発達障害児を含む3人の子育てを、歌いながら乗り切った話

このエントリーをはてなブックマークに追加
13

若い勢いで、コロンビアの音楽教師に


四半世紀くらい前の話です。


私立の音大を卒業して就職したものの、

先に夢が見いだせずにいた頃、

「青年海外協力隊」で音楽教師も募集している

ということを知りました。


人生には冒険も必要と応募してみたらあっさり受かり、

南米コロンビアへ赴任することに。


当時は麻薬とマフィアで悪名高かった国でしたが、

そうとも知らず派遣前訓練所に飛び込みました。



申し遅れましたが、松本恵といいます。

東京生まれ、北海道育ち。

父の仕事の都合で転校経験が多く、集団のなかで自分だけアウェイでも、

さほどストレスを感じない方向に育ちました。



さて、協力隊の任期は2年間。

途上国での仕事や生活は「想定外」の連続です。


数々の失敗を乗り越え、刺激的な体験を積みました。

その頃のびっくりエピソードは機会があればまた書きたいと思いますが、

ともかくかけがえのない日々の果てに、

同期の仲間でヴィオラ奏者のユタカと結婚の約束までして、

2年ですべての細胞が生まれ変わったかのような

自信と希望に満ちた心持ちで帰国します。


平凡な幸せから一転、奈落の底へ


帰国・結婚後まもなく長女を授かりました。

新居といってもふるぼけたアパートからの出発でしたが、

家で音楽関係の翻訳などをしながら過ごす満ち足りた日々。


さらに2年後に長男誕生。

4000g以上ある元気な赤ちゃんでしたが、

その4ヵ月後からコロンビア時代どころではない、

予期せぬ、本物のアドベンチャーが始まったのです。


ある夜のこと。

ふと異様な気配を感じてベビーベッドに目をやると、

仰向けに寝ていた生後4ヵ月の弦(げん)が両腕を真横にして突っ張り、

顔を紅潮させて息を止めています。

そのまま10数秒。

そして、ふーっと息を吐いて、コクンと眠ってしまいました。


「何、今の???」


数日後、大きな病院での検査の結果わかったこと、

それはウェスト症候群、別名「点頭てんかん」という、

脳障害に由来する乳児特有の難病の発作でした。


自分の生んだ子に脳障害!

しかも将来的に高率で知的障害を伴うという!


そんな現実、とても受け入れられるわけがありません。

入院治療に付き添いながら、本気で親子心中を考える日々。

恵麻を残してはかわいそうすぎるからと、

弦を背負い恵麻を抱いて、

自宅から近い荒川に橋の上から飛び込むイメージを

入院中のベッドで弦に添い寝しながら、

何度、心に描いたことか。


ただ救いだったのは、夫ユタカが本当に冷静だったこと。


「この人はこの過酷な状況に真っ正面から向き合っている」


弦の発作の再発におびえ、

将来に向けて絶望的な思いを抱えながらも、

やがて私も少しずつ現実を受け入れ、

日常をとりもどしていくことができました。


後に、夫婦げんかで何か月も口もきかないなどということもありますが、

いつも最後に私が思い出すのは、

いざというときに逃げずに私を支えてくれたあの時のユタカの姿です。

(子どもに障害があるとわかった途端に、「オレのせいじゃない!」と逃げる父親がいかに多いか、後から知りました)


