未来の扉の暗証番号

このエントリーをはてなブックマークに追加
7


神様は1年365日、何千何万人もの願い事を聴いている。

それを聴くだけでも忙しいのだろう。

だから時には願い事を聴き間違える事だってある。

例えば居酒屋で注文したものと違う料理が出てくるように。



精神障碍者デビュー


8年前、僕は精神障碍者として華々しくデビューした。

もちろん、神様にお願いしてそうなった訳じゃない。

まったくの想定外だった。

病名は適応障害(後になって双極性障碍に病名を変更)

会社で社長と社員の温度差に悩んで病気になった。

発症する2ヶ月前から精神に異常をきたし、

自殺をしようと試みたが死ねなかった。

自分が死んで楽になるのはいい。

そのかわり残された家族を地獄に突き落とす事になる。

それに今の命はもらった命。

昔、死のうとした時、妹の存在のような心友に救われた命なのだ。

その心友を裏切れなかった。

家族に病院に連れて行ってもらい、診断書を会社に提出。

仕事を休職し、自宅療養する事になった。


折れた心と太った体


普通は死のうとすると食欲は失せ、やせるのに心を患い体重は増えた。

なぜならば、母が自分の事を心配し、ご馳走を届けてくれたからだ。

ひきこもると何もする事がない。

動かないのに食欲は衰えなかった。


たった一つのお願い



妻は何もしなくていいと言ってくれた。

『そのかわり一つだけお願いがあるの。

引きこもっていると私が不安だから、今通っている治療院に行って』

悩んだ。このままだと太り続けてしまう...

