アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート5

1 / 3 ページ

前編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート4
後編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート6

振り返ってみると、僕が生きたこれまでの26年間は「人との出会い」に恵まれた人生でした。


青春時代、ともに汗を流した中学・高校の野球部の仲間は今でも深い繋がりがあり、また節目節目では恩師と呼べる方々に出会い「人の歩むべき道」を諭していただきました。



そして、何より家族は僕の誇りです。

両親、兄弟だけでなく、心から尊敬する両家の祖父母をはじめ親戚一同に支えてもらい、今日まで道を大きく踏み外すことなく、成長することができました。本当に感謝してもしきれません。



今、障害を抱え日々を過ごすようになり、人は一人では生きられないと強く実感してます。


中学生のとき、今は亡くなった恩師から、

恩師
人生で本当に辛いとき、最後に残るものは人との繋がり。だからこそ、日頃から相手への思いやり、感謝の気持ちを忘れず過ごしなさい。

と教えていただきましたが、この事故の経験を通して心から実感してます。




---------------




事故から2ヶ月半が経ち、僕はリハビリ病院へ転院していた。

また、自分の現状を理解し、人目をはばからず号泣したあの日から、気持ちを切り替えるまであまり時間はかからなかった。


もちろん、100%前向きになったわけではない。

一日中、心を落ち着けて過ごせることはなく、一人になったときにはネガティブなことを考え、落ち込むこともよくあった。それでも、日中は現状を忘れるようにリハビリに取り組み、がむしゃらに過ごした。




この頃、麻痺が少しずつ改善し、多少なりとも両腕を動かせるようになった。

体の状態が改善する自分の姿を目にしながら、気持ちの面でも少しずつ前に進むことができた。

しかし、前向きになれた理由に、兄の思いやりに溢れた一言が、大きく影響している。





僕には4歳年上の兄がいる。

一言で表現すると、とても穏やかな人だ。

兄が唯一の兄弟ということもあり、僕は物心がついたときから、いつも兄の後ろ姿を追いかけていた。


(なぜか角刈り。笑)


みんなの読んで良かった!