英語が嫌いで苦手だった僕が高校でTOEFL iTPのスコアを147上げて、日本の大学の推薦を蹴りイギリスの大学に進学する話

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は今年の秋から、イギリスのサウサンプトン大学に進学します。

サウサンプトン大学は世界ランキング100位以内に入ったこともある「イギリスのトップ校」
そんな大学に、京都の私立高校から直接進学します。


もちろん、入学には英語力も必要でした。

今でこそ「英語は得意!」と言えますが、高校当初はぜんぜん。


むしろ英語が大の苦手

ちなみに目安としてだしたTOEFL iTPですが、当初は380。これは英語を知らなくても、勘でマークシートを塗りつぶせば取れる点数です。
それを527、海外大学への進学レベルまであげました。

そんな僕が高校で英語嫌いを克服し、サウサンプトン大学に合格するまでの話。


~項目~

・英語なんて大っ嫌い
・恥をかいた英語の授業
・タイのエリート集団との遭遇
・タイで味わったレベルの差
・夢を見つけ、初めて知ったイギリスという選択
・好結果のスパイラル
・突然の通知


英語なんて大っ嫌い!!


高1の春、僕は焦っていました。

入った高校のクラスには、偏差値70近い人たちがいる。

しかし僕はと言えば・・・内部進学で、ゆとり世代で・・・

英語ももちろん、下から数えた方が早い。


英語での会話なんてもってのほか。
中学でも、ふつう勉強したらテストで80点くらい取れるのに、僕は毎日勉強しても取れません。

だから英語なんて大っ嫌い!



恥をかいた英語の授業


英語が嫌いでしたが、英語を話せるようにはなりたい。
だって英語なんかに会話の邪魔されたくないじゃないですか。

けど何を勉強すればいいのか分からない・・・

そうこうしてる間に、オリエンテーション期間もすぎ、授業が始まりました。


「高校の英語の授業とか、絶対ムズいやん・・・」

絶望の淵の僕にとって、初めての英語の授業は驚きでした。

会話で使えるフレーズ集みたいなプリントを配って、覚えるだけ。

「え、覚えるだけ?めっちゃ簡単やん」


そんな簡単なわけがありません。

発音はしっかりさせられるし、授業の後半には、そのフレーズを使って会話をしなければいけません。

必死でプリントを丸暗記しても、それ以外の単語は全然分からない。

会話でいきなり"by the way"なんて言われたら
\(^_^)/←こんな状態


授業で毎回ダメージを受ける日々。

前でしゃべらされると、恥をかく。

だけど他に何をすればいいのか分からない。

とりあえず配られたプリントは、すべて暗記していました。だって他になにもできないから。
(単にヒマだったという噂もあります)



タイのエリート集団との遭遇



僕のいた学校には、毎年5月に、タイのトップ校から10人程度の生徒がやってきます。

彼らは本で言うなら”灘高レベル”
いや、それ以上かもしれません。

毎年、科学系のオリンピックでメダルを獲っている高校です。

もちろん英語もおてのもの。


僕はあまり関心がありませんでした。

「だって英語できないから、しゃべれないもん・・・」


しかし友達が、タイ人の1人をホームステイとして引き受けていた関係で、英語で話す機会がたくさんありました。

初めは何を話せばいいのか分からない。

みんな色々な文章を話せても、僕は習ったことしか話せない。

それでもなぜか嬉しかったです。

「英語ができないと思っていた自分が、たとえ習ったことだけであっても、タイの人と話すことができた!」

結局そのタイの友達とは、他の友達と一緒にカラオケに3週間で2回も行くほど、仲良くなりました。


これが僕の中で、英語の立ち位置が変わった時。



タイで味わったレベルの差


その年の夏、交換研修としてタイに行くチャンスがありました。

僕は仲良くなった友達と会いたい、安い、ということで申し込み、無事行けることになりました。

(単にヒマだったという噂も。)


ちなみに東南アジアと言えば、こんな感じだと思っていました。


実際の様子は知らなかったことは秘密です。(タイ・バンコク)



まあ行く前にはしっかり英語も勉強して、テストの点も取れ出していたので、まあまあしゃべれるんじゃないかとワクワクしていました。


ワクワク


しかしタイのエリート集団に完全にやられました。


タイ人に話しかけられても、

タイ人
Hello, I'm ○○. Are you from Japan?
Hello, I'm Wataru.
YES.
タイ人
t?:a;f#ap;lt; ←何言ってるか聞き取れない
Ahh... ←首をかしげて苦笑い
タイ人
Oh OK. haha

