《5話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

思い返してみたら、母と最後に2人並んで歩いたのは無菌室病棟で「少しでも運動しなくちゃね。」と点滴を引っ張りながら2人並んで洗濯機まで往復したそれだった。



転倒して少しでも打撲などすれば、内出血がひどくなり命も危ないことが分かるからしっかり母を支えて。



それを悲しい時間と捉えることもできるけど、

本当に楽しくて温かくて幸せな時間だった。




動けなくなってからは食べ物もずっとろくに食べられないまま、

最後に食べたのは苺一粒。


たった一粒食べるのにどれだけ時間がかかるのか…

その一粒にみんなで喜んだ。


きっと父が母のために少しでも食べて欲しいと買ってきた苺だから母もがんばって食べたのだと思う。




亡くなる2日前にはオレンジを絞ってあげたジュースを一口飲んで「おいしー!」ってすごい笑っていて。


その母があまりに可愛くておちゃめで、そこに居合わせることが出来たことが心から嬉しかった。



その次の日から母は目を閉じ、ただ呼吸をしているだけだった。


呼びかけても反応がなく、眠りについて長い夢を見ているそんな表情をしていた。






近くにある

「当たり前のようで当たり前じゃないこと」に感謝ばかりが溢れてくる。



朝気持ちよく目覚められること

好きな人が近くにいてくれること

会いたいときに会えること

お腹が空くこと

食べ物の味が分かって美味しいねと分かち合えること

健康にトイレに行きたくなること

行きたい場所にいつでも行けること

学べること

私や私の家族を心配したり想ったりしてくれる人がいること

沢山動いてほどよく疲れること

休める場所があること

いつでも連絡がとれること

温かい布団に眠りにつけること

娘の成長を見て行けること

大切な人の寝顔や笑顔が見れること



あげたらキリがない。


これも1つ1つ全部が奇跡であり、

有り難いことなんだと分かっていたのに。。



どうして意識してはまた忘れてしまうんだろうと...

母の姿にまた改めて気付かされる。。


そんな自分に虚しくなった。





母旅立ちの日へ、つづく。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

やすだ ゆき

エンターテイメント業界にて活動しながら、日本縦断や世界40カ国の旅をし、幅広いマルチな視点と感性を磨く。 プライベートでは国際結婚、海外移住、デュアルライフ、同居生活。そして、家族の病を側で支えながらの出産、家事、育児と…自らが経験・体感したことで得た人生の学びや大切な想いをSTORYにのせて…☆

やすだ ゆきさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

第3話『原動力』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

シンプルは豊かだな~としみじみ思う

過去世について

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

ニューヨーク生活でみた、ニュースの世界と日常生活の違い

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

やすだ ゆき

エンターテイメント業界にて活動しながら、日本縦断や世界40カ国の旅をし、幅広いマルチな視点と感性を磨く。 プライベートでは国際結婚、海外移住、デュアルライフ、同居生活。そして、家族の病を側で支えながらの出産、家事、育児と…自らが経験・体感したことで得た人生の学びや大切な想いをSTORYにのせて…☆

やすだ ゆき

エンターテイメント業界にて活動しながら、日本縦断や世界40カ国の旅をし、幅広いマルチな視点と感性を磨く。 プライベートでは国際結婚、海外移住、デュアルライフ、同居生活。そして、家族の病を側で支えながらの出産、家事、育児と…自らが経験・体感したことで得た人生の学びや大切な想いをSTORYにのせて…☆

やすだ ゆきさんの他のストーリー

  • 《1話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