受験学(9)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

受験学(9)

 第八章

  いつの時代でも、どの国にも「学者」にあこがれる中学生や高校生はいる。それなのに、いつまで「クラブ(たいてい、運動部)と勉強の両立だ」なんてやっているのだろう。

  江戸時代じゃないのだから、5人組(班)の連帯責任とかガラパゴス化どころじゃない。私が中学生の頃は、男子は坊主頭でなければならず「強制的」に髪の毛を刈るように指導された。

  今となっては、

「日本にも、そんな野蛮な時代があったんだ・・・」

  と言う人が多い。クラブ活動の強制なども、数十年後には、

「そんな無茶な制度があったんだ」

  と言われるのは間違いない。世界中で、シロウトが指導するスポーツなどやっている国はないのだから。

男児の夢、学者・博士が2位=ノーベル賞効果で急浮上―第一生命調査

 第一生命保険が小学生以下の幼児・児童を対象に行った2016年度の「大人になったらなりたいもの」アンケート調査によると、男の子のランキングで「学者・博士」が前年度の8位から2位に急浮上した。(時事通信) 

   学校の勉強だけを(つまり、宿題だけを)やっていれば学者になれるのだろうか?

 絶対にムリ!それは、分かってもらえますよね。ここ三重県の北部では一番レベルが高い県立高校は四日市高校だけれど、100人中1人か2人しか合格しない。だから、そんな子に合わせた教材は使わないし、授業もしない。

 でも、その四日市高校でも上位の1割くらいに入らないと旧帝に合格できない。つまり、四日市高校の授業でも教材も授業も上位層にはあわない。学者は、その先。

  学校に行くこと自体がリスクになる     教室は、平和ではありません。陰湿ないじめもあれば、学級崩壊、教師からの過剰な圧迫、危険な体育の授業もあります。しかも同調圧力が強く、その中に入ってしまえば個別の活動は断れません。もしかしたら、こういった経験をしないほうが、社会や大人に不信感を抱かずに、社会に適合できるのではないかと思ってしまいます。

  なぜ学校に行くのか -みんながいくから     では、なぜ行くのか。それはみんなが行っているからという横並び意識でしかないと思います。ここまで教育現場が劣化してしまえば、行くこと自体がリスクになってしまっているかもしれない。学校に丸投げするのではなく、こういった認識をもって、お子さんを学校におくりだしてもいいのではないでしょうか。

学校は制度疲労をおこしていて、それは文科省や日教組の権力闘争などをやっている間に、現場はとおくへいってしまいました。もういちど、足元の教育現場から見直してほしいと思います。

                                                                    中沢 良平(小学校教諭)

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブンさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私が「ストーリーカウンセリング」を立ち上げるまで 【あなたの人生も必ず何かに導かれている】

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(2)

ソフトバンクの孫社長に個別コンサルしてもらったら。気がついたら起業してた話。

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

医療事務でのイジメで人間をやめようと思った日の記憶

「安定していけば、生涯年収2億円」僕は大学を辞めることを決めた。

〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜【第一話】『うつ病になった日…』

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

共感覚から見た「 不安 」と「 希望 」の色

【地球の裏側で元ホストと旅をして学んだ魔法の言葉】

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

典型的なコミュ障理系院生だった自分が某大手お菓子メーカーの飛び込み営業チームのリーダーとしてなんとか一年間務め上げた話 その①

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイさんの他のストーリー

  • (4位)音速は秒速340メートルですよ。

  • キョウダイさんの読んでよかったストーリー

  • (6位)、第七十一章 英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?