実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 5 ミネラルウォーターでトドメを扨せ

1 / 2 ページ

前話: 実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 4 何故か洗剤を実演するけど浄水器が売れる編
次話: 実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 6 月の給料の額と社内の雰囲気ってどうなの?

④ ミネラル水プレゼント

アンケートにお答え頂いたお礼に、ミネラル水を無料でプレゼントしています。

空いているペットボトル等があれば、持ってきて頂けますか?


すると、まあ大抵の人はペットボトルや容器、やかん等を持ってくる。

そして、ここで浄水器の登場だ。

バックから、浄水器を取り出す。

お客はバックから水を出すと思っているので、ビックリする 。

そりゃそうだ、水じゃなくてでかい機械がでてくるんだから。


「ちょっとお水をお借りしてもよろしいですか?

いまから、水道水で美味しいミネラルウォーターをお作りしますの

で」


そして、浄水器を設置する。

で、ミネラルウォーターを作成する。

作り方は簡単。

浄水器を蛇口に通して、そのまま水道水を通すだけ。

まずは、持参したコップを用意し、 水道水とミネラルウォーターでのみ比べをしてもらう。

確かに味がかなり違うので、どんな味覚がおかしい奴でもこの違いはすぐにわかる。

この浄水器は値段はともかく、かなり使える代物なのだ。

(値段はともかく。。。。ね)


そして水の飲み比べをしながら、クリアファイルを開く。

1 ページ目

・水道水で野菜を洗うと、塩素の影響で野菜の栄養素( ビタミン)

が流されてしまう

( 雑誌の切り抜きで不安を煽る)



しまううえに苦味のある不味いご飯が炊けてしまう

( 雑誌の特集記事をこれでもかとみせつける)


2 ページ目

・ 水道水は沸かすことにより、塩素が除去され美味しく飲めるといわれているが、実は水道水を沸かすことにより、塩素は除去されるが、トリハロメタンが増えてしまうため体にはよくない

・ 飲み続けると癌になる「可能性」がある。


トリハロメタンの恐怖を煽る特集記事をこれでもかとみせつける

ここで、コップを2 つ用意する。

片方には水道水、片方には浄水器のミネラルウォーターを容れる。


「水道水に、どれくらいの塩素が入っているのか、実験してみましょう」


薬局で売られている試験液をまずは水道水に投入する。

試験液は、対象となる水に液を投入すると色の変化の度合いで、塩素の容量がわかるようになっている。


普通の水道水の場合、塩素の量が多いため、試験液を投入すると色が真っ赤に変わる。

「奥さん、水道水にはこんなにも塩素が含まれているんですよ? 」

でも奥さん、比較対象がないので、色が変化してもさほど驚かない。


ここでカビキラーの登場。

カビキラーには大量の塩素が成分として含まれている。

これを利用する。

まず、ミネラルウォーターの入ったコップに試験液を投入する。

しかしミネラルウォーターは塩素を完全に除去しているので、色の変化はない。


「奥さん、当社の浄水器は、水道水の塩素を完全に除去するので、

試験液を入れても色は変化しません。塩素がありませんからね」


ココでカビキラーを取り出す。

そして背面の成分表示を見せる。

「カビキラーはご存知ですよね、カビキラーには塩素が多く含まれ

ています。 これをこのコップに一滴いれますね、よく見ていてください」

このコップ、とはミネラルウォーターの入っているコップのこと。

たったいま、試験液を投入しても色が変わらなかったコップだ。

そこにカビキラーを1滴投入する。


すると、コップの色はみるみる変化し、

水道水に試験液を入れたコップの色とほぼ同じ、真っ赤になるのだ。


ここで、すかさずダメ押しの一言

「そうなんです、見てお分かりの通り、

水道水には、カビキラーと同等の塩素が含まれているのです。

奥さん、このカビキラー入りのお水、飲めますか?

飲めませんよね?

それなら水道水は?

水道水にも塩素がこんなに入っているんです」


とここまで説明をした後、

クリアファイルをめくりながら、浄水器の説明を始める。

先にも書いたが、ここも重要ポイントである。

といっても、いきなりうちの会社の浄水器の説明はしない。

まずは、他社製品からだ。


まず、カートリッジタイプ

値段が比較的安く、取り付けも簡単の為、一番取り付けている比率が高い。

しかし、このカートリッジタイプが一番落としやすい。


「このカートリッジタイプの浄水器、

大体何ヶ月くらいで交換していますか? 」


すると、大体1 ヶ月から2 ヶ月という回答が返ってくる。

そこで、すかさずクリアファイルを開く。


ここには、カートリッジタイプの浄水器の比較や使用出来る日数

( ようするに浄水機能の限度)



このファイルを見せながら、恐怖心を増大させていく。

「カートリッジタイプの浄水器、

実は欠点だらけなんです。

あまり知られていないのですが、

実はこういったカートリッジタイプの浄水器は、

使用する度に浄化能力が劣化していき、

使い始めて約2 週間で、 新品のときと比べて約50% 程度の浄化能力しかなくなってしまうん

です。

確かに目安の表示がありますが、

この目安というのは実は落とし穴がありまして、

新品時の浄化能力が100% とした場合、

この能力が10% 前後になったら交換時期という表示なのです。

ですから、実際、浄水器として機能しているのは、

カートリッジ交換してから

約1 週間前後、

それ以降は新品時の半分程度しか浄化していないのです。

さきほど1 ヶ月と仰いましたが、

1 ヵ月後は新品時に比べたら、

20% 程度しか機能していません。

残りの80% は素通り、水道水をそのまま利用しているのと何ら変わりがありません。

ですから、本当に浄水器として利用するのであれば、

カートリッジは1 週間に1 回、 最低でも2 週間に1 回の交換が必要になります。」

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のYamamoto Yuriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。