偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。

1 / 3 ページ



===================================

「子供が勉強しない。馬鹿で困るんです。」

家庭教師をしている時にそんな相談を受けた。そんなお悩みを持つお母様方に送る

「私がスーパー馬鹿だった時の話」

===================================

◆母「あんたは受験してOO中学に行きなさいね:D」◆


それは私が小学校4年生だった時。突然そんなことを母は笑顔で言い始めた。

「えっ....あたし受験するの? 」

「そうよ。あと受験料高いんだから落ちたら許さないからね。うちは貧乏なんだから。」

えっガチで?嘘でしょ?って聞いたら、

「母親に向かってなんてこと言うの。明日塾の入塾テストだから寄り道しないで帰って来なさいよ。」


・・・・・唖然。笑


昨日までビワの木が生い茂るご近所のお庭に侵入してビワ泥棒して遊んでた悪ガキなのに....

宿題ちゃんとやったのいつだったけ?(焦


娘の私もどん引きの強引な流れでお受験することになった。

*************************************

↓ビワってこれです。これを盗んで食べるのが当時、最高にスリリングで美味しい遊びでした。ビワの木が生い茂る土地を所有されてるおじさんに「こらーー!ここは蛇がいるんだぞ!!噛まれたら死んじゃうんだからな!!」と何回も追いかけられました。笑 まるでサザエさんの様なご近所でしたが、実は私、東京育ちです。


*************************************


◆1mmも伸びていない棒グラフ◆


というわけで某有名お受験塾の入塾テストを受けたのだが、担当スタッフの営業マスクの端々から苦笑いがだだ漏れしてしまう程、酷い結果。テスト結果を各教科項目別に分析し、現在位置を棒グラフで表した【テスト結果と分析(仮*)】って紙をくれるのだけれども(注:そんなダサい名前ではなかったはず。念のため。笑)、何しろ得意分野ほど長く伸びるはずの棒グラフは1mmも伸びていないから、ほぼ白紙。

これを見てさすがの母も笑うしかない。

当の私は「OO大学合格 OOさん」と壁中に張られている紙やイチゴミルクが売っている自動販売機を眺めながら、ぼんやりと母と担当スタッフの方が話しているのを聞いていた。


その日、帰宅後の夕飯は私だけおかずが無かった



◆一番下のクラス、そして一番後ろの席。


入塾を拒否されるかとも思ったのだが、そこはビジネス。

ちゃんと入塾はできた。


が。


その塾では、なんと成績順でクラスと席順が決まる

私はもちろん一番下のクラスの一番後ろの一番端っこの席だった。

つまり、ビリ。


そして、そこはしばらく私の定席となる。


社会は特に致命的で、埼玉県がどこかも、神奈川県の形も知らなかった。

算数は足し算、かけ算もできたし、割り算もできた。でも受験では鶴亀算とか小学校の授業では出てこないような問題ばかり。もちろん解けない。

国語では「OOさんの心情をOO文字以内で答えなさい。」というから想像して答えたら、思いっきりバツ。

理科は小学校で砂糖を溶かしてカラメルを作った記憶しかなかった。


状況は絶望的。なのに私は「勉強したくない」と勉強から逃げる為の理由探しに必死だった。

入塾して数ヶ月経っても、私は一番後ろの席。しかも端っこ。

社会で50点満点中2点を取ったのを覚えてる。


友達もいなかった。


毎日早く家に帰りたくて仕方が無かった。


◆絶望的状況下、森先生に出会う◆


もうそれがいつだったかも忘れてしまった。

5年生の時だった。

いつもの国語の先生がお休みだったのか、夏期講習で特別だったのか...

いつもは上のクラスで教鞭をとっている「森先生」が一番下のクラスの授業に来た。

いつも通りあまりやる気のない私。

問題に目を通すと、全然難しい。

いつもより全然難しいではないか!!

森先生!!ここは最下位クラスですよ!!!!

と思ったが、なんだかヒゲがもじゃもじゃで怖そうなので頑張って解いてみる。


ダメだ。


できない。

大丈夫。私の席なら当てられない。

と白紙のままでぼーとしていた。


ら。


にゅうーーーーんと先生の首が伸びて、私の真っ白な答案用紙をじっと見ている!!!; ̄ロ ̄)!!

いつの間に背後に忍び寄ったのだ!!!!!!!


顔面蒼白で一生懸命解いてる振りをする。

そんな私に

「おまえ、次当てるからな。」


え”え”え”ええええええええええええええ


頭真っ白の中、頑張って答えを・・・とりあえず「答えと思えるもの」を書き出した。


「さてっ」

「難しかっただろう。これは一番上のクラスの奴でも殆どできなかった。」

「なんでお前たちにこれを解かせたかって?お前らも上のクラスと同じだけの頭を持っている。まだ結果が出ていないだけだ。同じレベルで練習しなければ一生このクラスのままだ。そんなの嫌だろう。下のクラスだからって、下のクラス用の問題を解く必要はない。本番はみんな同じ問題を解くのだ!!」

なるほど。

一字一句同じではないが、この様なことを森先生は仰った。

なんだかこんな自分でも認められている気がして嬉しかったのを覚えている。


「さて。最初の問題。山ちゃんに答えてもらおう。」


一斉に皆が振り返る。

【誰だ山ちゃんって。】

皆そう思ったに違いない。

40人程いたクラス。私は一番後ろの一番端っこでひっそり暮らしていた。誰も私を知らない。


しかも山ちゃん????

私、森先生と話した事ないぞ。なんでそんなに親しげなのだ。


...と思いながらも顔を真っ赤にして、震える声で答える。


「正解!」


おおっとクラス中がどよめいた。


顔を真っ赤にしながらも嬉しかった。えへへと机に向かって笑う。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のYamada Risakoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。