西海岸からやってきた「普通」の大学生である僕が、ボスキャリで大切にしている「スーツ・就活・履歴書」より大事なこと 

このエントリーをはてなブックマークに追加
31

みなさんブラック企業というのをご存知でしょうか?


ブラック企業(ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、広義としては暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指し、狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。(引用:Wikipedia)


なんとこのブラック企業というのは、日本社会に多いらしいのです。ぼくも過去、ブラック企業で働いたことがあります。一番すごかったのは、新聞配達のバイトでした。簡単に、概要を説明すると、


1. 土日含めて、3か月間で1度しか休みがなかった。

2. 毎日、深夜2時に職場に集合しなければならない。

3. 労働時間は、晴れの日だと、1日約3時間、雨の日だと、1日約4~5時間。

4. 労働報酬は、労働時間ではなく、配った枚数で計算されている。(配る枚数は、固定制)

5. ぼくがバイトしていたのは、2月からだったので死ぬほど寒かった。

6. バイトを3か月で辞めたら、職場のおじいちゃん達から根性なし扱いをされ、後ろ指をさされた。


これで、給料はいくらだったから知っているでしょうか?


給料は、1月目は、研修期間として、なんと約9000円(労働時間は同じ)。2月目から、約6万円でした。




ぼくは、この経験を機に、こう思うようになりました。




そう。働きたくないから、就活もしたくないんです。


日本で就活をしようとすると、平均してどれくらいの期間を費やすことになるかご存知でしょうか?


ライフネット生命保険の調査によると、約8~9か月かかると言われています。これは、大学生活の約4分の1にあたります。





 そんな暇あるなら勉強していたい。そんなのやってられるか

心の中
ふざけんじゃねーー!!
心の中
そんな暇あるなら勉強していたい。
心の中
そんなのやってられるか



と思ったそこのあなた!

そんなあなたに朗報です。ボストンキャリアフォーラムという名のイベントをご存知でしょうか??


ボストンキャリアフォーラム(英語表記:Boston Career Forum) とは毎年10月~11月頃にアメリカ合衆国ボストンで3日間開催される世界最大級の留学生のための就職イベントである。毎年外資系企業も含め100社以上の超優良企業が、学生は3日間で合計8000人以上が参加している。

                                   (引用元:Wikipedia)


なんとこのイベント、うまくいけば就活がたった3日間で終わるというのです。

このイベントに参加して、ささっと就活を終わらせるというのも悪くはないのかもしれません。

以前のぼくなら、きっとそうしていたでしょう。しかし、その企業はブラック企業かもしれません。




だから、ぼくはやっぱり



題名には、『西海岸からやってきた普通の大学生が、ボスキャリで大切にしている「スーツ・就活・履歴書」より大事なこと』などとそれっぽいことを書いていますが、要するに働きたくない言い訳です。


というわけで、ぼくのボストンキャリアフォーラムでの言い訳を3つ書きたいと思います。ご覧あれ!


1. “スーツ”より“カジュアル”
2. “就活”より“ユーザインタビューとデモ”
3. “履歴書”より“プロダクト”


余談ですが、アメリカかぶれしているアピールをするために、ぜんぶ横文字で書いてみました。


ぼくは、ボストンキャリアフォーラムで、



1. “スーツ”より“カジュアル”のが楽、ていうかスーツ持ってないし




ボストンキャリアフォーラムのような格式が高いイベントは、スーツが必須だと相場は決まっています。しかし、残念なことに、ぼくはスーツを持っていません。だからといって、買うのもお金がもったいないなので、スーツは買わないで、普段のカジュアルな服装で、楽な気分で、参加することにしました。


思うのは、この激動の時代で働くにおいて大事なことって、服装がスーツだどうのこうので振り回されてビビリるんじゃなくて、「自分は、どこに行ったって、何を着たって、生きていける、食べていける」という揺るぎない「自信」良い意味での「ふてぶてしさ」ではないでしょーーーか????? 