じゃなくてずっと家の中にいると息苦しくて、

得体の知れない幻覚に首を絞められそうだったので、外に出た。

視線恐怖に震えながら。

ただ、その治療院が近づくにつれ、恐怖感に襲われた。

人に会うのが恐かった。

何言われていないのに責められているという幻覚。

怖くて建物の中に入れず、その場で立ちすくんでいたことだろう。

思いきってドアを開け、ほとんど視線を合わせず、言葉もかわそうとせず、治療を受けた。


止まらない涙


何日も通ったある日の事、自分の病気の事、なるまでのいきさつを話した。

すると治療院のスタッフの方がにっこり笑ってこう言ってくれた。

『大丈夫。何があっても大丈夫ですよ』

ひとすじの光が差し込んだ。

『ありがとうございます』

強張った心がほどけていくのを僕は感じて頭を下げた。

家に帰り、妻にその話をした。

『大丈夫じゃない...大丈夫じゃないのにそういってくれた...』

話しているうちに涙がこぼれて止まらなくなった。

嗚咽がいつまでも部屋に木霊していた。



社長からのメール


月に一回、傷病給付金の手続きで会社に行くようになった。

そして何ヶ月か経った頃、広報として仕事に復帰してみないか?と誘われた。

その当時、会社がやっている朝市の取材に興味はあった。

取材に行く。写真を撮る。これはと思う商品をピックアップし、ホームページに掲載。

そして更新。面白かった。

自分の書いた記事が不特定多数の(わずかな人の)もとに発信される。

会社のすすめででブログを書いていた自分にとっては願ったり叶ったりの仕事だった。

試しに初めて続けてみたが、だんだん精神に負荷がかかるようになり、病状が急激に悪化。

再び、家に引きこもった。

それが原因で復職を諦め、退職。

その後、給与未払いが続き会社は倒産するが、最後に好きな仕事が出来たので、

他の社員の人は恨み節しか残らなかっただろうが、自分は良かったと思っている。


人は出会うべき時に出会う人と出会う


それから何カ月もたった頃、就労支援センターを紹介された。

その就労支援センターの担当の人との出会いが自分の人生を大きく変える事になる。

何度かの面談の後、こう訊かれた。

『飲食業に興味はありませんか?』

聞けば新しい居酒屋がオープンするという。

まずは、そのオーナーにあって話を聞いてみてはと誘われた。

それからひと月たって一緒に面会した。

プレオープンが2日あるから、まずはやってみて、それでだめだと思ったらやめればいいし、

出来そうだったらやってみたらいいよと言われ、苦手な事はある?と訊かれた。

『物事の同時進行が苦手です』

飲食業において、それは致命的な欠点だった。

それは後から思い知るのだが、その時はそれに気がつかなかった。

しばらく悩んでお願いする事になった。


来るのを間違えた世界が待っていた


プレオープン初日。

おどおどしながら店長とスタッフを紹介され、お客さんを迎える準備をした。

やがてお客さんが入り始め、気がつけば人の波にももまれるようになった。

皿洗いだけしておけばいい。

勝手にそう考えていたら、食べ物や飲み物を持っていくように指示された。

それは想定の範囲外。

仕方がなく、びくびくとしながらホールに出た。

食べ物や飲み物を持っていくのが精一杯。

逃げ出したかった。

肉食動物に囲まれた草食動物の気持ちが良く解った。

再び、皿洗いに戻る。

いや、逃げ込むように戻った。

あっという間に時間が過ぎ、そしてプレオープンも終わった。

『どう?やってみる?』

オーナーから訊かれた。

はい。お願いします。頭を下げた。

おいおい何を言ってるんだ!来るのを間違えた世界じゃなかったのか?

脳のなかで思いが交錯する。

やってみてだめならすぐに尻尾をまいて逃げればいい。

そう思った。

逃げ足の速さにかけては絶対の自信があった。


ナンパと思って声をかけた


オープン当初は客足もまばら。

夕方、スタッフで10%オフのチケットを配った。

『よろしくお願いしま~す』

ぼそぼそ言っていると受け取ってもらえないよ。笑顔で元気よくいかないと。

オーナーに諭された。

これはナンパだ!そう思って女性には声をかけ、男性には呼び込みだと思って声をかけた。

何回もくりかえすうちに慣れてきた。

受け取ってくれ、立ち止まった人にはすかさずお店の場所と特徴をアピールし、

『行ってみようか』と言ってくれた人にはお店まで案内する。

新規、何名様ご来店で~す!

『いらっしゃいませ~』とスタッフが声を揃える。

それが嬉しくて、頑張った。

いつしか、対人恐怖症も克服していた自分に気がついた。


手に入れた自信


それでも、ホールは苦手。

隙あれば、洗い場に逃げ込もうとする弱虫は治らなかった。

自分は障碍者なのだから。

言い訳をする自分がそこにいた。

ところがある時閃いた。

女性のお客様相手に食べ物の説明をしていた時の事。

串カツの種類がそれぞれみな違うのを訊かれ、ボクシングの格好をマネをしてこう答えた。

『そうなんですよ。みなさんで仲良く喧嘩しながら食べて下さい』

笑いがおきた。

じゃあ、みんなでどつきあいながらたべようか~

ノリのいい人がそう呼び掛ける。

どっと笑いが続いた。

受けた!

舞台で受けた芸人の気持ちだった。

それからだろう、自信を持ってホールに立てるようになったのは。

もちろん、たくさん失敗もした。

勉強不足でお客さんの質問にも答えられなかったり。

飲み物や食べ物を間違えて持っていったり、落としたり...