こうして僕と話すのをあきらめ、愛想笑いをし、話を打ち切ります。

まさに屈辱。爆破。どかーん


けど英語できひん俺が悪いんやんな~

その通りです。
自己分析は得意な僕


しばらくの間、途方に暮れていました。

「もう、英語なんていつしゃべれるか分からんし嫌や・・・」



夢を見つけ、初めて知ったイギリスという選択


高1の秋

僕に大きな転換点がやってきます。

夢を見つけました。


「F1のエンジニアになって、世界最速のマシンを作りたい!」


この夢を見つけたとき、どうすればなれるのか調べまくりました。

すると見つけた答え。

「モータースポーツの本場はイギリス。
イギリスではF1について学べる学部がある」


行きたい。

直観的にそう思いました。


けどどうやって??


最初に行きたいと思ったのは、あの「ケンブリッジ大学」や、イギリス理系の最難関「インペリアルカレッジロンドン」


どう頑張っても、高校から直接入れない学校でした。


お金と家の事情でそんな時間はかけられない。
高校から直接行かないと。


するとこんな情報が。

”イギリスの大学へは、進学準備コースを受けると、直接大学に進学できるコースがある”


「これだ!!!!!」


あとは入学の条件。
これが厳しすぎればいけません。

「頼む・・・」


祈るような想いで調べました。


大学入学条件
・IELTS : 5.5以上(IELTSは英語のテスト)
・良い学校の成績
・志望理由書の提出
・推薦書の提出など


「????????」

なんて曖昧なんだ・・・

そこで英語の先生に、IELTSというテストで5.5というスコアを獲るのは、どのくらい難しいのかを訪ねてみました。

すると帰ってきた答え。

英語教師
うーん・・・学校で受けてるTOEFL iTPで言うなら最低500はいるなー。
まあいけるんちゃう?

「いけるんちゃう・・・?」

え、いける・・・いけるぞ!!

誰もいけるとは言ってないのに、勝手に自信をつけてく僕。


ちなみに学校の成績はオール4以上が目安とのこと。(by 斡旋業者)


目標ができたら、あとは突っ走るだけ。

英語を毎日勉強するだけではなく、全教科で良い成績をとれるように頑張りました。


あの時は、本気で英語も他の教科も勉強。
けれどイギリスの大学なんて恥ずかしいから、一部の先生以外、誰にも言いませんでした。



好結果のスパイラル


英語の勉強を真剣に初めて1年以上

結果がついてこない僕は、自信を失いかけていました。


しかし良い報告は突然きます

しかも立て続けに。


まずは学校の定期テスト

高2の秋から、僕の英語の点数はトップなりました。
それも1年近く、トップのまま。


次にTOEFL iTPというテスト

初めて高1のときに受けたときのスコアは380
それが高2の冬に、520までアップ!
高3では527まで上がりました。

どれくらいすごいかと言うと、勘でしか解けなかった英語力が、海外の人とそれなりに話すことができるレベルまで上がった感じです。


そしてどっかの機関が運営している英語のテストでは・・・

校内の留学経験者もいる中で約300人中4位

「海外大学進学レベル」という結果が!!


スコア換算の参考
TOEFL TOEIC IELTS 英検 換算、比較 スコア
(TOEFL iTPのスコアは、PBTと同じと考えてください。ちなみにIELTSの最高点は6.5でした。)



突然の通知


IELTSという英語のテストでも好成績をとり、学校の成績も4.0を超え、準備は万端でした。

志望理由書や推薦書など、必要なものを大学へ送り、あとは結果を待つのみ。


実は通常3週間で出る結果が、僕は3カ月かかりました。詳しくはまたどこかで。


僕の高校は大学までつながっているエスカレーター式

僕も成績が良かったので、行きたい学部どこへでも行ける状態でした。

しかし断った。


夢を叶えるにはイギリス!
そっちの方がおもしろそうやん♪って感じです


おかげで周りはほぼ全員が冬には推薦で大学が決まっている中、僕だけ決まらない。



「浪人・・・」



この言葉が何度頭をよぎったか。

けれどイギリスの大学へ行くなんて、友達には言ってないから相談もできない



1人孤独で待っていた1月14日の深夜

僕は寝る前に、なんとなく、合否の確認ができるサイトをのぞきました。

合否はネット上で確認できるのです。


「このページ見んの何回目やろ・・・」

いつ来るか分からない合否判定


ボーっとしながら見ていたら、何かいつもと違う文字がある。


「ん?なんか違う??」

見たい気持ち、でも、落ちていたら・・・


こわい

こわい

でもみなきゃ



"Congratulations! University of Southampton offers you a place to study at Engineering with Foundation Year."
(こんな感じの文章だった)


Congratulations!・・・てことは・・・!?


