「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話③帰省後診断(平成16年1月から9月)

1 / 2 ページ

前編: 「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話②子供時代から31歳まで(小学生から平成16年1月)        
後編: 「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話④A事業所(平成16年9月から平成18年2月)

    


東京都八王子 1月

高校卒業後職を転々としていまし。、最後の職場では寮の部屋が片付けられず、パニックになり逃走。もう職場には戻れずそのまま廃人のようにカプセルホテルでただ漫然と過ごしていました。貯金はとうに底をつき消費者金融でお金を借りての生活でしたが、それも限界でした。もうホームレスか自殺をするかの岐路に立っていました。その状態で親に電話をしました。幾ばくかのお金を無心するつもりでしたが、返答は意外なものでした。


「帰ってくるのなら、その旅費ならだす。たぶんあなたはADDだ」というものでした。母は、「片付けられない女たち」Wikipediaより「女性のAD/HD(注意欠陥障害)について書いた著書。以前は子供のみに見られる障害で、かつ男性が大半を占めると考えられていたAD/HDについて、実際には大人になっても障害が残留して様々な問題を抱えていること、女性特有の問題があることなどを指摘している。日本における発達障害関連の本では草分け的著書。注意欠陥障害(ADD)とは、軽度発達障害の一種、注意欠陥・多動性障害(ADHD)のうち、多動のないものの通称である。」を読み、私に当てはまることが多いので確信したそうです。


これまで人生がうまくいかなかったのは、発達障害の影響ではないか。であれば、何か対応策があるかもしれない。私は自分の人生をやり直すことを決意しました。31歳でした。




帰省後


     


平成16年1月地元の市立病院に行きました。母がこの先生ならよく話しをきいてくれるからということで、S医師に受診。非常に丁寧に話を聴いて下さいました。診断結果は発達障害と思われる。というものでした。発達障害の専門医ではなく精神科の医師でした。脳の機能の問題であれば、なにか機能訓練があるべきだと思い、確認をしましたが、私の疑問は解消されませんでした。


森田療法の本をすすめられ、読みましたが。正直「何か違う」と思いました。

「あるがまま」という概念も理解しました。それをもって精神の偏りに対峙するという仕組みも理解しましたが(多分)、生活していくうえで私の弱点には何も答えてくれませんでした。

「あるがまま」にうけ入れたら私は部屋に引きこもり、なにもできず寝たきりになるしかない。もしくは「あるがまま」に発達障害の諸症状に立ち向かうにもしても、あまり丸腰すぎる。どう考えても無理だ、とその当時は思いましたね。


リタリン(ADHD の治療に使われる。中枢刺激薬が多動や集中力の改善に有効であることが知られている)を処方され服用しましたが、効果はありませんでした。それでも何か進展があると思い、1年ほどで通院しましたが、早い段階に自分自身で何とかするしかないと気持ちを切り替えました。




対「発達障害」の専門家と自覚する

          


自分が生きていくうえで困っていたことが、発達障害の概念に含まれるということ。それが判るだけで、いろんな対応が出来る。そのことだけでも心に火が燈りました。

それと発達障害という概念自体、まだ精神科の医師でも浸透もしていない。対処法はリタリンくらいということ。こういった現状が把握できた。これは自分で何とかするしかないということです。覚悟ができました。

対「発達障害」の専門家と思いました。こういうカテゴリの中では医療関係者や福祉領域の支援者、家族会も含まれるのでしょうが、私はあくまで当事者としての対「発達障害」の専門家なのです。最前線で試行錯誤しながら戦うが自分の役割と定めたのです。


これまでの人生、正直自慢できるものではないですね。特に高校を卒業してからまともな生き方をしていない。すこしずつ人間性が削り取られているように感じていました。それでも自ら命を絶たかったのは、「自分にはなにか役割があるのではないか」この思いがあったからね。

「とうとうきた。召集令状がきた。自分の役割はこれだった。自分の人生は発達障害に影響されてきたことが理解できた。まず私が発達障害を克服してその方法を広めよう」


そして役割のある自分の人生に深い感謝をしました。私は「求道者」の生き方に憧れていたのでね、なにかに一生を捧げるような生き方をしたかった。対「発達障害」の専門家と自分のことを捉えるなら、これまでの経験が無駄にはならないし、意味のあるものになる。

このストーリーを書くにあたって、過去の記録、記憶を掘り返す作業をしていましたが、こういう考えでしたね。リアルガチですよ。なかなか理解してもらえないと思うけども、そう思ったのだから仕方がないよね(笑)。


平成16年2月頃より、何か自分の現状を変える方法を見つけようと、さまざまな本を読みました。その当時はあまり発達障害の本がなかったです。少なくとも私に合うものは見つけられなかったです。私には今の状況を改善したいという、心の底からの欲求がありましたが、どうしていいか判らない。アドバイスくれる人もいない。そんな中で自己啓発の本に出会えました。当然ながら発達障害を克服する具体的な指針が示しているわけではなく、どういうものかというと自分の願望をどうやって達成させるかという本でした。


みんなの読んで良かった!