それでも少しづつ出来る事が増えていった。

それが自信につながっていった。


大いなる勘違い


自信がついて来た頃、落ち着いて接客をしていたら、

『店長?』と訊かれた。

いいえ、違うんですと否定しながら内心は舞いあがっていた。

調理が出来る訳でもなく、ホールスタッフに指示ができる訳でもなく、

ただ単に落ち付いて見えるので店長に間違えられているだけなのに勘違いしていた。

いつかは自分のお店を持つという壮大な夢につながっていく。


減薬、そして再び悪化


夢が現実を知らなさすぎる無謀な事だと判った頃、

精神に負荷がかかり、一度2種類に減った薬もどんどん増えていき、最終的には10種類になった。

それでもかかりつけの心療内科に通い、治療院にも通い、

記憶に間違いがなければ半年経つ頃には5種類まで減っていった。

仕事をしていてかかった負荷は仕事で治すしかないのだ。

何よりも働く事こそ病気を治す一番の薬なのである。


燻ぶる思い


月日は流れた。

記憶も飛んでいる。

その当時の事をすべて克明に憶えている訳ではないが、

ある日、燻ぶる思いを抑えられなかった。

どううしても調理師免許が欲しかったのである。

一生、飲食業で飯を食っていきたかったのだ。

調理師免許を取る方法は2つ。

専門学校に通って実技試験を受ける方法。

もう一つはお店で2年以上働きながら、週6日で4時間以上働くか、週4日で6時間以上働くか。

どっちにしても会社にそれを証明してもらわなければならない。

居酒屋では時間が足りず、和食の店とかけ持ちをするようになった。

ダブルワークは思って以上に辛い。

昔、自己啓発教材のローン返済の為(総額約180万)していたダブルワークの時ほどでは

なかったけれど、年齢が違う。

あの頃は30代。

もう無理が効かなくなっていた。

居酒屋での人間環境は人間関係も良く、自分にとっては最高の場所。

病気になった時の事を考えれば楽園だったが、悩みに悩んだ末、去る事を決めた。

実はダブルワークを始めてしばらくたってから動悸がでて止まらず、休む事も度々あったからだ。


卒業式


最後の日。

完全燃焼する意気ごみで働いた。

もう2度と来ない日なのだから。

あっという間に時間が過ぎた。

『そろそろ上がりましょうか?』

店長が声をかける。

『お疲れさまでした!』

笑顔で挨拶をする。

着替えて外に出て帰ろうとすると、アルバムを渡してくれた。

スタッフ全員からのメッセージだった。

ありがとう~!

思わず叫んだ。

人生でこんなに嬉しい事はなかった。

店を後にする。

涙がこぼれた。

振り返るとあの頃の自分がそこにいた。


勇気


あの日あの時、あの場所で出会った居酒屋のスタッフ、そしてオーナー、就労支援センターの担当の人

、それから治療院の人がいなければ、自分の今の自分はどうなっていただろうか?

人生の可能性にふたをしたまま希望を失い、未来の扉を前に諦めていたような気がする。

妻や母親、そしていろいろな人の応援のおかげで頑張れたのである。

その姿を神様は見ていてくれたのだろう。

未来の扉の暗証番号をそっと教えてくれた。

勇気。

一歩進むのは勇気がいるけれど、それが出来たら次の一歩。

そうしてそれを繰り返すうち、千里先まで歩いていける。

人は皆、目には見えない力を持っているのだから。
















































読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

中山 隆彦

いつも何かを物忘れ(笑)毎日探し物をしています✰8年前から双極性障碍。50才でadd(発達障碍)とld(学習障碍)になりました✰趣味はヒッポ(多言語の自然習得)ポートレート写真を撮る事、美味しい珈琲とパン屋さんめぐり✰好きなTVは韓ドラ、情熱大陸✰好きな女優は黒木華です✰

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

動画版!!6浪ストーリー

超ビビりの3流大学生、就活をあきらめ休学。フィリピン留学に人生を救われた話。

大学生の私が発達障害と診断される前とされてから

僕の名前も忘れ、100万人に1人の難病を患った妻と僕の物語

靴磨き職人から年商9桁まで這い上がった物語

なぜ臆病な私が見知らぬ人に会いにいくのか~サングラスをかけ替えたら世界が変わった話~

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

家庭崩壊で鬱病寸前だったクレープ屋の僕が、○○○に出会って人生が180°変わった話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

英語が嫌いで苦手だった僕が高校でTOEFL iTPのスコアを147上げて、日本の大学の推薦を蹴りイギリスの大学に進学する話

『常識とは18才までに積み上げられた先入観の堆積物にすぎない』

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第7回〜完結編〜)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

親からの束縛で自由が無いと思っている人へ

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

中山 隆彦

いつも何かを物忘れ(笑)毎日探し物をしています✰8年前から双極性障碍。50才でadd(発達障碍)とld(学習障碍)になりました✰趣味はヒッポ(多言語の自然習得)ポートレート写真を撮る事、美味しい珈琲とパン屋さんめぐり✰好きなTVは韓ドラ、情熱大陸✰好きな女優は黒木華です✰

中山 隆彦

いつも何かを物忘れ(笑)毎日探し物をしています✰8年前から双極性障碍。50才でadd(発達障碍)とld(学習障碍)になりました✰趣味はヒッポ(多言語の自然習得)ポートレート写真を撮る事、美味しい珈琲とパン屋さんめぐり✰好きなTVは韓ドラ、情熱大陸✰好きな女優は黒木華です✰

中山 隆彦さんの他のストーリー

  • 未来の扉の暗証番号

  • 中山 隆彦さんの読んでよかったストーリー

  • あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。