アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート4

1 / 3 ページ

前編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート3
後編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート5

これまで歩んできた四半世紀の人生を振り返ってみて、僕は、「強さ」の本当の意味を勘違いしてたと思います。

昔から、自分の弱い姿を見せることが苦手で、辛いことがあってもいつも強がっていました。


中学、高校生のときは友達にも自分の悩みをほとんど相談することなく、しんどくても「しんどくない!」と振舞い、周りから期待される「中村珍晴」を必死に演じてたように思います。

そして周囲から褒められることで安心してました。



自分の周りから人が離れていくことを恐れていました…

もしかしたら、心の何処かで他人を信用してなかったのかもしれません。



だからこそ今回の執筆では、辛かったこと、苦しかったことも含め「ありのまま」の弱い自分を綴るつもりです。(アナと○○の女王みたいですが、笑)





正直、この文章を書いてる今でも事故後の本当の自分の姿を書くことに抵抗があります。

そのため拙い表現もありますが、温かく見守っていただければと思います。



-------------------


事故をしたあの年は残暑がとても厳しかった。


9月に入っても35度を超えるような日々が続き、最寄りの駅から病院まで歩いてお見舞いに来てくれる人は、皆汗だくになっていた。


あの日も窓の外に目をやると真夏の青空が広がっていた。




手術から11日が経過した。


この頃から左腕が少し動かせるようになったが、自力でできることは喋ることと天井を見つめることくらいだった。

つまり、身の回りのことで自分ができることは、全くなかった。


食事は家族に食べさせてもらい、着替えや排泄の処理は看護師さんにしてもらっていた。

ちなみに首の神経(頸髄)を完全に損傷すると、尿意や便意の感覚もなくなる(今はリハビリのおかげである程度分かるようになったが)。

そのため普段はオムツを履き、尿や便が漏れたとしても、漏れたこと自体認識することができず、漏れたあとに若い看護師さんに処理をしてもらっていた。


人間の尊厳なんてあったものではない。

惨めな自分の姿を見るたびに、僕のプライドはズタズタに引き裂かれていた。

みんなの読んで良かった!