元売人が語る脱法ハーブ(ドラッグ)の危険性

1 / 2 ページ

 

元売人が語る脱法ドラッグの危険性ということでこの場を借りて記述していこうと思います。

理由は昨今起きている死亡事件のこともありますが、周りの人に話を聞いてみると

脱法ハーブってそもそも何?という意見が多かったためです。

その他にも危険じゃないでしょ、だって合法だもんという意見も・・・。

そのような言葉が私の耳に入ってきたことに驚き、この場を借りて書いていこうと思います。


そもそも脱法ハーブって何?ということから。

乾燥ハーブ(市販されているもの)に試薬(薬品)と混ぜてできた物です。

この試薬ですが、人体実験をしていないものがほとんどです。

マウス実験すらしてない試薬という名には程遠いものとなります。

この説明を呼んでもパッとしないですよね。

すごく簡単に言うと「効果はあるけど、有毒性がどうなのかは未知数」ということです。

大袈裟かも知れませんが「ちまたの違法なドラッグのほうがまだ安全」と言えます。

何故、違法ドラッグのほうが安全なのか?

それは長いこと研究をされ、なおかつ医師も緊急治療の際にやれることを知っているからです。

(だからと言って違法なものは絶対にダメです。)


脱法ハーブという物の簡単な説明は以上です。

ちょっと深く掘り下げた脱法ハーブについて書こうと思います。

何故、事故や事件が起きるのか?

それはブレンダーと言われる人がいろいろな試薬を混ぜて脱法ハーブを生産しているからです。

お酒でたとえるとウォッカとビールとテキーラを混ぜて飲む

そうなるといったい人はどうなってしまうでしょうか?

絶対に悪酔いするか、気持ち悪くなるはずです。

これと同じようにいろいろなものを混ぜた試薬が人体にどのような影響を及ぼすのか・・・わかりませんよね?

先に述べたように「有毒性は未知数です。

未知数な有毒性を理解してない人がいきなりハードドラッグ

手を出してしまうことも事件の要因になっています。

※ハードドラッグと言われるものはヘロインなど、多種多様にあります。

ここまでで大部分の人が脱法ハーブって危ないんじゃん・・・と理解していただけたはずです。



何故、元売人がこんなこと書いてるんだよ、馬鹿!と言われそうですね。

私も好きで売人をやっていたわけではありません。

これしかやれそうな仕事がなかったからというのと、まとまったお金がどうしても必要だったためです。

遊ぶための金欲しさで商売をやっていたわけではありません。

また店主というわけではなく、末端のペーペーアルバイターでした。

脱法ハーブは正直儲かります。

ぼろ儲けできる商売と言っても良いでしょう。

数百万、数千万なんてあっという間です。(商売のえげつなさで月数千万という店もありました。)


みんなの読んで良かった!