肩書きなんて要らない?

肩書き と 偉さ

肩書きってなに?

肩書きは狭義では「地位」「職名」「役職名」 
つまり社会の中でのエラさだ。

肩書き、というとエライひと
社長、とか、教師、とか、管理責任者というところを思い浮かべるが

実は社員、パート、アルバイト、学生、こども 
なんかも広義の肩書きだ。

よく「地位も名声も要らない」という言葉を聞く。
でもこれは「肩書きが要らない」とは
本質的に意味が違う

最初に面倒くさいことをいうけれど
私が混乱していたことでもあるので
ここで言葉の定義をしておく。

ここで話す肩書きは「地位のある役職」ではない。
「アナタ」を定義する、短い代名詞だ。


私のはなし

私は日本の法律で言うところの医師です。
が、一度私は医師の肩書きから
一度 完全に離れる決意をしました。
理由はみっつ。

海外で暮らすことになったから。
子育ての真っ最中だったから。
肩書き無しの私個人として 
認められるかどうかやってみたかったから。

最初の理由はあまり理由ではない、本当の所をいえば。
『もう一度研修医?
それは嬉しくないなぁ・・・
どうせ下積みするなら 別の形がいいな。』
というところか。

二番目の理由も 結構あやふや。
あと少ししか我が子に関われない、というのが最初の気持ちだったけれど
今の私は結局なにかしらに専念していて
子どもべったりなわけではない。
(それで良いと思っているけれど)
(そして、実際子供達も 寂しいといいながら
そんなお母さんの方がいいと思っているらしい)

敢えて言うなら最後のものだったのかもしれない。

学生の時から「医学生」という肩書きは特別だった。
免許を取ったら その威力は驚くモノになった。
私個人の未熟な人間性とかお粗末な診断能力とか
そんなものはかるく吹っ飛ばして
まさに肩書きが一人歩きしていた。

仕事を通して自分の中に溜まる葛藤や無力感
善くあろうとすると答が複数でることもある
そしてどれが最善の選択肢かは
いつだってわからない
絶対の答はないものだ
そう理解し(たつもりで)歩み続けるけれど
自分が最善には辿りつけないことは 
私自身が一番良く知っている

私を知らない人に言われる言葉が嫌だった
「お医者さん?すごい!」
いえ、医者=凄い人 な訳じゃ、ないですから。
(今になれば、社交辞令でも「頑張ったのね」と言う言葉だと
素直に受け止めることができるけれど。)

医学部に入る前に浪人した。
この時初めて肩書き無しの自分になった。
このときは不安で仕方無かった、
社会のどこにも属していないわたし。
使えそうにもない私。

よく考えれば その時代すでに
浪人生 は立派な肩書きだったのだけど。

身分証明書であり履歴書であり

肩書きとは
初めて会う人に「こんなひとかな」と言う検討をつけさせるもの
ものによっては 信用と信頼を意味し
財産を意味し
「ふつう」を意味し
「特別」を意味し
「許される立場」「許されない立場」を意味し
つまりは 社会の中での簡単な身分証明書であり
通行手形だ


そして今思う
「肩書き」は捨て去ることはできないものだ
いや、もともとそんな選択のないものだ

地位は諦めたり捨てたり出来ても
自分が何者か を人に示しながら生きなければ
他人は私との距離も測れない
かといって出会う人全てに
30秒で自分の半生を語ることも出来ない
それが 肩書きは一言で 
私の15年を要約してくれる

肩書き:How diverse I am

母というのも妻というのも肩書きのひとつだし
女性というのもひとつだ
(無駄に箱のなかに入れるもの、という人もいるが)

肩書き、とは こんな風に考えてみれば
つまりdiversity(多様性)だ。
長短問わず どんな人生を歩んでいるかを
一言で表す(あるいは表そうとする)言葉だ。

私は「ぽちゃっとした」「中年女性」で
小学生二人の「母」で
専門職の夫の「妻」で
「元気なひと」で
「4人姉妹のひとり」で
両親にとっては3番目の「娘」で
「アジア人」で 「日本人」で
・・・・

ここまでで 私 という人間の側面が大分見える
皆さんの頭のなかに
一般イメージの「オバサン」が生まれただろう

ここからはちょっと違うが それでも「私」の補足にはなる

私は「元外科医」で「病理医」になって
「元研究職」で
「投資家」で 自分の会社の「社長」で
ある団体の「地域代表」で

この数行は 今の私をもっと表していく肩書き達だ
私の興味、私のコンプレックスをもふくんでいるが
そんなこと 多くの人には見えないに違いない

肩書きをなくしてみたい なんて思っていた
けれど 今は なんて無駄なことに
エネルギーを向けたのか、と思う。
それは着飾って見栄を張ることと同義であり対義でもあり
ハダカの王様になって笑われることでもある。

名誉は自分でどうこうできるものではない
地位も自分で決められない(望めるが)
肩書きは一歩 人生を踏み出す度に
あしあとのように増え
影のようにいつもついてくる
私は大きな勘違いをしていた
「肩書きなんて要らない」のではない
「肩書きは私の日記」なのだ
肩書きは 自分の日記へつけてもらう
「よくできました」の花型スタンプだ

名声はいらない それはOKだ
肩書きは 例えその場を離れても 期限が切れても
過去形で残っている。
影ぼうしの一部になっている。

自分を中途半端だと思っている
だからつきまとう影が嫌だった

でも選んだときは与えられた選択肢の中で
自分にも大切な人々にもベストのものを選んだと思っている
それを後出しジャンケン宜しく
勝手に批判していたのは私の間違いだ

どれもこれも「中途半端」レッテルじゃない
「きちんと経験してきたね」の
金色シールにがふえているに過ぎない

そしてそう思ったとき
初めてありのままの自分で勝負、という意味が分かった
地位・名誉ではない肩書き付きの自分
私の沢山の肩書きが
私の40数年をあらわしている。


あなたはそのままが素晴らしい、それが肩書き

ひねくれた考えでいたから
他の人に伝えたいことがある。

「私は何もできないから」
「自分なんてただの会社員だから」

そうだろうか
ちょっと考えてみてください。
私が自分の小さな肩書きから始めたように

「男の子」「ひとりっこ」
「友達のなかではXXXのゲームでは負けない」
「○○高校に行っている3年生」
「将棋がすき」
こんな子が他にいますか?全く同じ子がいますか?

