いじめとひきこもりから映画監督に(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加
584

チャットで出来た友人を心から信じられた

私が常連になったチャットは、「Terry's Wander Chat」(WanderはきっとWonderなのでしょうけど、原題のまま)通称「てりちゃ」と呼ばれていました。
Yahoo!検索で17位に登場していたそのチャットはアクセス数が当時10万ほども行く人気サイトだったのです。
なぜこのサイトを選んだかと言えば、他のチャットと大きく違ったものがあったからです。

2000年当時でアイコンが付けられるチャットは珍しかった

当時は、ISDNが普及し始め、通信速度も大変遅い時代でした。そんな時代ですので、文字をリアルタイムで更新していくチャットのサイトはサーバーにも負荷が大きく、俗にいう「重たいサイト」の代名詞でした。
Yahoo!検索で上から検索していきながら、どれもピンと来るものがなかった中に、17位にあった「てりちゃ」はアイコンを付けることができるチャットだったのです。
こんなアイコンが10個以上も選べるチャットだったのです。アイコンもかわいらしいところがとても気に入り、このチャットに初めて飛び込むことになったのです。後で知ったのですが、これらのアイコンはPostPetというメールソフトのキャラクターたちだったのです。PostPetのことを知らなかった自分は、純粋にアイコンが付けられる属性の特徴に惹かれたのだったです。

初めてのチャットは驚愕の出会い

実世界から逃げるように飛び込んだチャットの世界で待っていたのは、自分が18年間出会うことがなかった出会いでした。それは、小さい頃から大人の世界に憧れ、世代を越えた人と話すのが大好きだった自分にとってはまさに夢のような出会いでした。

大工の兄ちゃん、ニートの大学生、水商売のお姉ちゃん……

偏差値だけを争ってきた自分にとって、自分とは全く異なった生き方をしている人と会話できることに身震いがしたのを覚えています。
小さい頃から、仕事や大人の世界に強い関心があった自分にとって、彼らとする話は、自分が小さい頃から憧れていた世代を越えた人と触れ合いたいという願いをそのまま、叶えてくれました。
当時は、まだインターネットがさほど普及していない時代でしたから、誰しもがネットに慣れている時代ではありませんでした。そんな中で、チャットに慣れ親しんでいる人たちでしたので、皆個性的で、話していても話題に尽きることはなく、チャット漬けの生活はさらに加速をしていいったのでした。
チャットの常連A
昨日、大井競馬に行って10万すっちゃったよ〜
19歳のおいら
競馬ってどうやってやるんですか?
チャットの常連B
大学3年なんだけど、学校行かないで、バイト生活していたら、店長になっちゃったよ〜
19歳のおいら
単位とか大丈夫なの?
チャットの常連B
いいの、いいの。退学しても生きていけるから。


チャットの常連C
今日の客、最悪〜。
19歳のおいら
なんの仕事してるんですか?
チャットの常連C
ん? 水商売。キャバクラで働いてる。
みたいな会話が連日続き、既に常連であるチャットの仲間と次々と仲良くなっていき、チャットの仕組みにも慣れていって、対人恐怖だった自分が、少しずつ自分から話をすることができるようになったのです。

チャットの常連D
君、仕事何やってるの?
19歳のおいら
大学生です。一年生です。
チャットの常連D
へー、どこの学校?
19歳のおいら
早稲田です。
チャットの常連D
勉強できるんだねー。
19歳のおいら
東大落ちたんですよ。
チャットの常連D
へー、東大! アタシなんか中卒だよ〜
東大や医学部が当たり前の学校に6年間もいると、大学に行かない人に出会うことなど全くなかった自分が、高校に行っていない人と話せることは、緊張と共に高揚感でいっぱいでした。

話を聴いてくれる仲間が沢山いた

18年間の人生で何より違った感情が、「自分の話を聴いてくれる人がいた」ということでした。
それまでは、テレビドラマの話や歌手の話をしても、無視されるかバカにされるかだった自分の話を、年齢や身分に関係なく、チャットの友人はいろいろと聴いてくれたのでした。

チャットの常連A
おまえ、どんな歌が好きなの?
19歳のおいら
ユーミンとオザケンです。
チャットの常連C
へー、いいね! 私も大好き。ユーミンは、恋人はサンタクロースが好き。私はオザケンよりも小山田圭吾がいいな。
19歳のおいら
小山田圭吾って?
チャットの常連D
あ、あたしも。君知らないの? フリッパーズだよ。
みたいな会話が続き、自分の興味と共に、知らない知識や世代を越えた話が朝から深夜までずっと続くのでした。現実世界にはないこの感覚に、ある種の中毒のようになり、24時間チャット生活が続いたのでした。

いつしか常連に、そして初めてのオフ会へ。

いつしか「てりちゃ」の常連となった私は、オフ会という言葉を初めて知ることになりました。チャット上の友人がリアル空間で出会うのですが、顔が膿だらけ、他人が怖い自分が、そんなリアルな空間に出て行って、学校のように拒絶されるんじゃないかと、ビクビクしながらオフ会の当日を迎えたのでした。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

すごい。。。 素敵な会話ですね。

当時を思い返すと、いろんなことをこの方たちから教わったなと、感慨深くなります。

#これは読んでおきたい!

ああ 素敵ですねえ。文脈を超えて価値観が交わされるのは、ネットのあたたかさだなあと感じました。このサイトもそうなれば。

本ステキなサイトですよね。私もストーリーを大切に日々創作活動をしているので、本サイトの存在にとても共感しております。文字だけの会話から生まれる新しい可能性は、この2000年当時から感じておりました。続きも是非、楽しみにしていて下さいね!

知らない知識や世代を超えた会話、最近になって経験してたしかに中毒になるなーと思いました 辛いこともありますが(^_^;)

ネットは現代の寺子屋だと思っています。溢れかえる情報にも取捨選択が必要な時代ですよね。

古新 舜

映画監督・コミュニケーションデザイナー 映画×教育をテーマに、世の中の当たり前を疑う姿勢、決められたレールから外れることの大切さ、2つの違ったものを融合させる姿勢をテーマに、作品創りを行っている。「シネマ・アクティブ・ラーニング」を各地で開催し、社会人基礎力を養うワークショップを展開する。次回作は、

古新 舜さんが次に書こうと思っていること

|

古新 舜

映画監督・コミュニケーションデザイナー 映画×教育をテーマに、世の中の当たり前を疑う姿勢、決められたレールから外れることの大切さ、2つの違ったものを融合させる姿勢をテーマに、作品創りを行っている。「シネマ・アクティブ・ラーニング」を各地で開催し、社会人基礎力を養うワークショップを展開する。次回作は、

古新 舜

映画監督・コミュニケーションデザイナー 映画×教育をテーマに、世の中の当たり前を疑う姿勢、決められたレールから外れることの大切さ、2つの違ったものを融合させる姿勢をテーマに、作品創りを行っている。「シネマ・アクティブ・ラーニング」を各地で開催し、社会人基礎力を養うワークショップを展開する。次回作は、

古新 舜さんの他のストーリー

  • いじめとひきこもりから映画監督に(5)

  • 古新 舜さんの読んでよかったストーリー

  • 許すことをやめて認めることを頑張ることにした