ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(6)

▲他16件のストーリー
ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(6)
▼他6件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
506

インスパイア?オマージュ?いいえ、パクリです。

「パクリ」という言葉がある。「他人のアイデアや企画をそのまま取ってきて、楽をして美味しい思いをすること」というネガティブワードであり、誰でも知っている言葉の1つだろう。


当時、livedoorのパクって作られた?と噂されているサービスを振り返ってみた。


1.livedoorフレパ

2005年1月サービス開始(最初はlivedoorフレンドパークという名前だった)。

(mixiのサービス開始が2004年3月だったが、まだそれほど伸びておらず)あくまで、SNS流行の兆しを受けてのスタートだったのだが、その後のmixiの伸びをみて「デザインはmixiをパクれ」という話になったようだ。

しかし、2005年10月にあのGREEも、mixiとほとんど同じデザインにしている

結局サービスは、モバイル対応したり招待制を廃止したりしたが、mixi、GREE、モバゲーの成長に追従できず、2008年11月サービス終了してしまうのだが、今でもオープンソース化してサービス提供している無料SNSの「OpenPNE」でも、いまだにこのmixiレイアウトを用いていることから、実質、和製SNSの標準レイアウトだったとも言えることからも、皆が皆、mixiデザインへの変更は妥当な判断だったとも言えるのかもしれない。


2.livedoorPICS

2005年9月サービス開始の画像共有サービス。ご存知(?)、Flickrのパクリである。

#そのFlickrも、Facebook、スマホ(iPhone)の台頭や買収されたYahoo!の業績悪化の影響か、一時期の勢いを失ってしまい、ネットの世界がいかに諸行無常であるかという感情を禁じ得ない。


インターフェースこそそっくりではあったが、裏側の仕組みの部分は、livedoorの開発力あってこその実装がなされており、前述のlivedoorフレパlivedoorブログなど、各自社サービスとの連携機能もあり、クローズ前にはそれを惜しむ声も多かったが、2013年9月サービス終了。


3.livedoorポータルサイト

今でこそYahoo!JAPANとは、ここまでは似ていないが、2006年ごろ(下記の図)は、これまたパクリと言われても仕方ないほど似ていた(似せていた

今見ると、カテゴリ一覧や、バナー広告、右側のサイドナビといい、クリソツである。これも当時、社内では「いかがなものか」と物議をかもしたのを覚えている。


とはいえ、利用者のブラウザの幅のサイズや、広告のバナーサイズなど、同じにしておくことで色々都合が良いこともあり、「ポータルサイトの標準ルール」として、一番人気があるレイアウトにそろえておけば、ユーザーにとっても使いやすい面もあったとおもう。


それではいったい、何に価値があるのか?

何が言いたいかというと、「パクリはいけないことです、やめましょう」ということではなく、「もっとガンガンにパクリましょう」ということでもない。

それではいったい、サービスにおける何が価値のあることなのか?」ということを考えるべきではないかと。


近年の、起業家や投資家の間で次のような話がある。

アイデアには価値はない。実行力、実践力にこそ、価値がある。

特にネットサービスやアプリケーション・ソフトウェア業界において当てはまりやすいと思うのだが、

単に見た目だけを模倣しても、同じ価値を出すことはどんどん難しくなってきている」ということだ。


だからといって著作権を侵害して良い、ということではないが、例えばYoutubeによる著作権コンテンツのアップロードを100%制限・監視することは難しいのだから、逆手にとって公式チャンネルで先に流してしまったり、コンテンツ自体は無料で配信し、ライブやグッズなどで回収する、といった価値の伝えた方をシフトした事例も増えてきている。


また、リリースから2年が経過してもなお、衰えを見えない、大人気スマホゲームの「パズルアンドドラゴンズ」だが、いかにも、パクったゲームがその後いくつも出たが、オリジナルを超えるものは今なお、でてきていない。


それはなぜか?


それは、表面上だけの模倣では出せない、絶妙のゲームバランスを保ち、ユーザーを飽きさせないための「アプリ運用力」、そのための「データ分析力」、大トラフィックにも耐えうる「インフラ維持力」など、全て、日々の「アクション」があるからであろう。

※だからといって全てのアクションがうまくいくとは限らず、あるイベントはゲーム全体のバランスに悪影響があったのか、予定より早く終了したものなどもあったが、失敗したと思ったら潔く、すぐにやめるアクションが取れるかどうかも重要だ。


それらは一朝一夕に培われるものでもなく、今後、企業として勝ち残っていくためには、それらをいかにして日々、社内ノウハウとして積み上げていくことができるかにかかっていくのではないだろうか。

ただコンテンツをたくさん保有していれば良い時代は終ろうとしているのかもしれない。


しばらく、GREEとDeNAが、釣りゲーム著作権問題で訴訟を起こしていたが、これからのビジネスの本質はそこではない、と思うのである。


DeNA、釣りゲーム訴訟で勝訴確定--最高裁がグリーの上告を棄却 - CNET Japan : 


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

小林 佳徳

2014/8/20 STORYS.JP書籍化第3弾 http://ow.ly/ALYBF http://xbeeing.com/ ★すべての発言は個人的な見解であり、所属する団体とは無関係です★ スーパーカー、特ににランボルギーニが好きです。 国産ではHONDA(NSX、S2

小林 佳徳さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(1)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

私が今死んでない理由

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

②『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その2(シングルから再婚へ)

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。そのゼロ回

殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

飲食業勤め最後の一年。

高校時代は日本の教育に疑問。今は教育業界で働くワーキングウーマンの話し。

小林 佳徳

2014/8/20 STORYS.JP書籍化第3弾 http://ow.ly/ALYBF http://xbeeing.com/ ★すべての発言は個人的な見解であり、所属する団体とは無関係です★ スーパーカー、特ににランボルギーニが好きです。 国産ではHONDA(NSX、S2

小林 佳徳

2014/8/20 STORYS.JP書籍化第3弾 http://ow.ly/ALYBF http://xbeeing.com/ ★すべての発言は個人的な見解であり、所属する団体とは無関係です★ スーパーカー、特ににランボルギーニが好きです。 国産ではHONDA(NSX、S2

小林 佳徳さんの他のストーリー

  • 社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(5)

  • 小林 佳徳さんの読んでよかったストーリー

  • 50日間で、自分を壊した。