実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 4 何故か洗剤を実演するけど浄水器が売れる編

前編: 実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 3 何故か洗剤を実演する編
後編: 実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 5 ミネラルウォーターでトドメを扨せ

③ 洗剤の実演 2

台所のシンク回りをサンプルで掃除中に、既にお客が使っている市販の洗剤を見つける

大抵、シンク回りに置いてあるからすぐに見つかる。

そして、その市販の洗剤をお借りして、 裏側に記載のある成分をお客に見せる。

「成分のところに、界面活性剤○ ○ % と記載がありますよね ?

これ、実は猛毒なんです。

奥さん、洗剤使うと肌荒れを起こしませんか?

これにじかに触れているせいで 肌荒れが起こってしまうのです」

肌荒れという言葉に敏感な世代だ。

大抵の場合、食いつくように話にのってくる。

そして、掃除をやめて持参したクリアファイルを見せる。

そこには、マウスを利用した動物実験の写真がファイリングしてある。


「この記事は、マウスの背中の毛を反り、

界面活性剤を背中に塗った際の皮膚の変化を調べたものです」

この記事はなかなかグロい。

界面活性剤を背中に塗ったマウスは数週間たつと、肌がただれ、最終的に死んでしまうのだ。



界面活性剤がいかに酷いものか

肌に悪影響を与えるものか

これを延々と説明し、不安を多大に与えた上で、


新製品の洗剤には、

・ 天然成分しかはいっていないので、

・ 肌荒れを気にする必要はないので

・ 安心ですよ

と締める。


そして、希釈した洗剤のサンプルを数本プレゼントし、 アンケートに答えて頂く。

ここまでくると、ミッションの半分はクリアしたも同然。

お客はアンケートで終わりになると思っているが、 ここですかさず、「ミネラル水」の話をする。

しかしいきなり浄水器の話をしてはならない。

浄水器の話はあくまで一番最後に。


ふふふふ


5へ続く


続きのストーリーはこちら!

実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 5 ミネラルウォーターでトドメを扨せ

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。