取引先の債権回収に担当者自宅まで踏み込むとどうなるか。その3

1 / 4 ページ

前編: 取引先の債権回収に担当者自宅まで踏み込むとどうなるか。その2
後編: 取引先の債権回収に担当者自宅まで踏み込むとどうなるか。その4

(前回のあらすじ)


個人の保険代理店ではあるが高級マンションを


自宅兼事務所にしている。


旦那は大手企業に勤めてるし羽振りもよさそう。




真っ赤な「Cherokee」で弊社に印刷物の納品がてら


挨拶にも来てくれた。




しかし、「Cherokee」との再会は最悪なもので


あった。。。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




郵便物から得られた情報から、印刷会社など他の


取引先が分かったので、電話をしてみた。




しかし、どの会社も小さな取引ばかりで、


引越し先など調査する時間やお金もかけられないから、


泣き寝入りする会社がほとんどだった。



みんなの読んで良かった!