~新人王決定戦~ 初シャンパンはうまかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
19

  



あれから一週間後。




 






新人王決定戦も近いってのに




 






全然指名もらえないんですけど!




 






支配人Tさん、代表Yさんは月指名150本越えなのに・・・・




(一時間指名=指名本数一本換算)




 






まあ始めたばっかりだし仕方ないのかな・・・




 






でも、Gさんには




『入店して一週間したらお前は代表達と肩を並べるプロの仲間入りだからな。お客様からしたらホスト歴一週間も一年も十年も関係ないから。』




 






流川心の声(ふむふむ。確かに言われてみればそうかも。)




 






って言われてもなあ・・・実力が違いすぎる。




 






なあんて考えながら今日も




お店のオープン一時間前に出勤。




 




いつも通り、Gさんとタクシーで。




 






Gさん『今日もええで。出世払いという事で(笑)』




(鹿児島生まれのGさん。大阪にも住んでたらしくなんか鼻につくエセ関西弁。)




 






流川心の声(ほんとこっち来てからお世話になりっぱなしだな。こんな上司になれたらかっこいいかも。エセ関西弁は嫌だけどw)




 






と、Gさんに対して思いを抱きながら・・・・・




 






今日は新人王決定戦に向けて




指名をもらうための極意!を現ナンバー2の支配人Tさんから教えてもらう予定。




 






あの、新人教育をしてもらった




テーブルに着き、メモ帳とペンを用意する。




 






すると。




 




Gさん『そういえば支配人ね、ナンバー出勤だったわ。ごめんごめん。俺から話すわ。』




 




 




(ナンバー出勤とは・・・ナンバー、売上と共に上位になれると出勤時間が優遇されるシステム。)




 






流川心の声(えー。ホストじゃないマネージャーのGさんから話をしてもらっても・・・・(-_-;))




 






Gさん『さっそくなんだけど。今No.1の代表とNo.2の支配人の共通点って何があると思う?』




 






流川『えーと・・・髪が長い!雰囲気がある!話が上手!・・・・ですかね?』




 






Gさん『間違いではないけど、髪が長い!ってのは論外な(笑)




要するに魅力があるってこと!立ち振る舞いから身振り手振り。しぐさ。話し方。お酒の飲み方・・・・・




色々あるけど雰囲気があるんよ。わかるか?』




 






流川『・・・・・・・言われてみればそうかもです。』




 




流川心の声(意識して見たことはないけど・・・(-_-;))




 






Gさん『魅力的なホストになれば指名ももらえるってことよ^^』




 






流川心の声(深すぎてわかりません!!(-_-;))




 




 




流川『なるほど。勉強になります。実践します!!』




 






Gさん『これにて指名をもらえるための極意指導終わり!後は見て学べ!』




 






流川『指導足りないです(笑)』




 




 




Gさん『見て学ぶのも勉強や(笑)』




 






流川心の声(後から支配人に聞こう。この人じゃだめだ(笑))




 





と、これで指名をとるための極意指導終わりました・・・。





と新人王決定戦をするっていっても。




 




メンバーは誰がいるの??と流川気になりました。




 




 




実は今まで紹介していなかった




AさんとMさん。




 




二人とも流川と同じ県出身で




よく話かけてくれる面白い二人組でした。




 




一個上の先輩でしたね。




(後に僕たち三人がこのグループを引っ張っていくことになるとは・・・・・)




 




今さらですがこの二人が一週間違いの先輩ということを聞かされ、ビビる流川。




 




だって二人とも流川より指名も売上もあるんだもの(-_-;)




 






流川『Gさん~僕勝てないですよ・・・・(-_-;)』




 




 




Gさん『何が起こるかわからない世界やぞ?諦めたらそこで試合終了や!』




 





流川心の声(なんか鼻につくんだよなこの人のいう事・・・(笑)) 




Gさん『まあ、新人王に輝いたら賞金あるらしいよ。お前が新人王になったらタクシーおごってやw』




 






と、賞金まで出るなんてみんなやる気でるじゃん・・・・・




 




 




 




現在指名一本の流川はほぼ諦めムードです。






そこで当時流行りだしていたSNSを使って集客を試みる。







その時はなんだったけな・・・




 




まあ、SNS名はいいとして。





 




宮崎で友達もいない流川は




遊べてなおかつお店に来てくれる子を探しました。




 





