非正規で働くことを辞めようと思う

このエントリーをはてなブックマークに追加
5

こんにちは、初めまして。

今日は、「非正規で働くことを辞めようと思ったきっかけ」をちょこっと。

太郎
別に聞きたくない・・・
まぁ、まぁ、そう言わずに・・!


少々おつきあいくださいませ。 


大学時代に教員を目指し、その道まっしぐらで走り続けた4年間。

私にとっての大学時代は、「自由だ~~~~!!」という感じではなく、

学費を稼ぐために働き、飲み会は絶対に避ける。

とにかく返さなくて良い奨学金を獲得するため、ひたすら勉強! 


父の急逝や、それが原因?の弟のヤンキー化現象。 


自分の居場所がないってよく聞く話だけど、当時は本当にそうでした。

だから学校で遅くまで勉強するのが、自分の居場所だったわけですよ。うん、暗っ!!


そして4年生になっての教育実習。

教育実習を経験して、自分の未熟さに気づいたのです。

教員って、ただ分かる知識を伝えるんじゃない。

目の前の生徒にいかにわかりやすく、興味を持って伝えるかは、こちら側(つまり私)の経験が必要だ、と。


 そこで思いました!

そうだ、社会人経験を積もう!


タイミングよくある方から仕事のお誘いがありました。

「この仕事、マイナーすぎてぜんぜん面接受ける人がいないんだって!やってみたら?」


それは市役所でのお仕事。

人や資料を調査して、記録として残していく。つまり歴史の本を作るお仕事。

昔から月に1回発行される「地域新聞」が大好きだった私。いつか、こうして文章を書く仕事をしてみたい。そう思っていた時期を思い出しました。


まずはやってみよう・・


ところが、この時期。箱入り娘どころか、世の中知らずだった私。

私の面接、もう笑ってください。


だってね、その当時お気に入りだった半ズボン。

超おしゃれだと思っていた男物のTシャツ。

でかい輪っかのピアス。

自分が可愛く見えるであろう、お団子頭+ちょっと後れ毛散らしちゃえヘアー。

お気に入りのリュックに靴。


面接官の待つドアを開けた瞬間、みんな凍ったよね。笑

いや、私も凍った!!


面接ってスーツなの~~~~~っ!!!!!


スーツ姿の男性7人対私。


でもね、その面接にパスしました。

たぶん、全く受ける人がいなかったんじゃないかなぁ?笑



 私は環境にすごく恵まれたこともあり、とにかく社会人1年目は楽しかった。

もちろん全てが楽しいだけではなかったけど、周りの人からたくさん刺激を受けて、育ててもらった。

今でもその環境には感謝してるし、やっぱりこの方向に進んでよかったなぁって思っている。

いろんな経験が積めたからね。 


でも、じゃあ非正規辞めなくてよくね?臨時職員のままでいいじゃーーん!

十分、満足してるじゃんよーーっ!


 って思うかもしれないけど、「3年くらい臨時職員なんです~」って感じじゃなく、かれこれもう12年間、それで働いてきているのです。

任期満了を3回、職場を5ヵ所変えて、、未だ「臨時職員」なのだ。前はこう思っていた。


「ずーっと非正規でいいかな~、責任もないし~!」


が、しかし!見てしまったのです。新採用職員として入った人の給料をっ!!



えーっ、うそ、なにこれ~~~~~っ???!?!?!



私の方が残業してる。私の方が仕事持ってる!私の方が社会貢献している!!!!

私の方が仕事歴長いのに~~~!!!


それなのに、どうして~~~~~~っ!!

え~~っ!!



で、ふと気づいた。

「あぁ、そうか。非正規だからだ」って。笑


がっぽりお金がほしいんじゃない。今の環境が不満!という訳でもない。

じゃあなんで働き方を考えようと思ったのか。


それは、このままじゃあいつまで経っても周りのせいにして、

生きていく自分が見えたから。


私はこんな人生なんだ~。

私の環境は悪かったんだ~。

周りはみんな幸せだな、うらやましいな~。


ってね。


そしてあともう一つ。

職場が転々としてしまうストレス。 


人と接することが大好きで、出会った人達と良い関係を保ってきた。

でも、私には「任期」があるから、お世話になった人とは3年後、バイバイ、なのだ。


せっかく築いた信頼関係。

せっかく手にした職場環境。

せっかく慣れてきた地域。

また新しく履歴書を書き、仕事を探してハローワーク、で面接・・・


 これが非正規の現実。


どんなに実績残しても、

どんなに残業しても、

どんなに良い仕事しても、

どんなに相手に好かれても、


所詮、非正規。だから「任期」に縛られる。

ずっと仕事の内容が好きだったから、我慢してきた。

「この仕事で正規の職員になることは滅多にない」と言われていたけど、

どこかで「自分ならなれるんじゃないか」って、その奇跡を信じていた。



でも、もうそろそろ現実見ようって思った。

仕事の内容は好きだから、この仕事をフリーでやれる道を探してみようって。


私はいっつも受け身だった。

●●させられた、ってね。本当に痛い女だなって自分でも思う。


非正規になって12年。

この環境に何の疑問も持たずに生きてきた。

でも今は、もっと自分の好きな道を行っていいんじゃないかって思う。

大好きな「沖縄のこと」を、自分らしいカタチで仕事にできるんじゃないかって。


これまの環境で出会ってきた人達と、「任期」でバイバイするのはもうしたくない。

自分で作ってきた縁を、「任期」に邪魔されたくない。

お世話になった人とは、ずっと関わっていきたい。


気付くのに12年・・・

あぁ、何て長い道のりだったんだろう。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Akamine Miyukiさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

Akamineさんの他のストーリー

  • 非正規で働くことを辞めようと思う