やりがいなし、夢なし、やりたいことなし、毎日死んだ目をしていた私が、元・対人恐怖症、元嫌われ人である【最高の先生】に出会い、ドラクエの勇者のようになった最高の逆転的ストーリー

5 / 9 ページ

藁をも掴む思いでした。


そのメッセージを

くれた人に、


興味があると

いうことを伝えます。


そうすると、

「会いましょう!」

と返信があります。


少し怖いけど、

会ってみよう…


日曜日の

昼に会う約束をします。


とりあえず

いざとなったら走って逃げよう!

そんな気持ちで会ってみます。


当日になり、

逃げよう…

そんな気持ちは、

吹き飛びました。


・その人が今やっていること

・コピーライティングというスキル

・ビジネスの原理原則

・最も効果のある勉強法

・経営者視点からみた、喫茶店経営



私が、

その人に出会い、

わずか、1時間足らずで

学んだことです。


本当に

色々なことを学びました。


それと同時に、


昔、

「自分は対人恐怖症だった」

「嫌われ者だった」

「人前で話せなかった」


という話もしていました。

堂々と話している姿からは、

想像出来ませんでした。


「この人のようになりたい」

「この人についていきたい」

「ついて行けばを

 成功に導いてくれる」


そう思わせるには十分でした。

一通り話しが終わった後、


私は、その人に

この先生に

ついていこうと決めました。



先生からは、

ブログビジネスを学びます。

コピーライティングを学びます。

ビジネスマインドを学びます。

集客法を学びます。


色々なことを学びました。

先生が主催する、

セミナーにも参加しました。


先生が会場の人たちを

沸かせているのをみて、

凄くあこがれました。


自信たっぷりで、

堂々として、

かっこ良く感じました。


先生の周りには、

先生のことを慕う

仲間もいました。


【私も先生のようになりたい】


私の憧れでした。

夢になりました。

目標になりました。


まっすぐに、

目標に近づきたいと

思いました。


しかし…

会社の【業務】という鎖が、

それを阻みます。


ネット起業の作業を

阻みます。



ふらふらの状態で

23時に帰宅し、

そこから作業するのは、


体力的にも

精神的にも無理でした。



「きつい…」

「無理だ…」


大きな大きな壁でした。


そして、私は、

著者の沢村 彰さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。