実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 2 侵入編

1 / 2 ページ

前編: 実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 1 アポ編
後編: 実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 3 何故か洗剤を実演する編

訪問販売会社潜入記 2

② 家に入る

おばちゃんがアポを取ると、事務所の社員より携帯に連絡が入ります。

アポを取ってあるので、当然サンプルの配布までは簡単にことが進みます。

しかし、その後が重要です。

門前払いでは意味がありません。


私がやるべきことは、

「浄水器を売りつけること」

サンプルを渡す為に来たわけではありません。


ですから、まず難関の玄関を突破し、台所まで侵入しなければなりません。

なので、まずはサンプルをすぐに渡してはいけません。

初心者や、売り上げのよくない人はチャイムやインターホンを鳴らして、

家の人がドアから出てきたらすぐにサンプルを渡してしまいます。

しかし、それでは門前払いの可能性が高くなります。

そりゃそうです。

相手は新製品の洗剤のサンプルが無料で貰えるからこそ、知らない私がインターホンを鳴らしても

怪しまずにドアまで開けてくれているのです。

いわば、洗剤のサンプルは餌です。

その餌を先に渡してしまっては意味がありません。

餌だけもらって、

「じゃあ忙しいからこれで」

とドアを閉められたら終わりです。

なので、餌は最後まで取って置かないと行けません。


しかし、このドアを突破し玄関を乗り越え、台所に行くのは大変です。

が、それをいとも簡単に実行することが出来ます。

それが、新製品の洗剤の実演です。


ここで魔法の言葉を1つ教えましょう。

この言葉で簡単にドアが開きます。


「今回、新製品のサンプルをお持ちしましたが、お台所にて、新製品の洗剤の使い方や、効果の実演を無料で実施しております。もしお時間がよろしければ台所をお借りしまして、5 分程度ご説明をさせて頂いてもよろしいでしょうか? 」


・ 台所をお借りしまして

・ 5 分程度

家に上がらせて下さい。


ではなく、台所をお借りして・・・というのが重要である。

ここで家に上がらせてくれと言っても、中に入れてくれる人は少ないが、台所、更に時間を指定して「5 分程度」と言っておくと、 警戒心が薄くなるのか大抵の場合、台所を借りることが出来ます。


え?うそでしょ?そんな簡単に・・・・

みんなの読んで良かった!