やりがいなし、夢なし、やりたいことなし、毎日死んだ目をしていた私が、元・対人恐怖症、元嫌われ人である【最高の先生】に出会い、ドラクエの勇者のようになった最高の逆転的ストーリー

2 / 9 ページ

書いてありました。


日曜日は、

平日の疲れを取り、

次の平日に向けての

準備をしました。


休息を取り、

気がつけば日曜の夕方です。


夕飯を食べ、

お風呂に入り、

少しテレビを見ると、


「そろそろ寝ないと

明日から持たない...」


その考えが巡ります。



「仕事、会社、業務」

生活の全てが会社に

支配されていました。



これが自分の好きな仕事なら

良いです。


やりがいもあると思います。

しかし…

私にとって、この会社は

ただただ「大企業」だから

就職した…


その程度の入社理由です…


やりがいもなく

時間もなく

自由もない

あるのは、


「残業代(カット有り)」と

「大企業勤めという肩書き」だけ


会社に対して

特に思い入れもありません。


「ヤメたい」

「できることならヤメたい…」


何度思ったことかわかりません…


・会社の門をくぐる時

・会社の階段を上がる時

・会社の席に座る時


常に思います。


特に、

17時15分の

終業がチャイムが

鳴っている中、


「今日中に終わらせてほしい」

「朝一で性能試験がある」と

5時間はかかるであろう、


業務の依頼が上司から来たときは


今すぐに、この仕事を放棄して

クビにでもなって、

解放されたい…


なんて思っていました。


しかし、

ヤメることは出来ません。


もしも、

会社を辞めてしまったら、


「生活していけない」


生活費の工面ができません。



「もしも、辞めたら

生活費がなくなるよ!」


という会社からの

無言の圧力がありました。


【生活費】という、

人質を会社に捕られている以上

辞めることなんて

できませんでした。



・「会社にすべてを時間を

 すべて貢ぐなんて嫌だ…」


・「自分の人生じゃないのか?」


・「お金が貯まっても使う暇がない…」


そう思うときがあります。

何度でもあります。


・「自分の人生を生きたい。」


・「何かやりがいの

  ある仕事がしたい。」



やりがいがなく、

ただ嫌々の仕事…


転職も考えました。

著者の沢村 彰さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。