指揮者でもある数学教師が語る『数学と音楽の共通点』(その1~プロローグ)

このエントリーをはてなブックマークに追加



私は神奈川県にあります個別指導塾「永野数学塾」の塾長であると同時にプロの指揮者としても活動をしています。上の画像は福島県の「いわき交響楽団」さんに客演させていただいた時のもので、下の画像はNHK(Eテレ)「テストの花道」に出演させていただいた時のものです。



よく色々な方から


「数学塾と指揮者なんて2足のわらじは大変でしょう」


と言っていただきますが、実は私の中では2つの全く別のことをしている、という意識はありません。指揮者としてスコア(楽譜)を読むことと、数学の数式を読み解くことはとても似ています。


数学と音楽には論理を読み解くという点で共通点があるからです。


モーツァルトやベートーヴェンやヴェルディやプッチーニやマーラーやといった過去の「天才」たちが遺してくれた数々の名曲のスコアを読み解くとき、そこにある「論理」に私はいつも感動をします。



音楽には~特に西洋音楽は~ハーモニー(和音)があります。1つのメロディにどのようなハーモニーを付けるかで、音楽の感じられ方は大きく異なってきます。そして、ハーモニーにはゆるぎない「論理」があります。音楽に限らずヨーロッパの文化・芸術において「論理」は欠かすことのない重要なファクターであると思います。


もちろん、人を感動させる芸術は論理だけでは成立しません。論理の前に「これを伝えたい!」という「心」があるべきなのは言うまでもないことです。



しかし、それは数学とて同じことです。数式は自然界が語る「言葉」ですから、数式には必ず「メッセージ」がこめられているのです。そのメッセージを感じ取る感性がない数学者や物理学者は決して一流の研究者になれません。



このように数学と音楽は2重の意味で重なっていると思うのです。

次回は音楽の論理≒和声進行(ハーモニー)について詳しく書きたいと思っています。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

永野 裕之

東京大学理学部地球惑星物理学科卒。 同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。 野村国際文化財団奨学金でウィーン国立音大指揮科留学。 東大歌劇団総監督、二期会副指揮者等を経て 永野数学塾(大人の数学塾)塾長。 NHK『テストの花道』出演。 著書に『大人のための数学勉強法』他

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

「未来になくなる仕事」に怯えない生き方/肩書きの数だけ、未来が拓ける vol.4

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

僕がお金をたくさん稼ぎたいと思っている理由

[あとがき]友人Bの死が、俺に与えてくれた物

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

24歳ナースが、インドでチフスになった話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

コーギーと過ごした3494日と12時間くらい。うちに来てから旅立つまでの毎日。

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

広汎性発達障害と言うものも知ってから変わったこと

永野 裕之

東京大学理学部地球惑星物理学科卒。 同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。 野村国際文化財団奨学金でウィーン国立音大指揮科留学。 東大歌劇団総監督、二期会副指揮者等を経て 永野数学塾(大人の数学塾)塾長。 NHK『テストの花道』出演。 著書に『大人のための数学勉強法』他

永野 裕之

東京大学理学部地球惑星物理学科卒。 同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。 野村国際文化財団奨学金でウィーン国立音大指揮科留学。 東大歌劇団総監督、二期会副指揮者等を経て 永野数学塾(大人の数学塾)塾長。 NHK『テストの花道』出演。 著書に『大人のための数学勉強法』他

永野 裕之さんの他のストーリー

  • 指揮者でもある数学教師が語る『数学と音楽の共通点』(その1~プロローグ)

  • 永野 裕之さんの読んでよかったストーリー

  • キャバ嬢の本性4つ