指揮者でもある数学教師が語る『数学と音楽の共通点』(その1~プロローグ)

このエントリーをはてなブックマークに追加



私は神奈川県にあります個別指導塾「永野数学塾」の塾長であると同時にプロの指揮者としても活動をしています。上の画像は福島県の「いわき交響楽団」さんに客演させていただいた時のもので、下の画像はNHK(Eテレ)「テストの花道」に出演させていただいた時のものです。



よく色々な方から


「数学塾と指揮者なんて2足のわらじは大変でしょう」


と言っていただきますが、実は私の中では2つの全く別のことをしている、という意識はありません。指揮者としてスコア(楽譜)を読むことと、数学の数式を読み解くことはとても似ています。


数学と音楽には論理を読み解くという点で共通点があるからです。


モーツァルトやベートーヴェンやヴェルディやプッチーニやマーラーやといった過去の「天才」たちが遺してくれた数々の名曲のスコアを読み解くとき、そこにある「論理」に私はいつも感動をします。



音楽には~特に西洋音楽は~ハーモニー(和音)があります。1つのメロディにどのようなハーモニーを付けるかで、音楽の感じられ方は大きく異なってきます。そして、ハーモニーにはゆるぎない「論理」があります。音楽に限らずヨーロッパの文化・芸術において「論理」は欠かすことのない重要なファクターであると思います。


もちろん、人を感動させる芸術は論理だけでは成立しません。論理の前に「これを伝えたい!」という「心」があるべきなのは言うまでもないことです。



しかし、それは数学とて同じことです。数式は自然界が語る「言葉」ですから、数式には必ず「メッセージ」がこめられているのです。そのメッセージを感じ取る感性がない数学者や物理学者は決して一流の研究者になれません。



このように数学と音楽は2重の意味で重なっていると思うのです。

次回は音楽の論理≒和声進行(ハーモニー)について詳しく書きたいと思っています。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

永野 裕之

東京大学理学部地球惑星物理学科卒。 同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。 野村国際文化財団奨学金でウィーン国立音大指揮科留学。 東大歌劇団総監督、二期会副指揮者等を経て 永野数学塾(大人の数学塾)塾長。 NHK『テストの花道』出演。 著書に『大人のための数学勉強法』他

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

借金を残して自死した父④

厳しいオトナの世界の話

4月から無職になる。「疲れた」という、とてもシンプルな選択肢。

餃子の歴史をきっかけに台湾できゃりーぱみゅぱみゅを全力で踊って超絶モテモテ!そしてフロリダディズニーのおねえさんとなった話。

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~3:社会人時代~

借金を残して自死した父①

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

メンタルコントロールによって12kg痩せた記録 【part1】

ブラック会社の最高経営責任者になった あとかぎ

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート1

母親の事が嫌いだったけれど、自分が親になって知ったたくさんのことと、これから親になるあなたへ

なぜ安定した生活を捨ててNPOをつくったのか

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

永野 裕之

東京大学理学部地球惑星物理学科卒。 同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。 野村国際文化財団奨学金でウィーン国立音大指揮科留学。 東大歌劇団総監督、二期会副指揮者等を経て 永野数学塾(大人の数学塾)塾長。 NHK『テストの花道』出演。 著書に『大人のための数学勉強法』他

永野 裕之

東京大学理学部地球惑星物理学科卒。 同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。 野村国際文化財団奨学金でウィーン国立音大指揮科留学。 東大歌劇団総監督、二期会副指揮者等を経て 永野数学塾(大人の数学塾)塾長。 NHK『テストの花道』出演。 著書に『大人のための数学勉強法』他

永野 裕之さんの他のストーリー

  • 指揮者でもある数学教師が語る『数学と音楽の共通点』(その1~プロローグ)

  • 永野 裕之さんの読んでよかったストーリー

  • キャバ嬢の本性4つ