「夢」か「安定」か? 〜超就職氷河期に二度内定を捨てた話し PART6 〜

1 / 6 ページ

前編: 「夢」か「安定」か? 〜超就職氷河期に二度内定を捨てた話し PART5〜
後編: 「夢」か「安定」か? 〜超就職氷河期に二度内定を捨てた話し PART7 〜

前回のあらすじ


7月の暑い日、僕はオフィス街のビルの中で待ちに待った瞬間を迎えることができた。

初めて参加したインターンシップには各大学から色んな就活生が集まっていた。


リアルな社会人の話は僕にとって新鮮で、気づくことも学べたこともたくさんあった。


でもそれ以上に、僕と同じく、ついこの前まで就活生だった橘くんの話がとても印象に残った。


「自分の行きたい道に進まないと意味がない。」


橘くんの言葉がそっと僕の胸に響いたのであった。



社会人10年目の軌跡



拍手喝采の中、橘くんの話が終わったあとは社会人3年目、5年目の方の話があった。


大学では聞けない社会人の話しは僕にとって本当に勉強になった。


もちろん社会の厳しい現実の話しもあれば、それを乗り越えた時の達成感など、、、


「これが働くってことか~!」


まだバイトしか経験したことなかった僕は素直に感心していた。


そして最後に「10年目」というベテラン社員の話があった。


どんな分野でも10年という月日は長い。同じ道で10年も頑張れば立派なスペシャリストである。


「これはまた興味深い話が聞けるな!」


僕はワクワクしながら待っていた。そして10年目の杉村さんという方が前の舞台へと上がった。


「就活生のみなさん、こんにちわ!」


優しそうな声と落ち着いた雰囲気に、少し場が和んだ。


「こんにちわ!」


みんなの読んで良かった!