合格発表は、突然やってきました。


嬉しくてFacebookに書き込む僕。

(実際の書き込み↓)



次の日の朝、学校に行くとみんなの驚いた顔がありました。

急に僕が、イギリスの大学に行くと言い出したから。

Facebook、恐るべし発信力。



正直、英語が嫌いで苦手だった僕が、まさかイギリスの大学に進学するなんて思ってもいませんでした。
しかし人間なんて、夢と努力でなんとかなります。
僕の場合は、良い先生や研修など、環境にも恵まれました。


今の僕は、これだけは自信を持って言えます。

「人生どうなるかなんて、誰にも分からない。
 できる、できないもやってみなきゃ分からない。
 とりあえず挑戦してみないと、どうなるか分からない!!」



最後に、僕はみんなに謝り、自分の口で伝えました。

てことで、来年からイギリスのサウサンプトン大学ってとこに行ってくるわ!



(最後まで読んでいただき、ありがとうございます。今は自分のブログでイギリス留学や僕の夢について書いています。もしよければ、こちらの方ものぞいてもらえたら嬉しいです^^/ →わたぽんWorld@UK)

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

しっかり勉強して、世界最速のF1マシンを作ちゃってください。私は今年の秋にロンドンでストリートショーを開催する予定です。現在、ロンドンの情報収集中ですのでよろしくどうぞ。

今年で18になる高校三年生です。アメリカに進学したいと思ってます。
読んでいて面白いとは思いましたが…夢が出来た、行きたいと思ったってだけでどうしてそこまで勉強のやる気と結果を出せるのか知りたいですね。

夢を持つことって、凄く自分の力になるんですよね。

夢を持つことって、凄く自分の力になるんですよね。

面白い!

川本 和

F1のエンジニアになって世界最速のマシンを作りたい。この夢を叶えるため、2014年9月からイギリスに留学してます。 イギリス留学やその他についての情報を書いた個人ブログもやってます:http://watapon-f1.com Twitterは@wataponf1_uk

川本 和さんが次に書こうと思っていること

|

イギリス留学のタグがついたストーリー

あなたの人生は誰のもの?(14)~頭と心が分裂するとき~

あなたの人生は誰のもの?(13)~隠れ対人恐怖症と英会話~

あなたの人生は誰のもの?(12)~逃走資金は十分にある~

ロンドンと東京でスパイダーを背負って歩きながら国家の品格について考える

14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第8話

★12★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【イギリスの春風の中、機関車トーマスに乗る】

14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第7話

【シリーズ通算6万PV記念】★11★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【小学生のハリウッド映画のオーディション@ロンドン】

★10★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【リンゴと歯の妖精、そしてテムズ川】

14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第6話

14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第5話

★9★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【夜中に洗濯機が走るこわーいお話】

14歳でイギリスに単身留学したら、色々あったよ☆というお話 第4話

14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第3話

14歳でイギリスに単身留学したら色々あったよ☆というお話 第2話

川本 和

F1のエンジニアになって世界最速のマシンを作りたい。この夢を叶えるため、2014年9月からイギリスに留学してます。 イギリス留学やその他についての情報を書いた個人ブログもやってます:http://watapon-f1.com Twitterは@wataponf1_uk

川本 和

F1のエンジニアになって世界最速のマシンを作りたい。この夢を叶えるため、2014年9月からイギリスに留学してます。 イギリス留学やその他についての情報を書いた個人ブログもやってます:http://watapon-f1.com Twitterは@wataponf1_uk

川本 和さんの他のストーリー

  • 初めての海外一人旅で東南アジアへ~一人旅だけど1人じゃなかった2週間~Part 1(はじめに)

  • 川本 和さんの読んでよかったストーリー

  • 受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1