似ている人はいてもきっとどこか違う
それがdiversityだ
diverse(多様性のある、違う)な部分に目をむければ
それは「面白み」という評価にもなる

「やりたいことが見つからない」も立派なdiversityだ
自分を掘り下げようとしているからその表現が出る

これから社会へ、というひとたちに
そして私のところからいつか巣立つ子供達へ
肩書きは自分で作れるという本当の意味を伝えたい
地位、名誉は他人から決めてもらうものだ
でも肩書きは 日々の君たちの足跡だ

どんな仕事にも言えることだけれど
1万歩同じ足跡を残すことは本当に凄いこと
同じように
一歩は深く地面にめり込み 他はつま先立ち、だって凄い
その勢いを 他のひとのしないやり方を
敢えてしてみた その勇気が肩書きだから

君たちはそのままでいい
時々自分の「肩書き」を
私がさっきやってみせたように書き出してみれば
君たちがきちんと歩んでいる軌跡が見える
その素晴らしさを ただ真っ直ぐ認めてあげれば
他人の良さも違う所の素晴らしさもわかる

Everybody is Special.

そして思う存分
いろんな肩書きを身につけてください

だってこの年になった私ですら
まだ新しい肩書きを求めて歩いているんだから。
そしてそれは
ちっとも難しい事ではないんです。
 
読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

いやー、いいお話です。しかも、医師というある意味究極の肩書きを置いた方の話は説得力がありますね。肩書きって生きているとどんどん増えて行きますよねー。僕は、自分の『名前』に最終的に負けないよう、最近頑張ってます。

坪田さん>こちらまで足を伸ばして頂いて有り難うございました。自分としては人を押しのけて得た資格を使っていないことにもの凄い罪悪感があり、これが時に自分をしばりつけていることに気付き、これを書く気になりました。坪田さんの「人をそだてる」お仕事、凄いと思いますし憧れます。私の経験が誰かのためになるならいいな、そんなことを今は思っています。

やっぱり、「肩書き」がある世界で、生きている。
「しがらみ」にも近いかもしれないですね。

枝廣さん、コメント残して下さって有り難うございました。

そうですね、自分でも見方を変えたら諦めがついたことでした、そんなことにじたばたするエネルギーこそがもったいないと。しがらみも、ある見方をしたらご縁にもなり得ますからね。

言葉で表現してこそなんぼ、ですが、同時に言葉にしばられる自分にならぬよう気をつけなきゃ、というのが今の課題です。

この感覚、ものすごく共感します。浪人中の社会的身分の無い生活・・・。働いてもいない、学生でも無い・・・不安でしかたありませんでした。

ここ泣けます。

ありがとう、内藤さん。

内藤さん、コメントありがとうございます。「浪人生」という不思議な立場が存在しているのは日本だけ?なのでしょうか。でも同時に、あまりに不思議な立場だからこそ、「お勉強」以外で学ぶ事も沢山あった(そしてそれは、長い時間をかけて出来上がるお酒のように、最初は全く見えないけど大きな何かをもたらす)と、負け惜しみじゃなく言えます(今だから 笑)。

大変興味深く、心が温かくなるお話でした。社長や会長、教授や医師等という肩書が付くと、飲食店や宿泊施設、電車の席に至るまで、一般人とは違うというイメージを持っていましたが、周囲からの決めつけによって、息苦しい思いをしている方も多いのかもしれません。肩書は日々の足跡というのは、新たな視点で素晴らしいと思います。

たかな ともこ

医師から専業主婦、ボランティア組織地区代表。チャレンジし続ける今日この頃。2児の母。

たかな ともこさんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

これがおれの2年だ!! 偏差値40高校出身のぼくがスタンフォードとUCバークレー大生限定のハッカソンに無理矢理参加して2位に入賞した話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の三・記念受験】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の一・赤本】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其のニ・読書】

作曲知識0だったわたしがシンガーソングライターになり、全国のカラオケにも配信され世界をマーケットに【日本】を表現したPVを作った話

「勉強なんてできても将来何の役に立つの?」と馬鹿にしていた中高成績ワースト3のテニス脳筋がまじめに勉強を始める冒険①

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑨

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑧

生まれ変わったら『絶対に男になりたい』と30年間思い続けた“専業主婦”が女の世界に飛び込んだ理由 〜キッカケはある日、突然に〜

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険④

たかな ともこ

医師から専業主婦、ボランティア組織地区代表。チャレンジし続ける今日この頃。2児の母。

たかな ともこ

医師から専業主婦、ボランティア組織地区代表。チャレンジし続ける今日この頃。2児の母。

たかな ともこさんの他のストーリー

  • 肩書きなんて要らない?

  • たかな ともこさんの読んでよかったストーリー

  • 瀬名秀明と野口英世に憧れて薬学部を目指した話