受験学(9)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

受験学(9)

 第八章

  いつの時代でも、どの国にも「学者」にあこがれる中学生や高校生はいる。それなのに、いつまで「クラブ(たいてい、運動部)と勉強の両立だ」なんてやっているのだろう。

  江戸時代じゃないのだから、5人組(班)の連帯責任とかガラパゴス化どころじゃない。私が中学生の頃は、男子は坊主頭でなければならず「強制的」に髪の毛を刈るように指導された。

  今となっては、

「日本にも、そんな野蛮な時代があったんだ・・・」

  と言う人が多い。クラブ活動の強制なども、数十年後には、

「そんな無茶な制度があったんだ」

  と言われるのは間違いない。世界中で、シロウトが指導するスポーツなどやっている国はないのだから。

男児の夢、学者・博士が2位=ノーベル賞効果で急浮上―第一生命調査

 第一生命保険が小学生以下の幼児・児童を対象に行った2016年度の「大人になったらなりたいもの」アンケート調査によると、男の子のランキングで「学者・博士」が前年度の8位から2位に急浮上した。(時事通信) 

   学校の勉強だけを(つまり、宿題だけを)やっていれば学者になれるのだろうか?

 絶対にムリ!それは、分かってもらえますよね。ここ三重県の北部では一番レベルが高い県立高校は四日市高校だけれど、100人中1人か2人しか合格しない。だから、そんな子に合わせた教材は使わないし、授業もしない。

 でも、その四日市高校でも上位の1割くらいに入らないと旧帝に合格できない。つまり、四日市高校の授業でも教材も授業も上位層にはあわない。学者は、その先。

  学校に行くこと自体がリスクになる     教室は、平和ではありません。陰湿ないじめもあれば、学級崩壊、教師からの過剰な圧迫、危険な体育の授業もあります。しかも同調圧力が強く、その中に入ってしまえば個別の活動は断れません。もしかしたら、こういった経験をしないほうが、社会や大人に不信感を抱かずに、社会に適合できるのではないかと思ってしまいます。

  なぜ学校に行くのか -みんながいくから     では、なぜ行くのか。それはみんなが行っているからという横並び意識でしかないと思います。ここまで教育現場が劣化してしまえば、行くこと自体がリスクになってしまっているかもしれない。学校に丸投げするのではなく、こういった認識をもって、お子さんを学校におくりだしてもいいのではないでしょうか。

学校は制度疲労をおこしていて、それは文科省や日教組の権力闘争などをやっている間に、現場はとおくへいってしまいました。もういちど、足元の教育現場から見直してほしいと思います。

                                                                    中沢 良平(小学校教諭)

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブンさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

元ひきこもりの猫人間が芸人目指して慶應大学に入った話

貧乏母子家庭を苦に自殺をしようとした小学5年生が思いとどまって将来年収1000万プレーヤーになって毎日楽しく生きてる話1

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑥

「ママにお家を買ってあげる」〜ある、移民2世のストーリー

1億円持ってるレベル99のニート(トレードと愛人と◯◯のコツは、みな同じでした。)【前編1】

【色覚異常の話】周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

500円ビニール傘のいい話

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

キャバ嬢が就職エージェントを利用して気づいたこと

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

ペパボの創業に参加するきっかけ

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイさんの他のストーリー

  • 亡くなった父と語る時間が増えてゆく

  • キョウダイさんの読んでよかったストーリー

  • (6位)、第七十一章 英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?