②行き着いた場所…

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

振り向いた○山さんの口は、ヌラヌラ光り、手にはポテトチップスが握られてた…

不思議そうな顔で私を見る○山さんに、動揺した私は、バスにいる先輩に助けを求めたい気持ちを、辛うじて堪えながら『お早うございます!○山さん~』と声をかけた…

果たして素直に、バスまで行ってくれるのか?…と不安だった私に、以外や…傍のタオルで、品良く手と口を拭うと『お願いします』と言って立ち上がった…フゥ~ヨカッタヨ~(汗)…

後で聞いたのだが、○山さんは一年以上、ポテトチップス以外は口にしないそうだ…そして空になった袋を何故だか全て、壁に貼らないと納得しないらしい…天井近くのは、ご主人が貼って上げたら、ひどく嬉しそうにするので、あんな『ボテチ御殿』になったらしい…サキニ オシエテヨ

無事お迎え業務を終え、お茶準備を手伝おうとロッカールームを出ると、うお~~~~!と言う怒声と、あっ~!と言う悲鳴と共に、両脇に4人、顔を真っ赤にして引き止め様と腕にしがみつく看護師、ヘルパーを引きずりながら、○木さんがこちらに向かって突進してきた…ヤバイ…(汗)何故なら、○木さんは『元、空手の選手』…以前彼を止めようとした男性スタッフが、胸を骨折した事が…立ちすくむ私…

『牛乳ぅ~!』

何故、そんな言葉が出たのか自分でもわからないが…彼は、いたく牛乳好きだった…(笑)

『○木さん~牛乳買いに行くの~?』…

私の言葉に、立ち止まりボカ~ンとしながら『おぅ…』と呟きながら頷いた…シメタ…

『じゃ、私も行くぅ~』と素早く腕をとって、リクレーションルームに向かって歩き出した…『牛乳、私もだ~い好き!…』ジツワ、ダイキライ…必死な私…(汗)

…と○木さん、トイレの前で急に立ち止まり、プルプルと身震いを…『おしっこ?』

二人で狭いトイレに入ると、185㌢の長身の彼の腰に、しがみつく様に私は彼のズボンを引きずり下ろした…

『ひゃ!寒っむいじゃないか!』ゴメンねぇ~ブリーフも…

ほっとくと、脱がないままなさいます…

『ハイ!おチ○チ○持って~!』ぼっ~と立ったままの○木さん…

ダメだ…このままだと…○袋に張り付いた、おチ○チ○…その角度で放出されたら、足元の下着もズボンもイチコロじゃん…

意を決して私は手にトイレットペーパーを巻くと、○袋に張り付いてる、なんだか情けなさげなおチ○チ○を掴むと、便器に向けて…

『は~い!発射ぁ~!』私の声を待ってたか様に…

『ジャバババ~~~~!』…なんだかなぁ~…私生活では、とぅ~んと目にする事もないブツを、手慣れた感じでフリフリする私って…(-_-#)

滴、キレタァ~? つづく

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

稲葉 薫さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

【第42話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと5話~

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

これがおれの2年だ!! 偏差値40高校出身のぼくがスタンフォードとUCバークレー大生限定のハッカソンに無理矢理参加して2位に入賞した話

「俺は早稲田、お前は獨協」そこから始まるNYの投資銀行マンへの道

パリのテロ現場から400mのAirbnbアパートで考えた「僕が創りたい世界と、その実現方法」

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『最終話』

アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話③

人生で必要なことは全て旅先で学んだ。 出会いと好奇心

人生で必要なことは全て旅先から学んだ。 孤独を抱いて寝る時

人生で必要なことは全て旅先から学んだ。 お金

人生で必要なことは全て旅先で学んだ。 人はなぜ祈るのか?

自分に嘘のない人生を!

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その5:アビラ】

デザイナーの役割

稲葉 薫さんの他のストーリー

  • ②行き着いた場所…