Storys.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
181
CEOのJamesRiney, エンジニアのTakuroと一緒にStorys.jpというサービスを開発しています。
また、和田さん、アンリさんから投資を貰い、毎週ミーティングをしつつ、日々ブラッシュアップしています。
3人のチームで僕はCTOとして頑張ってます!応援してください!
http://storys.jp
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

頑張ろう!

がばしょ!

がばちょ!

がんばろう!

これから少しずつ書き綴っていきたいと思います^^☆素敵な場所をありがとうございます!!

素晴らしい試みだと思います(^_^)応援しています!

前々から興味はあったのですが、友だちがここで一気にブレイクしたのをキッカケに、手探りながらはじめてみました。 宜しくお願いします。 トップ画面でダイレクトに和田さんにコメント送れる仕様も素敵ですね! 応援してます。

和田 晃一良

2009年に東工大に入学。3年次からウェブアプリ制作会社でアルバイトを始め、そこでandroidアプリ、iPhoneアプリなど様々なものをつくり始める。 その後、クックパッド主催第三回開発コンテスト24など様々なハッカソンで優勝し、その賞金を生活費として生きる。そして4年次の後期からこのSTORYS

和田 晃一良さんが次に書こうと思っていること

|

和田 晃一良

2009年に東工大に入学。3年次からウェブアプリ制作会社でアルバイトを始め、そこでandroidアプリ、iPhoneアプリなど様々なものをつくり始める。 その後、クックパッド主催第三回開発コンテスト24など様々なハッカソンで優勝し、その賞金を生活費として生きる。そして4年次の後期からこのSTORYS

和田 晃一良

2009年に東工大に入学。3年次からウェブアプリ制作会社でアルバイトを始め、そこでandroidアプリ、iPhoneアプリなど様々なものをつくり始める。 その後、クックパッド主催第三回開発コンテスト24など様々なハッカソンで優勝し、その賞金を生活費として生きる。そして4年次の後期からこのSTORYS

和田 晃一良さんの他のストーリー

  • プログラマは社会の底辺がなる職業だと思っていたら、プログラマになっていた話

  • 和田 晃一良さんの読んでよかったストーリー

  • ネイティブ英語が通じないこともある「世界を相手にする英語」〜自分の英語アイデンティティを知る〜