☆滅ぼし物語☆1期10章

1 / 4 ページ

☆滅ぼし物語☆

第10章

光の村で一息をついていたユーリたちは話しが進んでいた。日が暮れると辺りが真っ暗になっていくが月が見当たらなかったことに気ずく。モンスターの鳴き声を聞いて家の外に出ると栄える街で見かけた怪しい人会う。問いただすと怪しい人は白銀の狼に姿を変える。激戦を繰り広げたユーリたちは神秘的な光を見る。朝を迎えるとともに翼の生えた馬に乗って魔界へと進んでいった。

この物語は魔界に連れ去られた少年の一生を描くストーリーである。

1話(暗い森)

翼の生えた馬に乗って20分程進むと魔界が見えてくる。魔界に入ると魔王城と森が見える。

ユーリ「このまま魔王城に進むのは危ないから森に降りるぞ」

ソル「わかった」

ユーリたちは翼の生えた馬に森の入り口へと降ろしてもらった。

ユーリ「先に帰っててくれ」

ユーリが一言いうと馬は光の村へと帰っていった。

ユーリ「森に入るぞ!」

ソル&ミナ「はいっ!」

短い掛け声が終わるとユーリたちは暗い森へと足を進めた。

1話 完

2話(不気味な空気)

暗い森を50m程歩いていると不気味な空気が漂い始めた。

ユーリ「変な空気が漂ってきたな」

ソル「そうだな」

歩きながら話しをしていると少し奥の木がゆらゆらと動いていた。

ミナ「ユーリ、あの木がなんか変です」

ユーリ「どの木だ?」

ミナが少し奥にある木を指差すとともにモンスターらしき影が見えてくる。

(ガサガサッ)

モンスター「ヒゥゥエェ!!」

鳴き声を出しながらソルのいる方へ素早く動きだした。

2話 完

3話(エビルプラント)

エビルプラントはソルに近ずくとともにトゲトゲしているツルを振り下ろした。ソルはモンスターの存在に気づいていなかったらしく、トゲトゲしているツルに当たってしまう。

ソル「うぐっ!!」

ミナ「もう一匹くるわ!!」

エビルプラントの振り下ろしたツルはソルの右腕辺りに当たったらしく、ソルは右腕を左手で押さえていた。

ソル「くっ!どうすればいいんだ!」

ユーリ「ソル!!一旦後ろに下がれ!」

ユーリはソルに声をかけるとともに剣を抜いてエビルプラントのいる方向に走っていく。

3話 完

☆エビルプラント☆
 説明、暗い森に多く生息している。植物系モンスター、デビルプラントの上級種と言われていて普段は木と同化していたり地中に隠れている。獲物を見つけるとゆっくり近ずいてトゲトゲしているツルを振り下ろしてくる。体はビンのような細い形で、トゲトゲしているツルのムチが胴体から6本生えている。トゲトゲしているツルに当たるとひとたまりもない。

4話(エビルプラントとの戦闘「1」)

ユーリはエビルプラントに素早く近ずくと弧を描くように剣を振り下ろす。

ユーリ「くらえっ!」

振り下ろされた剣はエビルプラントの体を深く切り裂いた。

エビルプラント「ヒゥゥエェ・・」

ユーリの攻撃は会心の一撃になったらしく、エビルプラントはゆっくりと地面に伏して動かなくなる。

ユーリ「やったか?!」

ミナ「まだいるわ!!油断しないで!」

ミナは叫ぶ声とともに弓矢をエビルプラントに放ち始めた。

4話 完

5話(エビルプラントとの戦闘「2」

暗い森がざわめく中、ミナの声が響き渡る。

ミナ「また2匹きたよ!」

ユーリ「まだいるのか?!」

エビルプラントは3匹となり、群れと化していた。モンスターはユーリたちを獲物として捉えたのか、鳴き声を出しながら近ずいてくる。

エビルプラント群れ「ヒゥゥエェ!!!」

ミナ「倒すわ!!」

徐々に近ずいてくるエビルプラントの群れに弓矢を5本連続で放った。

ソル「くっ、ちゃんと警戒してればこんなことにはならなかったのに・・・」

ソルが小さな声で呟く中、ミナの放った弓矢がエビルプラントの胴体に突き刺さる。

5話 完

6話(エビルプラントとの戦闘「3」)

ミナの放った弓矢5本はエビルプラント1匹に突き刺さり動かなくなる。

著者の高橋 ひろりんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。