やりがいなし、夢なし、やりたいことなし、毎日死んだ目をしていた私が、元・対人恐怖症、元嫌われ人である【最高の先生】に出会い、ドラクエの勇者のようになった最高の逆転的ストーリー

7 / 9 ページ

初日




2日目



3日目



どんどん、

資金が増えていきます。


借りている社員の時給を

支払っても、

余裕でプラスでした。


しかも、プラスの金額は

会社員の1日の給料よりも

多いです。


正直驚きました。


そして、

会社が馬鹿らしくなりました。


この結果を見た瞬間、

「生活費の確保ができそうだ」

と確信しました。


しかも、

私自身は何もしていません。

本当に何もしていません。


今まで、

信じていた世界が大きく

音を立てて崩れました


それほどの

衝撃が走りました。


「夢に向かって進める」

「先生のような人間になれるよう

 全力で進んでいける」


希望ができました。


「生活費」の不安

という呪縛から開放され、


「会社」からの

脱出もできました。


今では、

先生と一緒になり、

仕事をしています。


毎日楽しく楽しく

仕事をしています。


先生のように、

人前で堂々と話したい

という目標を叶えるために、


自身の経験を元に、

「脱サラ」する方法、

をセミナーでお伝えしたりで、


目標とする先生のように

なりたい自分にまっすぐ進んで

いけました。


会社に縛られることなく、

自由にお金に困らず、


自分のしたい仕事を

存分にしています。


私は、

先生と出会い、

人生が変わりました。


・やりがいのない会社を辞めて

・自分のやりたいことを見つけ

・お金に困らない暮らしをし

・経済的、時間的にも自由になりました



すべてが、

いい方向に向かいました。


先生には、

感謝しても仕切れないほどです。



私は、

満足していました。


今の生活で十分に満足して

いました。


先生と一緒に仕事ができ、

楽しい日々でした。


そんな私を見かねてか、

ある日、先生が

こう私に言いました。


「沢村くん、

まだキミは叶えていない

目標があるよね」


そう言われます。


「沢村くんを慕ってくれる

 仲間がほしいのではなかったの?」


著者の沢村 彰さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。