立ち直った26歳①

このエントリーをはてなブックマークに追加
5

 何があったのか

僕には今両親がいない。父は僕が高校生の時に離婚し、母は癌でこの世を去った。

母がなくなったあと、3ヶ月の間自分が何をしていたのか定かではない。

何もする気が起きず、もはや食事をすることすら、何か意味があるのかと考えるほどだった。

自分が世界で一番不幸だという何も意味を持たないお守りを抱えながら、布団にくるまり、

ずっと寝ていた。

もし今、僕と似たような経験があったり、打ちのめされた人の、助けになれたら嬉しい。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

過去の想い出のタグがついたストーリー

物に魂が宿ります「お気に入りのお弁当箱との別れ」

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(4)危機感2 仕事がつまらない

立ち直った26歳③

♪あるがままって難しい?でも…

流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

立ち直った26歳②

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。序章

Kouichiさんの他のストーリー

  • 立ち直った26歳②