高校生が突然ヒッチハイクしだす話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は大阪生まれ大阪育ちの18歳高校生
大学も10月に決まり高校生活最後のテストも終わり
長い3年間の高校生活から解放された
2月の出来事である。

2月が半分過ぎたころの僕というのは
毎日寝て食って糞して寝るの
ニートだった。
僕は昔から日本一周する人やヒッチハイクで各地を飛び回る人などのブログを見るのが好きで
いつかやってみたいと思っていた。

僕はそこである事に気づく…

「今できるんじゃね?…」


その日僕は朝に寝て
起きたのが18時ごろだった
僕はなんてクソ野郎なんだ
僕はなんてクソ野郎なんだ
そんな自分にさよならするべく
突然旅に出ることを決意した。
「日本一周は北海道が無理だ」と思い自分にできそうなことを考えた…

「大阪東京間ヒッチハイク??」
これにしよう!

いつもはここで終わる僕が
この日は自分が惨めすぎて
「僕はクソだ」と呟きながら
「そうだ僕は行くのだ!」と決心し
行動に移せた。

晩ご飯のカレーを食べ
机の上に「旅行に行ってきます」
と置き手紙をし(親に連絡すると絶対止められたから)家の鍵を閉め出発!


まずはじめにペンとノートを買わなければ話にならないのは知っていた。
家から徒歩30秒のコンビニで買って
近くの国道まで歩く。
※ちなみに出発は寝屋川です

歩くところ40分で国道に着いた
とりあえず初めは「東京」とデッカく書いた…
……
そう言えば誰かのブログに
ヒッチハイクのポイントは遠すぎずなおかつ歩いて行けない距離を書くのがポイントだ」っていうのを思い出して恥ずかしくなった
よくよく考えるとそうだよねww
それじゃ旅じゃないよねww
ただの知らない人とのワンマンドライブだよねww
ってなわけで遠すぎず歩いて行けない距離なおかつ車で連れて行ってもいいかなぁ?って思われるような距離
八幡
そうだ八幡に行こう
八幡に行ったら東京に行ける
そうだそうだ

国道に出てから
10分ほど【八幡】を持ってると
ヤンキー風の高校生と中学生くらいのその高校生の妹であろうかという人が寄って来て

ヤン風高「あのー、、、八幡までですか?
もしよかったら乗って行きますか?」

「いいんですか?!ありがとうございます!!」

(あれ?まだ紙持って10分だよ…
こんなに簡単にいいの?
ヒッチハイクとか余裕じゃね?)」
と心躍る

「すみませーんありがとうございます!!」

がちゃ

4人家族の車に乗せてもらいました。


「可愛い子が【八幡】って紙持ってたから、うふふ」

「あっ、はい。(決まったぜ)」

ヒッチハイクにおいて笑顔は重要で
たった通りすぎる3秒くらいの間に
どれだけドライバーを「あの子なら乗せてもいいかな?」と同情させなければいけません。
そんな僕は常に満面の笑みでヒッチハイクしてました(笑)

「歳いくつや?!」

「18歳高校生っす」

「なんでヒッチハイクなんかしてるんや」

「何となくです(笑)」


そんなこんなで話は進み


「どこまで行きたいん?」

東京っす」

「なんで八幡?」

「一号線…(小声)」

家族一同「わっはっはwww」

「それやったら大山崎の方まで行ってトラック運転手に高速で東京まで乗せてもらう方がいいやろ」

「…」


そんな道があるとは…


大山崎までは送れないから高槻でいいか?」

「はい!」

横綱は目立つからいいとのことで高槻の横綱に下ろしてもらいました。


「とりあえず大山崎に行って
高速に乗るんや」
っていうのを聞いた僕は
とりあえず大山崎まで…

大山崎は高速のインターが沢山あってトラックも多く
運良くそのトラックに乗せてもらう作戦に出る
なにはともあれ大山崎へ!