ぼくは、留学を通して、その「自信」と良い意味での「ふてぶてしさ」を手に入れようとしています。


その自信を掴むために、毎日、がんばってます。


当たり前ですが、ブラック企業はブラック企業でしか働けないその状況が最大の問題であり、どの国、社会、会社でも働けるという状況と自信があれば、この世に存在するはずの無い問題です。



2. “就活”ではなく“ユーザーインタビューとデモ”をするために来た


一時期までボストンで、複数人で、Airbnbを借りようとしていたので、それ用のLINEグループに属していたのですが、つい最近見ると、このような会話が繰り広げられていました。(1週間無料で泊めてくれるボストンの大学に通う、神様のような友人が彗星のように現れたので、Airbnbはキャンセル。)



また、


企業とのグループディスカッションに向けて、リハーサルがしたい! 是非、付き合ってもらって、君のフィードバックが欲しい


とも言われたこともありますが、秒速、風速、音速、光速で断りました。




しかし、

合コンという名のグループディスカッション

なら大歓迎です。


ぼくは、コネクションとか人脈作りやグループディスカッションというものに全くといっていいほど興味がなく、別のことに夢中なので、どうやら、ぼくはボスキャリにおいて場違いかもしれません。


ぼくが、ボストンキャリアフォーラムに来た唯一にして最大の目的は、自分たちが作った留学生向けのサービスのデモやユーザインタビューをするためです。なぜなら、このボストンキャリアフォーラムというイベントには


世界各国に留学している留学生約8000人


ボストンに一同に集結


するので、

留学生向けのサービスを宣伝するのに絶好の場


だからです。学生は、広告に費やすお金なんてないんです。


ということで、ぼくが、どんな留学生向けのサービスを作ったかをここで説明させてください。


これから留学したい人や過去に留学をした人は、留学先のまとまった正確な情報がなかなか見つからなくて苦労した経験に身に覚えはないでしょうか? もしくは、はじめての留学ということで、不安だから、留学エージェントを利用して、ぼったくられたり、後悔した経験はないでしょうか?


ぼくも、同じような問題や被害にぶちあたったことがあります。だから、そんな問題を解決するため、ぼくは、留学を経験した人と留学に興味がある人をつなぐウェブサービス・留学codeを開発しました。ひとことで説明すると、「これから留学を考えている相談側と、留学経験や留学情報をシェアしたい留学メンター側の『オンライン無料留学相談』サービス」です。




もちろん、留学メンター側にもメリットはあります。こんな感じになっております。



ぼくは、人の話しを聞くのが好きだっただけで、決しておしゃべりではないので、パーティーみたいなイベントに参加すると、隅っこで、スマホを開いてしまう、極度の人見知りで、自分のことを話し慣れてなかったんです。しかし、何百回というプロダクトのデモやユーザインタビューを経て、さすがに慣れました。もう人前で話すことが億劫でなくなりました。だいぶ人見知りじゃなくなったと思います。


1番大切なのは、評論家や傍観者モードにならずに、「自分」が何をしているかや何かに一生懸命であることだと思うのです。



3. “履歴書”より“プロダクト”を語るほうが、かっこいい!


就職活動で絶対に提出しなければいけないもの、それは「履歴書」です。就活生は、常に、「履歴書」で判断され、「履歴書」でふるい分けられます。「履歴書」でお祈りされます。「履歴書」で一喜一憂します。「履歴書」で比較します。「履歴書」で人を見下します。「履歴書」で人を崇拝します。


そんなに「履歴書」って大事なんでしょうか?


「履歴書」に意味がないといっているわけじゃないんです。ただ、「履歴書」って他人を評価するときに誰でも使える指標なので便利ですよね。自分の過去の栄光に浸ったり、自慢するのに便利ですよね。人事の人には、エントリーがいっぱいあった時に早く帰るためにより所にするのに便利なんでしょう。


ただ、ぼくは、そんなダサい指標だけで人生の方向性を他人に決められたくはないんです。


ぼくが、男性、女性に限らず、「人をかっこいい」と思うときは、その人が、コネクションを自慢してるときでも、過去の武勇伝を語ってるときでも決してないんです。「今」自分が夢中になっている「プロダクト」や「プロジェクト」や「研究」を、自分の論理で、目を輝かせながら語っているときなんです。


