社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(1)

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(1)
▼他22件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

※諸説、色々あると思いますが、1平社員の目から見たお話として御覧ください。

2014/8/20 宝島社より書籍化されました!ありがとうございます)


それはテレビの中の出来事ではなかった・・・



あれは、2006年1月。当時、六本木ヒルズの38Fにて、携帯サイト(今で言うガラケー)のWebディレクターをやっていたときだった。自分の年齢は33歳だった。

いつもどおりにお昼を食べ終わった15時くらいだったろうか。1通のメールが自分の携帯に届く・・・


知人A
「お前のとこ、大丈夫か?」


は??何がだ?地震でもあったろうか。。何かの間違いかと思い、気を取り直して仕事を続けていると、またすぐにメールが着信、、、


知人B
「なんか大変なことなってるぞ!」


全然関係のない2名からのメール。これはもはや偶然とは考えにくい。。。


そのうちニュース報道部門(ライブドアニュース。事件後に解体)の方にはテレビが置いてあったのだが、にわかにそこがざわついたと思うのもつかの間、広報の乙部さん(秘書ではない)が何やら叫びながら入ってきたような気がした。

ライブドア事件が起きた瞬間だった。


バイバイヒルズ


事件前、ホリエモンはメディアに出演することがどんどん多くなり、「ヒルズ族」なんて言葉も飛び交っていたが、社員の実態は寝袋でサービス開発のために日夜寝泊まりしているような、そんな状況だった。連結社員数が2700人程度にまで膨れ上がっていても、まだまだ現場主義を貫いたベンチャーな状態だったといえば聞こえは良いのだが。


事件が起きた時に正直な気持ちは?と聞かれれば、実は「ホッとした」という気持ちが半分、「やっぱりな」という気持ちが半分だった。悔しいという気持ちもなくはなかったのだが、会社も社員も事業も、相当無理をしてきていたため、何か良からぬことが起きるのではないか、と薄々感じていた。そしてこのペースを続けていくのは色々もう限界だった。


ただ、それが「不正を働いた」というイージーな結末で片付けられてしまうのは信じられなかった。何か踏み入れてはいけない世界へ入ってしまい、結果、はめられたのではないか。今でもその気持は変わっていない。


もちろん世間の目は冷たかったのだが、自分の知る限り、仕事をやっていた同僚・仲間の中に後ろめたいことをやっていた奴は知らないし、なにより、livedoorのポータルサイトはじめ、Blogなどのサービスが好きで使ってくれているユーザのために、サービスを、サイトを、会社を、継続させていかなければいけない。

経営者をなくした後、その会社のDNAが試されているような気がした。

事件から1年半後の2007年7月、livedoorは六本木ヒルズから、赤坂ツインタワーへオフィスを移すことになる。


【お知らせ】このストーリーに大幅に加筆修正した書籍が、2014年8月20日、STORYS.JP書籍化第3弾として宝島社から発売されました!

単行本: 254ページ

出版社: 宝島社 (2014/8/20)

言語: 日本語

ISBN-10: 4800226678

ISBN-13: 978-4800226679

Amazonの注文ページはこちらから


楽天ブックスの注文ページはこちらから

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

はっ、この話はまさか!?めっちゃ聞きたいですね。

私もあれは「はめられた」感じがしてなりません。

コメントありがとうございます!
嬉しいです!

ぜひぜひ、他のストーリーにもコメントいただけると嬉しいです!

コメントありがとうございます!

確かにすり替えとも読めますよね。。反省です。

ぜひ、もっと感想いただけますと幸いです!誠にありがとうございます★

小林 佳徳

2014/8/20 STORYS.JP書籍化第3弾 http://ow.ly/ALYBF http://xbeeing.com/ ★すべての発言は個人的な見解であり、所属する団体とは無関係です★ スーパーカー、特ににランボルギーニが好きです。 国産ではHONDA(NSX、S2

小林 佳徳さんが次に書こうと思っていること

|

小林 佳徳

2014/8/20 STORYS.JP書籍化第3弾 http://ow.ly/ALYBF http://xbeeing.com/ ★すべての発言は個人的な見解であり、所属する団体とは無関係です★ スーパーカー、特ににランボルギーニが好きです。 国産ではHONDA(NSX、S2

小林 佳徳

2014/8/20 STORYS.JP書籍化第3弾 http://ow.ly/ALYBF http://xbeeing.com/ ★すべての発言は個人的な見解であり、所属する団体とは無関係です★ スーパーカー、特ににランボルギーニが好きです。 国産ではHONDA(NSX、S2

小林 佳徳さんの他のストーリー

  • 社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(最終回)

  • 小林 佳徳さんの読んでよかったストーリー

  • 第13話 ルカとの出会い【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】