当時SNSでリアともを増やすのが得意だったので




すんなりと女の子と遊ぶことになり宮崎のデートスポットを知らないため




流川宅へお誘い。







誘ったのはいいけどうちおんぼろアパートだった・・・・・と




後悔w




  




でも、その子はそういうのを気にしないタイプだったため




セーフ。(笑)






 




と、それから仲良くなり。





来店の約束までしてくれました。




 






 




女の子『今日さ、友達のbarに顔だす予定だからその前にいこっかな~。来てくれたら嬉しい??』






流川『ええ!?来てくれるの!?めっちゃ嬉しいです!・・・って大丈夫なの??barより高いよ?』




 



女の子『大丈夫大丈夫♪お金あるし♪』




 






流川心の声(よしゃ!これでおれも新人王になれる・・・・・・・かもw)




 




そして、約束の日。







電話 流川『もしもーし 今オープンしたよー』




電話 女の子『了解♪今から行くね~♪』




 






 




それから30分後・・・・・




 




 




『いらっしゃいませ~!!』




 






流川『ほんと今日はありがと。何飲む??』




 




女の子『なんかメニュー表ないのー??』




 




流川『あるよ♪これこれ』




 




女の子『じゃあ・・・これ飲もっか♪』




 




流川『え?いいの?そんな高いって!!来てくれただけで嬉しいし』




 




女の子『いいの♪売り上げになるんやろ?早く持ってきて♪』




 




流川『う・・・うん。ありがと/////』




 




 




 




と、一万円のシャンパンを入れてもらことに。




 







 




初めてのシャンパンコールを目の前でしてもらい、




 




コール終わりにシャンパンを入れてもらったホストから




入れてくれた姫(お客様)へ一言コメントを言う。




 




 




コール『ではでは、そんな素敵なシャンパンを頂いた姫へ王子流川から一言いただきましょう!




3,2,1あいよッ!』




 






 




流川『姫!人生で初めてのシャンパンありがとうございます。




こ、このシャンパンって甘いけど、俺はもっと甘いんで




こ、今夜は覚悟してね!よろしくぅ~!!////』




 






 




・・・・・・決まりました。噛み噛みだけど・・・・(笑)




 






(以前シャンパンコール時、支配人のコメントを聞いててよかった・・・・・・・・丸パクリ成功!(笑))




 






気持ちいんですよね・・・なんか無駄にテンション上がるし。




 






と、女の子も




『喜んでくれたならよかった。また飲もうね♪』




 




 




と、シャンパン最高。




 




 




ありがとう。




 




新人戦始まってないけど勝てる気がする・・・・・・





ありがとう!!!



と、流川自信がつきました。







これを機に支配人と代表の魅力を盗んでやろう!っと




思い、日々勉強が始まります。




 






でもでも、なかなかうまくいくわけもないですよねw




 




 






それから・・・・・・流川無断欠勤をしちゃいます。




 




 




 




次回 【ホスト流川 Episode1 ~ホームシック。~】




 




無断欠勤始めます。




ライバルからのお誘い。




新人戦はじまる。




 




 




この三つ書いていきますね^^




お楽しみに(*^^)v



こちらでブログも更新しています^^

もしよろしければ遊びに来てください♪

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

流川 ゆ

初めまして^^初就職で7年間ホストクラブに勤めました。一年で代表になり。ナンバー1に昇りつめました。そこで起きた汚いこと。楽しかったこと日々を綴っていきます。よろしくお願いいたします。

流川 ゆさんが次に書こうと思っていること

|

流川 ゆ

初めまして^^初就職で7年間ホストクラブに勤めました。一年で代表になり。ナンバー1に昇りつめました。そこで起きた汚いこと。楽しかったこと日々を綴っていきます。よろしくお願いいたします。

流川 ゆ

初めまして^^初就職で7年間ホストクラブに勤めました。一年で代表になり。ナンバー1に昇りつめました。そこで起きた汚いこと。楽しかったこと日々を綴っていきます。よろしくお願いいたします。

流川 ゆさんの他のストーリー

  • ~新人教育編~ 初指名?

  • 流川 ゆさんの読んでよかったストーリー

  • 妊娠8ヶ月の妊婦が東京に一人旅して、見知らぬ外国人と朝の4時から築地へ寿司を食べに行ったお話。1話