将棋のプロ棋士、藤井聡太さんについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

デビュー以来の連勝記録が13に

2017年4月17日に、将棋のプロ棋士、藤井聡太四段が、デビュー以来の連勝記録を13に伸ばしたことが報道されました。


藤井聡太四段は、14歳2ヶ月と言う、史上最年少の年齢でプロ棋士になった、期待の新鋭です。


中学校に在籍中にプロ入りを決めた棋士は、これまで4人しか例がありません。

その4人はいずれも、プロ入りしてから、トップ棋士として大活躍していますので、史上最年少の記録まで更新してしまった、藤井聡太さんにも、当然、注目が集まります。


冒頭に述べた、連勝記録を13に伸ばしたという報道からも、注目度の高さが伝わってきます。


実は、藤井聡太さんが13勝目を挙げた試合は、日曜日の朝にテレビ放送される、NHK杯の試合だったのです。


テレビで放送される試合は、事前にその内容を収録しておきますが、放送される日まで、勝敗の結果を公表しないことになっています。

勝敗が分からない試合を放送した方が、視聴者に対して魅力的なコンテンツになりますから、放送局としては、結果を公表しない方が良いわけです。


ところが、今回の13勝目の試合については、放送日(2017年の5月)を待たずに結果が公表されました。


藤井聡太さんのデビュー以来の連勝記録については、こちらも、史上最長の記録を更新しています。

どこまで連勝を伸ばすかに、大きな注目が集まっていました。


そのため、収録を行ったNHKに対して、放送日の前に結果を公表してほしい、との要請がされたそうで、NHKの側も、結果を知りたい人が多いことを考え、特別に公表することにした・・・という経緯があったようです。


注目を集める理由

藤井聡太さんは、史上最年少でのプロ入り、デビュー以来の連勝の最長記録の更新など、既に数々の記録を残していますので、注目を集めるのも当たり前のように思えます。


しかし、彼が注目を集める理由は、こうした記録を残しているから、だけではありません。


デビューからの連勝を続けてきた、その試合の内容を見ても、「運良く勝ちを拾っている」などとは決して言えないような、実力の高さが見て取れるのです。


更に、勝った試合の相手も、実力や実績のある、手強い相手が多く、「対戦相手に恵まれた」とも言えないのです。



abemaTVという放送局の企画で、藤井聡太さんが、7人の先輩棋士と対戦する番組が放送されているのですが、勝てて2勝程度だろうという大方の予想を裏切り、藤井さんは、ここでも勝ち越してしまいました。


7人の先輩棋士と言うのは、実力者と言われる若手4人と、ベテランのトップ棋士3人で、その中には、あの羽生さんも含まれています。


勝敗の記録が残らない非公式戦ではありますが、この7人を相手に勝ち越すというのは、並大抵のことではありません。

他の先輩棋士たちも、この結果を知って、驚きを隠せなかったようです。


このように、注目を集める藤井聡太さんが、今後、どのような活躍を見せてくれるのか、とても楽しみにしています。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

父と母が離婚した時の話

入院を繰り返したメンヘラが自分で商売をはじめてデジタルノマドになった話 (2)

パプアの森の勇者デメギョの復活(アトピー地獄からの脱出) 3

パプアの森の勇者デメギョの復活(アトピー地獄からの脱出) 2

パプアの森の勇者デメギョの復活 (アトピー地獄からの脱出) 1

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

「あること」に気づいた瞬間、運気が一気に好転しはじめた!

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」前編

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

若年性脳梗塞になってみた その1 ~疲れと発症と時々たけのこ~

9.11の時のこと

祖父が教えてくれたこと

ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

Kujiraさんの他のストーリー

  • 容疑者Xの献身を見て (ネタバレあり)