ぼくにとって、「履歴書」とは、その人の過去を指すものであり、今を指すものではありません。


ぼくが思うに、その人の「今」を指すものとは、「プロダクト」や「プロジェクト」や「研究」です。


アメリカ大統領選が記憶に新しいですね。新トランプ大統領が否定する「移民」の子孫は、ガレージでAppleやGoogleを作って結果的に世の中を変えました。選挙戦など戦わないで、ある理想やビジョンを掲げて、その理想をまるで知らない人々にも使われて、静かに世の中を変えていく力が、「プロダクト」や「プロジェクト」や「研究」にはあると思うんです。それも今なら、インターネットのおかげで、それを個人・数人のチームから数十億人に向けて、国境を越えて実現することができるんです。


評論家や傍観者モードにならないで、「今」自分の「目の前」のことに一生懸命になっている人のほうがかっこいいと思うのです。だから、ぼくは、面接官に、ぼくの「履歴書」を見せる道より、留学生に、ぼくの「プロダクト」を見せる道を選ぶことにしました。ぼくのプロダクトはこちらです。




韓国からの移民の子孫で、日本の選挙権がないため政治に関心が低かったぼくにとって、今回ほど勉強になった選挙はありませんでした。今回の選挙は、本当にいろんなことを考えさせられました。このタイミングで、アメリカにいれてよかったです。かといって、ぼくはこの教訓を投票に反映させることはできません。僕にできることといえば、プロダクトを作ることくらいです。


この経験をプロダクト作りに活かしていきたいと思います。


最後に、


ぼくの行動は、「奇抜」ではなく、「普通」である


さて、ぼくはアメリカ西海岸から東海岸のボストンにはるばるやってきたわけですが、アメリカ西海岸のドヤ顔といえば、この人、スティーブ・ジョブズですよね?



そして、なんか言ってますね


Stay hungry, Stay foolish!!

日本語に訳すと、


ハングリーであれ、変人であれ!


彼のことはすごいと思っていますが、ぼくは、実は、彼のこの言葉は、好きじゃありません。前半部分の、「ハングリーであれ」という部分は、大変共感するのですが、どうしても後半部分が納得できないのです。「変人であれ!」ってどういう意味なのかさっぱり理解できないのです。


どうして自分で「自分は変だ」、「自分は愚か者だ」って思いながら「ハングリーであれる」というのでしょうか? この言葉、冷静に考えて、矛盾してませんか?? 少なくとも自分の中ではそれが正しくて、それが「普通」と思ってるから「ハングリーに頑張れる」ものなのではないのでしょーーか? 


ぼくにとって、「普通」という言葉の定義は、「自分にとって当たり前のこと」です。

要するに、ぼくは、「自分にとって当たり前のこと」しかしていないんです。


ボストンキャリアフォーラムのようなイベントでカジュアルな服装を着ていたりすると、「なんだお前は奇を狙った目立ちたがり屋め!」などと思われがちですが、ぼくは、そういう感じの人間ではなくて、それなりの考えと目的があってボストンキャリアフォーラムにこのように参加していただけなんです。


そういう視点で、もう一度タイトルやぼくの文章を読んでみると、ぼくの考えや行動は、かなり筋道が通っていて、いたって「普通」に見えるはずです。


ここまで読んでいただけた方なら、この筆者は「普通」の人で、自分のプロダクトのために、「普通」の行動をしたまでだということは、もうおわかり頂けたかと思います。


ここまで読んでいただきありがとうございます。


(今読んでいるボストンキャリアフォーラムに参加している方へ。いち学生として、ボスキャリに魅力を感じるのも理解できますし、ぼくの表現に憤りを感じる方がいるのも予測できます。1年前のぼくでしたら、同じようにぼくの表現に反発したかもしれません。日本の就活文化に洗脳されていたぼくが、洗脳をといた反動でこのように書いてしまったご無礼をお許し下さい。もしあなたが幸せなら、それは素晴らしいことです。ボスキャリで仕事を手にし、幸せに働いている尊敬できる友人もたくさん知っています。日本の就活文化を冷めた目で見ているぼくですが、人の幸せを踏みにじるつもりも、人を見下すつもりも全くありません。この文章を読んで、不快に感じ、傷ついた方がもしいれば、申し訳ありませんでした。謹んでお詫び申し上げます。そして、ここまで読んでいただきありがとうございました。)



