僕と彼女の遠距離物語~クローバー~⑧

1 / 4 ページ

前編: 僕の彼女の遠距離物語~クローバー~⑦
後編: 僕の彼女の遠距離恋愛~クローバー~⑨

12月16日、朝9時。


僕は携帯のアラームで目を覚ました。

当初の予定なら10時22分発の電車に乗るつもりだったがどうにも間に合いそうにないので1時間ずらした。




荷物をまとめ、駅へ向かう。


心なしか今までで一番ワクワクしていた。


彼女は果たしてどんな表情をするのだろうか…そんなことで頭の中は一杯だった。




11時22分岡山を出発した電車は瀬戸大橋を渡り香川県を通過し愛媛県の松山駅に到着した。

そのころになると、朝から何も固形物を食べていなかった僕は吐き気がしていたので、

酔い止めのドリンクとおにぎり3つを買って路面電車に乗った。




路面電車を降りて彼女の地元まで行くバスを待っていた。


空はどんよりと曇り、予報では雨が降るかもしれないといっていた。


バスの待つ場所付近では中学生が赤い羽根共同募金の呼びかけをしていた。


僕はそれを見ながら買っていたおにぎりを食べていた。




バスが予定時刻より10分遅れて到着し、出発した。


いつも彼女は松山デートの帰り道に見ている風景を僕も見ていた。


バスは走り出し甲子園で有名な高校の横を通過し、松山営業所へ着いた。


そこでバスの往復券を購入した。片道で買うより700円お得だった。




その後バスは高速道路を走った。

途中のバスの停留所で僕の斜め前に座っていたおじいさんが面白かった。

みんなの読んで良かった!