恋愛経験0の私。純朴な警察官との出会いは職場の上司から勧められた婚活パーティーでした。しかしその警察官は・・・その②

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

その銀行員2人は、先輩と後輩のようだった。話の流れで、出身大学の話になった。


その2人の銀行員は、とても高学歴だった。話を盛り上げるのがとても上手く、私も楽しく会話をしていた。市役所にもこんなにお綺麗な人がいるんですね~なんて言われて、恥ずかしながら心のなかで喜んでいた。


その後、私の同期も交えて会話をしていると、今度は2人の警察官に話し掛けられた。

みんな2人で行動しているのだろうか。

来る人来る人みんな2人組である。

そして、こちらも先輩と後輩のようだった。


結局、銀行員2人と先輩警察官1人と私と同期で二次会に行くことになった。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

小鳥 遊さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

【第42話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと5話~

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

これがおれの2年だ!! 偏差値40高校出身のぼくがスタンフォードとUCバークレー大生限定のハッカソンに無理矢理参加して2位に入賞した話

「俺は早稲田、お前は獨協」そこから始まるNYの投資銀行マンへの道

パリのテロ現場から400mのAirbnbアパートで考えた「僕が創りたい世界と、その実現方法」

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『最終話』

アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話③

人生で必要なことは全て旅先で学んだ。 出会いと好奇心

人生で必要なことは全て旅先から学んだ。 孤独を抱いて寝る時

人生で必要なことは全て旅先から学んだ。 お金

人生で必要なことは全て旅先で学んだ。 人はなぜ祈るのか?

自分に嘘のない人生を!

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その5:アビラ】

デザイナーの役割

小鳥 遊さんの他のストーリー

  • そして、私の「自然と動物」というテーマに対し、警察官が考えたデート先は

  • 小鳥 遊さんの読んでよかったストーリー

  • 新卒で入庁した公務員時代に見た人々の話〜第1話 古き良き大将: オヤジ〜