「留学業界」の「普通」の(あるべき)姿について


ぼくが作ったプロダクトである、留学codeは、東京にいる人も沖縄にいる人も田舎にいる人もヨーロッパにいる人もアフリカにいる人もアメリカにいる人もみんな同じように、無料で留学情報や留学生にアクセスできて、アメリカでもカンボジアでもラオスでもフィンランドでもどこでも留学できる世界を実現したいです。


ぼくたちは、それを「留学 is everywhere for everyone」と呼んでいます。


シンプルなサービスだけど、ぼくは、留学codeが、最も留学生フレンドリーなサービスの原型であるという結論に行き着きました。留学codeは、古臭くて、既得権益の巣窟になっている留学業界に、一石を投じ、新しい風を吹かせられるものだと心から信じています。グローバルなんとかとか留学業界の市場規模がいくらとかそういう難しそうなことはよくわかりません。でもなんとなく、世界はぼくが思い描いている方向に進んでいきそうな気がするんです。だってそれが、


「普通」だからです。



企業の方へ:ディナー募集!


こんなふざけきった文章に最後までご付き合いいただきありがとうございました。ぼくは、コネクションにも履歴書にも興味はありませんし、持参してませんが、おいしいご飯が食べれると噂のボスキャリのディナーには大変興味があります。「履歴書」は持っていませんが、お箸と大きい胃袋は持参しています。もし、この文章を読んで興味を持たれた方がいました、ぜひ、おいしいご飯を一緒に食べたいです。好き嫌いはありません。ただ、しいたけは嫌いです。

連絡先は、こちらです。hidetaka.koh@gmail.com


力を貸してください!留学codeプロジェクト仲間募集


こんな超長文を、ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。さぞお疲れだと思いますが、最後に、もしよろしければ、この実現のために力を貸してください。いま僕たちが助けを必要としているのは、以下の6つです。リモートでも可能です。11月16日~11月28日までボストンとNYにいます。もし、ボストンかニューヨークにおられるなら、ぜひお茶しましょう。


興味がある方は、ぼくのTwitterかメールにお問い合わせください。


1. Ruby on Railsを使って、バックエンドをバリバリ開発したいエンジニア

2. AWSなどの、サーバーサイドやインフラが得意なエンジニア

3. React Nativeを使って、モバイルアプリを開発してくれるエンジニア(SwiftやJavaでも可)

4. プログラミング経験はなくても、数学や物理が大好き&得意で、問題解決が好きな人

5. 多言語化に対応できるバイリンガルやトリリンガル

6. 各大学と留学生と企業の架け橋ができるトビタテ留学Japanのプロジェクトディレクター@c_funabashi


ぼくの、twitterはこちら

問い合わせ: hidetaka.koh@gmail.com

留学codeは、こちらからご覧になることができます。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Ko Hidetakaさんが次に書こうと思っていること

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

これから仮面浪人を考えている方へ(突貫版)

聞こえないブロガーが50円ブログを起業しました。

第162章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

 ~ホームシック。~

5人の大学生がシェアリングエコノミー(共有経済)について株式論文を執筆し、敢闘賞を受賞した話。

【1話/今の佐藤さん】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<5章>

第161章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

落ちこぼれからの就活逆転術(一か八かで取った戦略はまちがっていなかった) ~キッカケ編~

東日本大震災から6年。3度の津波に耐え、そびえ立つ「ポプラの木」を知っていますか?

春は日帰り登山を楽しみませんか?

第4話 南米で救われた私の命【小児科ナースが天国に行った子ども達と地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*(人生観が変わるお話)】

過ごしやすい季節は登山をしてみませんか

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<4章>

Koさんの他のストーリー

  • 大学新入生がシリコンバレーで『日本を救う起業家No1』メルカリ社長とのランチを1秒で断った1年後Progateで再会した話(番外編)

  • Koさんの読んでよかったストーリー

  • 【3つの起業家精神】STARTUP WEEKEND UW