちは全力で受け止めたい。
全部受け止められる強い母になるのが私の人生最大の目標だ。




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

こんばんは

うちの息子は、辻元さんのお子さんと同じ六年生の男の子ですが、左目です。今は、普通に学校に通う元気な男の子です。

こんばんは。はじめまして。たまたまYahoo!で辻本さんのストーリーを見かけて読まさせていただきました。私の娘も同じ眼の病気です。そんな娘ももう高校二年生ですが、ストーリーを読んで娘が産まれた時の事、怖くて中々行けなかったけど思い切って病院へ行った時の事。辻本さんのストーリーはまるで16年くらい前の自分の気持ちをそのまま自分が書いたかの様なストーリーでメッセージを入れたくなってしまいました。先々に対する不安な気持ち、すごくわかります。私も毎日心配で、毎日泣いて、毎日どうして?って気持ちで…毎日深夜までPCと格闘していました。反対の眼も悪くなったらどうしよう?と心配になったり、不安だらけだと思います。でもきっと大丈夫だと思います。単純な事ではないので手短な文章にまとめる事ができないですが、私が思うのは「この子が私の娘で良かった」という事です。この子がこの子であるから私もすごく助けられた。っていつも思います。まだ娘さんが小さくて通院も子育ても大変な時期と思いますがまた素敵なストーリーを聞かせて下さいね。長々と失礼しました。ありがとうございました。

貴重なストーリーをありがとうございました。全部受け止められる強い母とは、すばらしいキーワードですね。

T AKIさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(2)

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

初めての海外旅行13

自分らしくを大切にする人生 その8 ~ガラクタ整理で人生が好転。体調を崩し、JICAを辞め、将来の展望が持てない不安な時期から、一転、ガラクタ整理師となり、本を3冊出版することに。~

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

人生は学歴で決まる【4】

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 最終話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 第三話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの一年間 第二回

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

不動産投資をやると決めた(5)とにかくやってみて分かったこと

なぜ中学3年間保健委員を貫き通したのか?真田孔明の赤裸々な過去を暴露

T AKI

T AKI

T AKIさんの他のストーリー

  • 娘は第一次硝子体過形成遺産 ~障害 発覚~

  • T AKIさんの読んでよかったストーリー

  • 「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~