「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話⑩書き終わって

1 / 3 ページ

前編: 「置口空助の発達障害克服論」10年で概ね克服した話⑨発達障害の克服 (平成26年2月以降)
後編: 「フラッシュバックへの対応」


          


目標を持つことから始まった

10年前に目標を設定したところから私の本当の人生が始まりました。発達障害者を幸せにする」これが大きな基本の目標ですが実を言うとこれは理念に近いです。

この理念を達成するために10年ごとの大目標があるのです。


最初の10年で行おうとしたことが発達障害の支援組織を作るという事を設定しました。これを1つのプロジェクトと考え、これを達成するためにいろんなタスクを考えるわけです。そして実行しようとする。でも実行することが出来ないですね。今まで私がこのストーリーで書いたような数々の弱点があり、タスクの実行ということが困難でした。


そこで方向転換をするのです「発達障害者の支援組織を作る」ことから「発達障害の克服」へ。ここからが大変でした。なぜなら誰も発達障害の克服を教えてくれない。特に10年前であれば医療の方でも発達障害に対してよく判ってなかったと思います。私が何人か関わった医療関係者は「障害だから無理をしなくていい」という考えているようでした。それに従うと私はひきこもりになるしかない。発達障害を治療するという発想ではなかったと思います。


「発達障害の克服」このことに対するアプローチ、私の方法はこういうものです。まず仕事があります。介護職でした。「仕事を遂行する」、そのために必要な技能や知識を習得するというスタイルです。障害の特性がありますので。定型発達者のように普通に仕事をするということが出来ないのです。自分の弱点を考えてそれを補う手段を構築する。これが前提条件でした。


この10年試行錯誤をしていましたが、「仕事を遂行する」ことに対しての仕組みはほぼ完成しました。結果として「発達障害の克服」を達成してしまったという事ですね。本当の意味で脳機能的に治った訳ではないですが、私はこれで十分です。





実行機能障害支援


      


私は自分のことを対発達障害の専門家と思っています。当然ながら医療領域の専門家ではないし、福祉領域の専門家とも違う。なにかというと、実行機能障害支援領域の対発達障害の専門家と思っています。あくまで「置口空助」限定ですが。こういう発想になるのは私が介護職ということと介護支援専門員資格を持っているということが大きいです。


認知症の利用者様と言うのは見方を変えるならば、実行機能障害者と言えるのです。その中で生活支援ということを行っていますが、医療的な治療は専門外です。介護職の専門性というのは、その人の望む生き方を、残存機能を生かしながら、足りない部分を支援するということです。常に業務上、実行機能障障害支援を行っていると言っていいと思います。

この素養が当事者として発達障害に立ち向かうときに役に立ったと思います。


実行機能障害を考えたときに

計画

実行

評価

改善

これらの何が問題か考えなくてならない。私の場合は圧倒的に「実行」、この部分に問題がある。要するに定型発達者が行うような方法では仕事上の「実行」を遂行するのは無理なのです。となると私に合わせた、仕組みをつくるしかないのです。それに力を注いだ10年でした。


この10年で医療関係者ともお会いしました。その中で思うことは、「医療だけでは完結しない」という気持ちです。通常の医療の考え方には、発達障害者の社会参加と言う発想はあまりないと感じます。

脳機能からくる生きづらさ、精神疾患への対応は医療の領域です。それとは別の切り口でが必要なのです。一次・二次障害が治ってから社会参加をするのではなく、例え完治しなくとも就労に向けた実行機能障害支援が必要なのです。でなければ引きこもりになってしまう。


このストーリーで私のしてきたことを余すことなく出し切ったつもりです。私にとって間違いなく効果があった方法です。これは完治していなくとも、仕事をして得た経験を元に組み立てたものです。正直必要以上に傷つくこともありましたが、それでも前に進んだからこそ、今こうしてこんな文章も書けるのです。

私の考え方としてあくまで社会参加です。仕事をする上で足りない部分をどうするかという発想なのです。ここで重要になるのが実行機能障害支援という立場で見るということです。

実行機能障害支援で最大の支援者は当事者本人なのです。


苦手なことがあっても、生きなくてはいけない。医療・福祉・行政、家族の援助が必要なのですが、ただ主体的に意志決定すべきは当事者なのです。

みんなの読んで良かった!