大山崎】と書いたノートを持つこと20分
20代前半のカップルさんがゾロゾロと近づいてきた

大山崎までならいいよ!」
「いいんですか?」
「でわ遠慮なく」


物静かなカップルさんで
会話が特になかった…
と思いきや
「彼女いてるん?」
「はい、居てます」
「どこが好きなん…」
「えっと…」
2秒後…
「すぐ答えないとか好きじゃないんか?」
「…(何言ってんだこの人…)」

大山崎で下ろしてもらい
「頑張ってトラックみつけやー」とのアドバイスをもらい
トラック狙いで
東京に行きたい
次のSAまで乗せてください
と書いたノートを持つこと10分…

誰も見向きもしてくれない…
「あれ?…」
これじゃダメだと思い
大津】にしてみる…
持つこと10分…

だが変化なし!
誰も見向きもしてくれない…
「くっそなんで誰も見てもくれないんだよ」
今まで順調だったのにここで詰まるとわ…
よし!ここで作戦変更だ!
笑顔(スマイル)解放
超絶の笑顔でドライバーを睨みつける作戦にでる

ここからはドライバーと僕との勝負である。
僕はドライバーをこれでもかという程の笑顔で睨みつける
ドライバーと目が合う



だが



スルー…



スルー…



スルー…

すぐに完敗

流石にどこかおかしいと思い

調べると大津は通りませんでした(笑)

バカじゃんwww
ドライバーみんなに「クッソワロタww大津通らない乙www」
とか思われてたんだろなぁ…

てなわけで行き先を
考えに考えること10分…
宇治だ!宇治しかない!!」
程よい距離だし乗せてもらえるはず

ダメでしたwww

やけくそになって「草津」でいいや
ってなったのが大山崎についてから
1時間30分
その間拾ってもらうポイントも移動しまくり
さらにどこで拾ってもらえばいいのかわからなくなっていた
何が正解なのか完全に見失っていた

「もう帰りたい…

こんな寒空の下俺は何をしているんだ?…

何が『冬が寒くてほんとによかった』だよ

バンプの野郎…

凍え死ぬわ

しかもこっちは手袋忘れたんだよ

ノート持つから萌え袖すらできないんだよ

てかそもそも俺何してんだよ

頭おかしくなったのか?」

そんな自己憎悪が増すにつれて
つぎの矛先はドライバーに向かった

この時の感覚は「ドライバー様に乗せて頂く」と言う感覚がなく「車に乗る」と言うクソみたいな感謝のない感覚だった


「ドライバーさんよー、君たちの求めている答えはなんなんだ!おい!

乗せてくれよ

こんなに寒そうなところにいるんだぜ

100mでもいいんで乗せてください…

お願いします

もう無理です

ドライバー様乗せてください

本当に調子乗りました

ごめんなさい

乗せて頂けませんですか?

誰か…

誰かぁああああああああ


僕は寒空のした1時間30分スルーされ続け
心がズタボロになり
出発した時の自分を焼き土下座させたかった
もうダメだ
もうダメだ
あの時の自分氏ね
あの時の自分氏ね
もう帰ろう…
帰れそうにないし
いやもうここで寝よう
神様今までありがとうございました。

寝袋とかは持ってないです


その時…



草津まで行きたいの?」

「乗ってく?」

神様が現れた


若いイケメソな男の人だった。

僕は諦めかけた
いやもはや諦めてた
ただ帰る方法がなかったのだ!

「こんな夜中(深夜1時くらい)に拾って頂いてありがとうございます。
本当助かります」

イケメソ「一瞬迷ったんだけど、草津までならいいかなーって
ちょうど話し相手も欲しかったし(爽やか)」

(なんていい人なんだ
神様なのかこの人は?
本当は神様なのか?)

「僕もうここで家に(天国に)帰ろうかと迷ってましたw」

イケメソ「高校生なのに一人でヒッチハイクなんていやー君すごいよ!!」

「いやーそんなことないですよ。てへぺろ」

イケメソさんは美容師をやっていて
優しい神様でした。
後日お礼を言いに行く予定です。

車の中でお喋りしながら
進むこと50分くらいで
草津に着く。
この時の50分は本当に幸せでした。
人の優しさがわかった気がしました。

草津SAにて

「本当にお世話になりました!あなたがいなければ僕は家に(天国に)戻ってましたよ」
イケメソ「その行動力があるなら東京までいけるよ!!」
「ここまで来たのならやってやりますよ!!ww」
最後はイケメソらしく熱い握手でさよなら。
もうここですでに泣きそうになってる僕
できることならイケメソさんにこのまま東京まで連れて行ってもらいたかったくらいだった。

草津でイケメソさんの余韻に
浸りながら【名古屋】と書いた紙を持っつこと30分…


????لا تذهب لركوب لنا

「はいぃ?(あっやべぇ)」




今日はここまでです。ここまで読んでいただきありがとうございました。続きは後日書きます。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

大川 将吾さんが次に書こうと思っていること

|

大川 将吾さんの他のストーリー

  • メリット・デメリットの憂鬱