実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 3 何故か洗剤を実演する編

1 / 2 ページ

前編: 実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 2 侵入編
後編: 実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 4 何故か洗剤を実演するけど浄水器が売れる編

訪問販売会社潜入記

③ 洗剤の実演 その1


無事台所に到着したら、洗剤の実演を開始する。

この洗剤は餌として十分な効果があった。

なぜかというと、 この洗剤、

本当によく汚れが落ちるのだ。

濃縮タイプで希釈して利用するのだが、1 本で普通の洗剤で換算すれば50 本分程度薄めて利用が出来る。 この洗剤を利用して話を弾ませていくのである。

まず、手持ちの洗剤を台所の水をお借りして、薄めて容器に入れる。

この時に、台所の蛇口をチェックする。


何故か?

私が売る訪問販売の商材。それは浄水器だからだ。

その為、訪問した家の蛇口に浄水器がついてるかどうかは最重要チェック事項なのだ。

蛇口に浄水器がついてなくても、別置きの浄水器を利用している場合がある。

なので、水を借りつつ、台所近辺をよく調べることが重要。

そして、ここで私の営業トークのやる気が決まる。

このチェックの時点で、ここは攻略出来る( 浄水器を買って頂ける)

ここは攻略が難しい

または半々( どっちかよくわからないけど、どちらかといえばいけ

そう)

というある程度の判別が出来るのだ。


まず、攻略の可能性が高いのは、

「蛇口に安い浄水器が取り付けられている場合」

100 均のしょぼい奴から、 カートリッジタイプの数千円から数万円程度のもの。

これらが取り付けられている場合、約50% の確率で売りつけることが出来る自信があった。

なぜかというと、どんな価格帯にせよ浄水器をつけているということは、「水」に関心があり、

なおかつ

・ 水道水はそのままでは使えない

・ 又は飲めない

という考えを持った人だからだ。

これらの人は水の話をすればほぼ関心を持って聞いてくれるし、特に数万円のカートリッジタイプは必ず周期的に交換が必要なため、 カートリッジ交換の値段を年間単位で計算して指摘すると、うちの浄水器と比較したときに簡単に安さをアピール出来るからだ。


しかも、カートリッジタイプには大きな欠点があり、

・ 交換した当初の除去率は99% 程度だが

・ その後使い続ける度にカートリッジは性能が劣化し

・ 交換目安の約半分程度の時期になると、50% 程度の除去率しかない

という。

これは全メーカーのカートリッジにいえることで、

完全に除去したい場合には、

「1 週間単位でカートリッジを替えないと意味がないんですよ」

「でも弊社の浄水器はカートリッジ交換が不要なので、

みんなの読んで良かった!