ダイエットを成功させる秘訣は

このエントリーをはてなブックマークに追加
10


ダイエットを成功させる秘訣は何だと思いますか?

規則正しい生活・カロリー制限・毎日の運動 などなど・・・それらしいものは色々挙げられますが、一番は何といってもダイエットに効果的な食品を食べることだと思います。

いくら運動をしてもいくら規則正しい生活を送っていても毎日コンビニ弁当やファストフードばかり食べていたのではまず痩せませんよね。(カロリーという意味でも栄養バランスという意味でも)


よくダイエットに効くサプリなどと称して効果が疑わしい胡散臭いサプリが売られていますが、本当にダイエットに効く食べ物は他でもない自然食品です。

たとえば食物繊維を豊富に含んだ緑黄色野菜はもちろんそうですが、動物性たんぱく質ではなく、大豆をはじめとした植物性たんぱく質、肉類ではなく、魚類、不飽和脂肪酸ではなく、植物性脂肪酸などなど・・・

普段口にしているものを意識して変えるだけでも体に与える影響はきっとだkぶかわるはずです。


ダイエットにまつわる記事を見るとどれもやれ糖質制限だの、やれカロリー計算だの、枝葉末端の方法論ばかりに囚われていますが、そもそも効果があるかどうか疑わしいダイエット方法に飛びつくぐらいなら、基本に帰って毎日口にする食べ物に気を払うことが大事なのではないかと思います。

日本人は戦前までは今のように肥満体で悩んでいる人は少なかった、という記事は度々目にします。

それは栄養状態が悪かったとかそういう理由ではなく、戦前までの日本食が日本人の体にはマッチしていて、カロリー過多になることもなかったためです。


今でこそ健康志向の人しか食べないミネラルを摂取できる玄米も昔は多くの人に食べられていましたし、これほど肉食が盛んになったのは戦後欧米食が日本に入ってきてからです。

健康に良いと信じられている牛乳だって飲む習慣ができたのは60年代後半から70年代にかけての話。

それまで日本人は飲んでいませんでした。


こういった一世代も立たず急激に起こされた食生活の変化に体が対応できず、太ってしまった、というのが近年の肥満で悩む人の多さの背景としてあることは多くの書籍でも書かれている通りです。

そういう意味で、ダイエットに普段から口にするものがどれだけ深く関係しているかがよく分かりますね。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

山下 信二さんの他のストーリー

  • いじめはどうすれば解決するのか。平日昼間に考える