「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話⑥C事業所とその退職後(平成21年4月から11月)

1 / 5 ページ

前編: 「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話⑤B事業所(平成18年から平成21年3月)
後編: 「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話⑦D事業所(平成21年11月から平成25年9月)


     


C事業所(特別養護老人ホーム)

平成21年4月転職しました。介護福祉士資格を取得して(実務経験3年以上で受験資格が得られるのです)、ようやく念願がかなって、C事業所(特別養護老人ホーム)に正職員として就職します(平成16年から介護の仕事をしていますが、臨時職員でした)。が、実は「思考が飛ぶ」、この状態がずっと続いていました。無理に無理を重ねていました。体も精神もボロボロの状態でしたね。直前までバイトしていたことも大きかったですね。


新人研修的ことがあったのですが、疲れがたまり寝過ごしました。ペナルティとしてレポートを書かされることになったのですが、提出できず退職に追い込まれました。4月下旬です。一月持たなかったですね。今振り返ると流れ星だね(笑)。


その当時は必死でしたね。私にとってはアルバイトも介護の仕事も対発達障害の研究費用を稼ぐことでした。それとお金を稼げば、対「思考が飛ぶ」これは民間の例えばヘルパーさんを頼むことも出来る。私の中ではこのことも研究の対象と思っていました。そうですね、私も一人の発達障害当事者として研究対象でした。むしろ私を幸せにすることで、データを取ろうという発想ですね。そして他の当事者に役立てようと思ったのでした。何せ私しか発達障害当事者をしらないから。




辞めた後


    


原因は対「思考が飛ぶ」が出来なかったことだと思いましたね。イヤホンを指しこまなかった母のせいだと思いました。差し込んでくれたのなら多分こんな状況にはなってはいなかった。そう思ったね。


人間関係でのトラブルが起きたら、すべて私が悪いと思っていました。今まで生きてきて起きたすべてことについてですよ。たぶん誰かが転ぶとするじゃないですか。私が悪いのではないと自分を責めるのです。あの人の視界に入ったからではないか、と思うのです(笑)。いや本当だよ。なぜこんな人間になったのかね。


両親もそうだと思うね。「私たちはちゃんと育てたのに」とヒステリーを起こして喚きちらすというはよくあることだったね。小さい頃からそうでしたね。弁護するわけではないけども、実際に私が悪いことは多かったよ。それは間違いない。ただこういうことが多いとさ、自分のことを価値がないと思ってしまうね。


「土下座までしたのに」とか「何度も繰り返し頼んだのに」とかね。惨めな気持ちや、物心ついてから「親なのに何故理解してくれていない」と思っていましたので。ただ私は小さい頃から何あっても「自分がすべて悪いのだ」と思って成長して来ました。人とは違うからといけないのだ。と他人を責めることはほとんどない人間でした。そして数十年間溜め込んでいたものが吹き出ました。C事業所(特別養護老人ホーム)をクビになったことで、箍がはずれました。親を責めたことはない人間でした。


荒れて母を責めました。「クビになったのはお前のせいだ」と繰り返しいいましたよ。起きている間ずっと言っていました。もちろんすごく荒い口調です。もっと酷いことも多分言っていますね。よくは覚えてはいないですが。ただ暴力は振るっていないです。それは出来なかった。20日程で、母のほうは精神崩壊寸前。言動もおかしくなってきました。


どうするか?このまま自分の行動を止めなければ、家庭は壊れる。このことは理解できました。ただ、このときはまだ自分の中の憎しみがどうしても納まらない状態でした。私はこれまで自分は軽んじられ精神的に虐待されてきた、それを我慢してきた、その思いが爆発したのですが、何よりも悲しかったのが「自分の目標が果たすことができなくなった」と思ったからです。この消失感ですね。これに比べれば、両親からの仕打ちはそれ程大したものじゃない。




立て直す

        


このときの自分を動かしたのは目標でしたね。壁に貼っている「発達障害者を幸せにする」。これをみて、自問自答ですよ。

「どうする、諦める気か」。

「わたしが投げ出しことで困る人がいるのではじゃないか」。

「後々必ず後悔するのは目に見えているのではないか」。

「自分の使命を投げ出す気か」。

答えはもう判っている訳ですよ。投げ出せるわけないじゃないですか。自分の誓いを破るわけにはいかない。

そして誰かの理解を得ようと思うことは諦めました。人間をいうのを信じることを辞めようと思いましたね。人は必ず悪さをする。ただ私だってそうのです。そんなたいした人間じゃない。良い悪いを考えてもしかたがない。そしてどう自分の役に立つかそれだけ考えよう。自分の目標を達成するために。それを基準にしよう。

「出し切る」ときめたのでね。当時の心境もかいています。今であればこんこんと説教をしたけどね(笑)。こういう考えが無くては自分を保てなかったということです。恥ずかしいですな(笑)。


みんなの読んで良かった!