弦にはさいわい、その後の発作はありませんでした。



3人目誕生で大混乱のなか、弦の療育を本格化


弦が2歳のときに、3人目の佳那(かな)を授かります。


2歳違いの3人きょうだいですから、ただでさえ育児は大変。

どうやって毎日過ごしていたのかほとんど記憶にありません。


しかも弦は言葉も動作もすべてスローで、

「キャッチアップは難しいかも」という主治医の予言どおり。


今ほど療育のための施設がなかった時代、

弦が3歳のときに専門家の指導を受けながら

自ら療育を始めました。

早朝の散歩(パパの出番)から始まり、

保育園に遅れて登園するまでの朝の2時間、

知覚・感覚を刺激するさまざまなプログラムを毎日実行。

記録を付け、定期的に先生に指導を受けるという生活は、

弦が小学校卒業まで続くことになります。


弦はチェロと出会って、道が拓ける


あれから20数年。


弦はチェロ専攻で私立音大に進学・卒業。

今、プロを目指して引き続き大学院で学んでいます。


小・中と特別支援学級に週2回通級していた弦が

ここまで来られたのは、

まずは恩人というべき先生の指導による療育のおかげ。


そして小3の時にユタカが与えたチェロが、

弦に上手くはまったから。


言葉のコミュニケーションが苦手でも

音楽でコミュニケートできることを

本人が自覚したのを感じて、

音楽の才能を集中して伸ばすべく専門の道を親が準備し、

本人も努力してきました。


弦も頑張ったけど、ユタカも私も頑張ったよね。

そんな会話を夫婦でかわせるようになった昨今、

あらためて思い返すと育児でてんてこ舞いだった頃も、

我が家にはいつも音楽がありました。



イライラを歌に昇華していた育児期


会社員のかたわらアマチュアとしてヴィオラを弾いている

ユタカは、今も昔も朝から重厚なブラームスの交響曲を

大音量で流したりします(ハタ迷惑!)。


かたや私は、泣き止まない恵麻を揺すりながら、

「なんで泣くの〜?なんで泣くの〜?♫」と適当なフシを付けて

歌っていた頃から始まり、

親の手を振り切ってどこへ行ってしまうかわからない、

しかも喋らない弦のために

「ゴーロクニーロク…♫」と電話番号を歌にして覚えさせ、

夜は3人まとめて寝かしつけるため、オリジナルの子守歌に

順番に子ども達の名前を織り込むなど…。

とにかく朝から晩まで「お歌作戦」。


わけのわからない発達障害児を含む2歳違いの3人の子育てですから、

ストレスがたまらないわけがありません。

そのイライラを、子供に直接ぶつけないようにと、

無意識に歌い始めたのだと思いますが、

後から思えば、この「お歌作戦」には良いことがいっぱいあったのです。


たとえば靴を履いてくれない子どもに、「靴を履きましょ!♫」

(ビビディバビデブーのフシでどうぞ)と歌えば、親のイライラが子どもに伝わらず、楽しい気持ちで靴を履いてくれます。


「お風呂だよ〜、お風呂だよ〜♫」(これは民謡調、合いの手に手拍子も)と

コマーシャルソングのように毎度繰り返していると、

私の歌声で子どもたちは条件反射のように寄ってきて、

服を脱いでくれます。


自分の名前が織り込まれたシンプルな子守歌を聴きながら、

子どもたちはハッピーな気持ちで夢の世界に誘われます。


そして何よりも私自身、歌えば、子どもに対して「早く、早く」と

イラつく気持ちをストレートにぶつけないですむことが、

ストレス軽減につながるのです。


そもそも「なんで泣くの〜?なんで泣くの〜?♫」という歌は、

一人目の恵麻がよく泣く赤ん坊だった頃、

腕に抱えて揺すっているうちに自然に生まれたのでした。


泣きやまない赤ん坊を抱いて揺すって、

次第にイライラしてきて自分がおかしくなりそう、

でもリズミカルに揺すっているうちに、

自然と口ずさんでいたのが

ちょっと脳天気な「なんで泣くの〜?なんで泣くの〜?♫」

 

そんな私の適当な鼻歌・出まかせの子守歌から、

夫の好む重厚なクラシック、ジャズもビートルズも。

いつも音楽があふれている家で育った子どもたち。


恵麻と佳那はそれぞれ音楽とは別に得意なことを見つけましたが、

音楽を楽しむための耳は育ちました。


そして弦は、

できること・できないことの偏りが大きい、

つまり「発達でこぼこ」という意味で「発達障害」と診断されるものの、

今もプロのチェリストを目指して修行を続けています。


最近ではおかげさまで、ギャラの頂けるお仕事も入るようになり、

仲間うちでは「チェロの上手な不思議くん」というキャラが定着しているようです。

「音楽が人生を変える」

よくあるテーマですが、

歌でたいへんな育児を乗り切った、そんなストーリーもあることを、

今、育児でたいへんな思いをしている方にお伝えできればと思い、

投稿いたしました。

最後までお読み下さってありがとうございました。




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

うつ病患者、ビリギャル、会社創業者、みんなに愛されるサービスを目指して

愛情のない家庭で育った私が見た世界

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

【末期がんの父に贈った病院ウエディング】めげない心が起こした奇跡

ベビーカーが目障りだったという理由で1歳の赤ちゃんが老人に殴られるという事件

離婚は必ずしも子供にとってマイナスではない。離婚を考えている人へ、大人になった私が伝えられる「親の離婚を経験した子供の気持ち」

【第17話】『奇跡のおばちゃん』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

出会って30秒ぐらいの人にプロポーズした話 【第1話】

松本 恵さんの他のストーリー

  • 発達障害児を含む3人の子育てを、歌いながら乗り切った話

  • 松本 恵さんの読んでよかったストーリー

  • 上海生活、乞食の老人と僕との変な話 -後編-