☆滅ぼし物語☆2期1章

1 / 3 ページ

☆滅ぼし物語☆2期

第1章

魔王を倒してから4年の年月が流れ、少年だった頃のソルはすっかりたくましく成長していた。季節は何度も巡り、ユーリとミナのことを忘れかけてきていた。そうして5年目の春が過ぎ去り夏が訪れた。今日も暑いが快晴だった。友達を家に招き入れてお話しをしていると押し入れにしまってあった剣が輝き始める。

この物語は不思議な世界に再び入りこんだソルが過去を旅するストーリーである。

1話(変わらぬ朝)

ソルは魔界に連れ去られた時は12歳だった。しかし魔王を倒してから4年の年月が過ぎて16歳となり、少年だった頃の面影がなくなってたくましく成長している。

⏳7:15

(コツコツ)

ドアを叩く音とともにソルの母、アミィが部屋に入ってくる。

アミィ「起きて、学校遅刻するよ」

ソル「ふぁぁぁ」

あくびをしながらベットから起きると制服に着替え始める。

アミィ「パン焼いといたから食べてから学校に行ってね」

ソル「わかった」

アミィはそう言い残すと部屋を出ていった。数分後、ソルは制服に着替え終えるとベットの近くの窓をガラリと開けた。

ソル「今日も暑いな」

天気を確認したところで素早く部屋を出て歯磨きや顔洗いをする。

⏳7:32

アミィ「早く。時間がなくなるよ。あとお弁当は玄関に置いといたからね」

ソル「わかった」

テーブルの上に焼いたパンがのった皿があった。ソルは急いでパンを完食してからお弁当をカバンの中に入れて家を出た。

1話 完

2話(学校への道)

家を出たソルは歩いて駅に向かう。そう、電車に乗るのだ。

⏳7:40

(タッタッタッタッ)

ソル「暑い、駅はあともう少しだ。」

5分程歩き続けてソルは駅に到着した。駅名は川沢駅、その由来は駅の近くに大きな川があるからと単純なものだった。

ソル「ふぅ、間に合った」

改札を素早く通って丁度止まっていた電車に急いで乗り込んだ。

⏳7:50

アナウンス「7:52分より発車します。」

ソル「ふぅ」

ほっと一息ついたソルは吊り革に捕まって発車を待った。2分が過ぎると電車は動き始めた。

2話 完

3話(学校到着)

電車は加速しつつ次の駅に向かう。ソルが降りる駅は川沢駅から1つ先のところの天野沢高校前駅だ。

(ガタン、ゴトン....)

電車は揺れつつ無事に天野沢高校前駅に着いた。

⏳8:10

ソル「まだ時間に余裕があるな、学校は8:30分からだし」

駅の近くにある大きい時計台を見て時刻を確認すると駅を出た。天野沢高校は歩いて10分程のところにあった。

(タッタッタッ)

ゆっくりと歩きながら学校を目指す。汗がでる程いつも暑いが今日は風が涼しい。

⏳8:18

ソル「あと少しだ」

駅から歩き始めて8分が経過して天野沢高校が見えてきた。その時、ソルの後ろの方から声が聞こえてくる。

???「おーい待ってくれよー」

ソル「ハルトか・・・、おはよう」

ハルトは学校で一番の友達だ。ソルはいつも楽しい学校生活がおくれているのはハルトのおかげだと思っている。

ハルト「ハルトかってなんだよ」

ソル「すまん、すまんw」

ソルとハルトは楽しく会話をしながら天野沢高校に到着した。

3話 完

4話(チャイム)

⏳8:25

ソルは高校に進学した頃は戸惑いながらもしっかりと出来ていた。ハルトはクラスメイトでもあり、友達でもあった。

ソル「教室に着くぞ」

ハルト「そうだな」

そういって教室に入っていくと他にクラスメイトが18人いた。ソルとハルトは素早く席に着いて荷物の整理をした。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。