弟の突然死から学んだこと その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
561

弟の突然死。








弟は30センチになってしまいました。




180センチを超える。それにがっしりした体躯の弟は

30センチの骨壷の中にいます。



葬儀が終わりました。一段落です。

そして、夜中になりました。




一切の音がしない鹿児島の実家の仏壇の前です。

線香の煙たさには、もう慣れてしまいました。



2年前に亡くなった親父の仏壇の横に、

今日並んだ弟の笑顔の写真と骨壷の前で、

私は酒を飲みました。



弟が大事にしていたという

私が知らないプレミア焼酎を

グラスに注いで、一杯を弟の遺影の前に置きました。


そして、一緒に飲みました。


焼酎は旨かった。


そして、その旨さが、

止まっていた私の涙を誘い出しました。



考えてみれば、弟と二人で

外で酒を飲むなんてことはなかったなあ。

実家で、たまに少しだけ飲んだことはあったけど。

   


焼酎の旨さを感じた後、今度は、

生きていた弟と

最後に一体何を話したのか思い出そうとしたのだけれど、

結局、思い出せませんでした。


おそらく、私が夏に親戚の葬儀で帰省した時に

少しだけ交わした言葉、



じゃあな。元気でな。
うん。そっちも。


そんな会話だったような気がしました。


でも、実際は、そんなシーンではなくて、

今まで何度も淡々と繰り返されていたシーンが、

最近の記憶のようなふりをして

浮かんできただけだったかもしれません。


しっかりと記憶していたのは、その一つ前でした。


それは、親父の葬式のあと。


鹿児島空港に行くバスのバス停まで、

弟の愛車クラウン・マジェスタで送って貰いました。


でも、車中で、バスを待っている間。

なんだか会話が弾んでしまって、

バスが、横を通り過ぎたのに、私も弟も全く気がつかなかったのでした。


慌てて車から降りたのですが、時すでに遅く、バスは行ってしまいました。

そこで、結局、弟に鹿児島空港まで弟に送って貰うことになりました。


空港までの道中。いろんな話をしました。


高速道路からは、鹿児島出身者が「ああ、鹿児島に帰ってきた」と実感する「めじるし」

桜島が見えました。




それが、今は大切な思い出になりました。



故郷にいる間、弟の死は、

私のこれからの人生や仕事についても考えさせる時間でした。


私は思いました。


人生の残る時間で

私はどう生きていくのか?

何を伝えるのか?

何をこの世界に残すのか?

どうしたら、いろんな人の役に立てるのか?


納棺の前に

最後に触れた弟の顔の皮膚の冷たさが、

そんな時間を創ってくれたような気がしました。



葬式の翌々日には、東京から持ってきたパソコンを使って、

スカイプで長野県の企業と

テレビ電話方式でのコンサルティングをさせていただきました。


コンサルティング相手は、私が30年以上の長い時間働いてきた保険業界の企業でした。


事前に、弟の急死と鹿児島からのスカイプ中継になることを伝えていたので、

コンサルティングは、順調に進みました。



コンサルティングの冒頭で、今回のことを話しました。


話しながら、私がもっともっと伝えたいことは、

実は「情熱」だということにどんどん気がついてきました。


1、【コーチ】 「情熱 エネルギー 生き方」 コーチング

2、【プロデューサー】「腕 技術 切り口」 プロデュース

3、【コンサルタント】 「相談 分析」 コンサルティング


1、2、3が全部あるのが、私が名乗っている

本来の「感情営業プロデューサー」です。



これからは、情熱を伝えるコーチとしての活動を大きくしていこう。

そう決めました。


例えば


できないものができるようになる。

できるものはさらにできるようになる。

全員のベクトルが合う。

ハイな気持ちでとにかく前を向く。

落ち込んでも再浮上する。


タフさを武器にする。


その原動力は情熱。エネルギー。



ステージを上げていくのに全員に必要なのは情熱です。


それは、私が生きている間に伝えていかなくてはならないこと。


私はもっともっと誰かの心の支えになります。



仏壇に置いてある弟の写真と遺骨の前で、

私がこれから生きている間に

やることが

どんどん決まって行きました。


☆★by 「コーチ」 天野功一



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

心からお悔やみ申し上げます。

ありがとうございます。

天野 功一

天野功一(あまのこういち) 感情営業プロデューサー、 コーチ、コンサルタント。 鹿児島市出身。 大手損害保険会社に30年近く勤務。 50歳を超えて起業家として独立。 短い時間で人を惹きつけ成果につなげる『感情営業』を武器に感情営業プロデューサーとして活動中。ペットはうさぎ

天野 功一さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(1)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

私が今死んでない理由

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

②『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その2(シングルから再婚へ)

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。そのゼロ回

殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

飲食業勤め最後の一年。

高校時代は日本の教育に疑問。今は教育業界で働くワーキングウーマンの話し。

天野 功一

天野功一(あまのこういち) 感情営業プロデューサー、 コーチ、コンサルタント。 鹿児島市出身。 大手損害保険会社に30年近く勤務。 50歳を超えて起業家として独立。 短い時間で人を惹きつけ成果につなげる『感情営業』を武器に感情営業プロデューサーとして活動中。ペットはうさぎ

天野 功一

天野功一(あまのこういち) 感情営業プロデューサー、 コーチ、コンサルタント。 鹿児島市出身。 大手損害保険会社に30年近く勤務。 50歳を超えて起業家として独立。 短い時間で人を惹きつけ成果につなげる『感情営業』を武器に感情営業プロデューサーとして活動中。ペットはうさぎ

天野 功一さんの他のストーリー

  • 【全国の治療家が師と仰ぐ神技(かみわざ)治療家 肘井博行永晃(ひじい・ひろゆきえいこう)先生 =ひろりん大王様の「大胆細心」に惚れる。】

  • 天野 功一さんの読んでよかったストーリー

  • 天野功一@潜在意識との100個の約束 その3