やりがいなし、夢なし、やりたいことなし、毎日死んだ目をしていた私が、元・対人恐怖症、元嫌われ人である【最高の先生】に出会い、ドラクエの勇者のようになった最高の逆転的ストーリー

1 / 9 ページ

んにちは。

沢村彰と申します。


私は、

元上場勤務の社員でした。


生活的には、

安定していましたが、



安定していない部分が

ありました。


それは…

【心】です


・6時半から23時までの拘束

・やりがいのない仕事内容

・つらい

・苦しい

・上司からのプレッシャー

・上司からの仕事の押し付け



会社の中では、

よく

「トイレで頭を抱えていました」


疲れきっているのに、

寝れなくもなりました。


・やりがいもない

・ただただ生活費のために働く

・かといって特別やりたいことも無い



まさに、

「死ぬために生きている状態」の

私でしたが、



【ある先生】と

偶然的に出会い、


・会社を脱出し、

・自分の夢、目標をみつけ

・やりがいのある仕事を見つける


色々なことが、

好転していきました。


私は、

救われました。



今回の、物語では、


この【逆転的なストーリー】を

話していきたいと

思います。


是非、読んでいただき、


「こんなこともあるんだ!」


とあなたの励ましに

なればと思います。



それでは、

初めていきます。


よろしくお願いします。





私は、

ただただ時間が

欲しかったです。



毎日毎日

労働の日々でした。


毎日毎日通勤退勤時間を含めて、

6時半から23時まで会社に時間を

貢ぎ続けました。


「休憩時間も貢ぎました。」

強要される仕事量が多すぎて、


昼休憩も15分間しか

とれませんでした。


昼ごはんは、

流し込みました。


喉が渇いたら、

業務をしながら補給します。


ホッと休まる、

コーヒーなんて飲めません。

味わうことなんて出来ません。


常に動くためのエネルギーとなる

ただただ甘いものを作業しながら

ロボットのように只々

“補給”しました。



「休日も貢ぎました。」

土曜日も仕事に出ました。


採用試験の時、

完全週休2日と

募集要項には

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。