110社を就職活動しても、内定もらえず、絶望を味わい600万円の借金生活の話。

2 / 2 ページ


ビジネスの誘い


        



4年かぶりに車の教習所で知り合った女性から連絡があった。

何事かとおもい、聞いてみると

高知にいているとのことだったので、

久々にごはんにいくことにした。

そして、そこで、自分の現状を伝えたとき、

ビジネスの誘いがあった。

僕は、なにもわからなかったが、すごいものだと感じた。

話を聞いてみると、今より+αで収入が入るという。

これは、やらなければと思いすぐにやることにした。


親の反対を断り

やり始めて、2年。

気がつけば、24歳になっていた。

+αの収入は、特になにも変わらず0円。

変わったと言えば、70万円の借金だった。

このまま高知でやっても駄目だ!

思い、親の反対を断りながらも大阪に行くことにした。

だが、大阪に住むためのお金がなかったが、

大阪の知り合いの家に3ヶ月間泊まることにした。

大阪に来て、毎日のようにビジネス活動を行った。

だが、何も変わらないままだった。

たくさんの人には会うのだが、断れる一方だ。

3年も経ったある日、決断した。

自分には無理だと自分で決めて、、、

違うビジネスにチャレンジすることにした。


8社のビジネス

以前とやっていたビジネスと内容は一緒だったが、

知らない人と僕と同じ思いを持っている人がたくさんいた。

そこでは、以前のビジネスより収入をとることにでき、

グループも前よりたくさんできたが、一回きりしかいかなかった。

いろんなもの使って、いろんな人にあったとき、

またくもビジネスの誘いがあった。

「このビジネスがいい!!!」

っと今回それではなく、この人とやりたい!!!

と思い会社でなくその人を選んだ。

そこでも、内容は変わらなかった。

ただ、楽しいだけ。

借金が増えていく。

気づけば、あれもこれもとやってるうちに

8社のビジネスをやっていた。

やってもうまくいかなかった。

自分にはやっぱり向いていないと諦めていた。


僕もそんな人間になりたい。



       



いろんな人に会っているうちに、東京から来たばかりの合うことになる。

その方も以前学生のころにビジネスをやって、100万円の借金をしてしまったという。

なにか同じ境遇を感じて、いろんな話を聞かせてもらった。

今では、借金を返済して、自分で起業を立ち上げているいい、

輝いている彼が羨ましかった。

僕もそんな人間になりたい。

今の自分がすごくダサく見えた。

次の日、彼にもう一度合ってもらうことができ、

自分の決意を決めたことを彼に伝えた。そして、なんとか教えてもらうことを承知してもらうことができた。


それから、

教わり始めて、3ヶ月目でだ。できなかったことが、うまくいくようになりました。

以前は、まったくできなかったことが

うまくいくようになるとビジネスも楽しくなりますね!!!

こんな僕でもできるってことはできない人なんていないと思いました。



ぼくは、今年の12月に600万円という大きな借金を返済させます!

そして、家族には、最高の親孝行させます!!!


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のはまだ なおやさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。