「Dog Whisper」シーザー・ミランの一言。


【写真はシーザー・ミラン、犬はダディというピットブル(大分前に亡くなってしまいましたが)】

Dog Whisperって何?という人がまずいると思うので、リンク参照してみてください。

シーザー・ミラン - Wikipedia

邦題:ザ・カリスマドッグトレーナー~犬の気持ちわかります~

米国で2002年から2012年まで放映されたナショナルジオグラフィックチャンネルの番組。

110カ国以上で放送され、米国では週1100万人が視聴。

シリーズはシーズン10まであり(2004年9月15日―2012年9月13日)、再放送の視聴率も高い。

1時間番組で概ね3案件を扱う。2010年当時、米国では第7シーズンに突入、シリーズ合計131のエピソードを

放映。日本国内ではCS放送ナショナルジオグラフィックチャンネルなどで字幕版が放映されているが、日本語版

DVDは未発売。 現在は無作法な犬から人々を救う番組「CESAER 911」を放送中。


ドッグトレーナーのシーザーが番組の中で良くいう言葉。

「今日を生きることが大切、犬は今日を生きている」


この言葉に感銘を受けた。

自分自身、今日を大切に生きれていなかったからである。


そしてうつ病になってから、自分を見つめなおす機会になった言葉でもある。

毎日投げやり、自暴自棄で生活するより1日を大切にしよう。

自分を大切にしようと思えるようになった。


今日を大切に生きれないものには未来は絶対に来ないと思う。



みんなの読んで良かった!