アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート6

1 / 4 ページ

前編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート5
後編: アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート7

僕は小さい頃から「自分のことは自分で決めなさい」と両親から育てられました。



小学生のときにソフトボールを始めたときも、進学先の高校を決めたときも、両親は特に口出しすることはありませんでした。高校3年生の2月、大学合格が決まり、一人暮らしをするための下宿先を決めるときも一人で新幹線に乗り、アパートの契約をするほどでした。笑


もちろん自分で決めたことに対して中途半端な取り組みをしていたら、叱られることはあったので放任主義ではありませんが、いい意味で自由にしてくれたと思います。


そんな環境で育ったため、今でも僕は自分のことを他人に決められたくない癖がついてます。(たまに頑固と言われますが。笑)



人生は、答えのないことばかりです。

学校の勉強とは違い、人生では、あらかじめ答えが用意されていません。

Google先生で検索しても、どんなに大型の書店へ行ってもあなたの問題の回答は用意されていません。

答えがないから、迷います。


「どういう生き方がしたいのか」と考えを問われたとき、返事に悩みます。

だからこそ自分で答えを決める力が人生においては大切なのかなと最近思うようになりました。

そういう意味ではウチの家庭は英才教育だったかもしれません。笑



-----------------------



半年間の入院生活を終え、僕は自宅へ戻ることになった。

そして自宅でリハビリ中心の生活を送ることになるが、この道を選択するまで様々な葛藤があった。



僕は試合中に首を骨折し、首の骨の中にある頚髄(けいずい)という神経を損傷した。

障害名は「頸髄損傷」

頚髄は一度、損傷すると二度と再生しないため体に麻痺が残ってしまう。

また現代の医学では治療が不可能だと言われている。



そして現代の病院で行われる頸髄損傷のリハビリは方針がハッキリしてる。

それは麻痺を改善させることは諦め、残っている機能を最大限に活用し、車いすで社会復帰すること。



この考え自体は間違っていないと思う。

車いすであっても自分でできることが増えることで自信に繋がり生きる力になる。

しかし、失った機能を取り戻すことを諦めた結果、立ち歩くことは不可能となり、さらに麻痺した箇所の筋肉は落ち骨格がゆがむこともある。


みんなの読んで良かった!